「出前きつけ」できもの美人に変身(*^-^*)

出張着付やきもの教室の内容をメインに

趣味のアレンジフラワーや愛犬ゴンちゃんとのプライベートな日記など

手術から1週間、波がありますが後半ホンの少し会話になったかな?

2018年07月11日 | 主人の病気

手術から1週間

今日も朝から少し熱があった様子で水枕をしていました。

 

2時頃までは、昨日と同じ様にお見舞いに来られ方がわかっているのか?

わかっていても名前が出てこないのか?わかりませんでした。

 

私が来る前にいらしてくださったkさんは手術前に祈願のお札を持ってきてくれて、今日も顔を見に来てくれたようです。

Kさんは、最近主人が仲良くしていた証券会社の若い男の子…私は私の留守中に来るので邪険にしていましたがm(__)m

主人に手術前にマンゴを食べさせてと送ってくださったSさん、

来てくださったのに名前が言えませんでした(-_-;)

今日もダメなのかと思っていたら!(^^)!

女子稽古会の3人姉妹???

Kさんの手を握ってのハードな呼びかけに

名前をちゃんと答えていました。

少し時間はかかりましたが、他のお二人の名前もヒントを頂いて、ちゃんと答えていました。

帰られてからも、少し会話が成立して、今日は少し安心しました(#^.^#)

左手と左足がなかなか動きませんが、みなさに手を握ってもらって、握り返していたようです😊

お見舞いに来られた皆さんは、傷口のあまりの大きさにビックリされていました。

もっと小さいと思っていたそうです。

よく頑張ったと思います。

 

食事が終わるとすぐに寝ますが

お昼も夜も完食でした(*^^)v

まだ右手だけでスプーンしか使いませんが、食欲は旺盛、体重もしっかり増えました。

これからドンドン元気になって欲しいです。

 

明日から着付教室が始まるので、

お昼に間に合いませんと看護婦さんにお願いしました。

 

ゴンちゃんの散歩も午前中藤沢台公園までいけないので、

ちょっと可哀想ですが、我慢してくれるかな(#^.^#)

家に帰るとべったりそばに寄り添っているゴンです。

 

母はデイサービスから帰って、おやつを食べて私の帰りを待っています。

昔の母なら、ご飯を作って待っていたはず…と思いますが

今はかえって火を使われるほうが怖いので、ちょうど良かったです。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 抜糸ではなく、傷口のホッチ... | トップ | 金曜日は久々の練習で新しい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

主人の病気」カテゴリの最新記事