「出前きつけ」できもの美人に変身(*^-^*)

出張着付やきもの教室の内容をメインに

趣味のアレンジフラワーや愛犬ゴンちゃんとのプライベートな日記など

腫瘍の影響で温厚になっていましたが、手術して短気な主人が復活しそうです(^^;)

2018年08月14日 | 主人の病気

午前中はスタッフの山本さんがお稽古に来られました。

午後、久しぶりにあさやんが、9月から姪御さんの成人式の振袖の練習をしたいと相談に来られました。

一緒にランチを食べに行きました(#^.^#)


2時半過ぎに病院に行き3時からのリハビリを見学しました。

3階の回復期の病棟に移ってから一日3時間のリハビリが行われています。

言語、理学療法士、作業療法士さんのリハビリです。

歩くことは、だいぶ上手に出来てきましたが

階段他、ちょっと違う事をするのは,なかなか難しい様です。

階段も登る時は、足が半分しか階段にかからず、下りる時はかかとが引っ掛かります(^^;)

最低でも階段の上り下りが出来ないと家の出入りが出来ません。

頑張ろうね(#^.^#)

    

リハビリを終えた頃、福永先生がお見舞いに来て下さいました。

顔を見た途端、嬉しそうな顔をしていました。

夕食の見学を一緒にして下さいました。

福永先生が居られると

私だけではとちょっと見せない様な顔で、少し昔に戻った感じです。


腫瘍の影響で短気な主人が、手術前には随分温厚な感じになっていました。

でも、最近、ちょっとやんちゃな、短気な主人に戻ってきたような気がしています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 一人で動いてはいけないのに(... | トップ | 出張着付は松原市、留袖の着... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

主人の病気」カテゴリの最新記事