「出前きつけ」できもの美人に変身(*^-^*)

出張着付やきもの教室の内容をメインに

趣味のアレンジフラワーや愛犬ゴンちゃんとのプライベートな日記など

お知らせ

出張(出前)着付・教室など 「出前きつけ」についてのご予約・ご相談は、 右のお問い合わせからホームページににお越しくださいませ。 お待ちしております。 30年3月16日・19日の予約は締め切らせて頂きます。 申し訳ございません。 31年1月8日の成人式のご予約は、 早朝5時叉は8時45分以降です。 重なる率が高い、ご卒園、ご卒業・ご入園・ご入学のご予約はお早めにお願い致します。

五十肩、歯痛で夜中れない主人と私(^-^;

2017年10月13日 | 主人の病気

今朝は、夜中の主人の歯痛で起こされて、超寝不足でした。

主人の五十肩は、また少し寒くなったせいか、ここ最近夜中になると痛みがまし

本当に寝不足が続いています。

ゴンは、主人が痛さのおあまり、夜中起きる格好が異様に見えるのか、吠え続けています。

その声で眠れない(-_-;)

 

主人は、今朝11時半から鍼灸を受けに行くはずでしたが、歯痛を優先して歯科へ

明日も歯科にいくことになり、もしかしたら大きな病院に行くことになると言われ、少し落ち込んでいましたわ。

でも、歯科でもらった、痛み止めと化のう止めが効いたのか

昼ごはんを食べたら眠り続け、夜の八時半まで(^-^;

夜と朝を勘違いして、おはようと起きて来てき、翌朝と間違え、歯医者に行こうとしていましたわ(@_@)

 

私も、明日は出張着付で5時起なので、早く寝ないといけないのですが(^-^;

慣れないシフト表つくり、時間がかかりました。

頑張らなくてはいけませんね。(*^^)v

 

この日の夜中、歯痛で苦しんだ主人です。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白寿のエルイオンカルシウムのお陰か(*^-^*)骨密度125パーセントって凄いわ

2017年09月20日 | 主人の病気

昨夜は、人間ドックで早めにご飯を食べようと、

向陽台のヘルストロンに行ってから、すぐ横の中華居酒屋 蒼河 (チュウカイザカヤ ソウカ)で夕食をお腹いっぱい食べてしまいました。

  +マー坊麺と味噌ラーメンでした。

家に戻って確認すると、夕食は控えめに、アルコールはダメと(^-^;

 

 

 

今朝は7時40分に、友人夫婦と主人の4人で恒例の人間ドックにPL病院(7回目)に行きました。

昨年は11月でしたので10ヶ月ぶりの人間ドックでした。

体重はジムのお陰で昨年より1.4キロ減(*^-^*)標準体重より3キロ減りました。

7年前は94㎝あった腹囲も最近はずっと基準内に

でも、脂肪肝(軽度)は今回もまだそのままでした。

血液検査もコレステロール以外は基準内、尿検査も、検便も異常なし

総コレステロールも悪玉コレステロールも基準より多いです。

主人は基準内です。なぜ???主人と同じ食事のはずが・・・

と思ったら

主人は、剣道をもっとしているし、甘いものはあまり食べません。

運動を増やすか?美味しいケーキや甘いものをやめるか?ビールを減らすか?(^-^;

脂肪肝(軽度)もあだありました。

来年の人間ドックこそは、食生活と運動に気を付けて健康体を目指します。

 

主人は後期高齢者の受診だったので、骨密度の検査が追加でありました。

その骨密度が(@_@) 同じ年代の基準を上回る125パーセント

            成人(20〜44歳)の基準の108パーセントと100パーセント越えでした。

           77歳で、素晴らしいそうですわ。

ヘルストロンに寝たり、座ったりしていても(^-^;髪の毛が生えてこないとブツブツいていた主人ですが

2年前から白寿のエルイオンカルシウムを毎晩飲んでヘルストロンに寝ているのですが、そのお陰かと(*^^)v

 

私も一緒に飲んで無料のお試しヘルストロンで座っています。

肩凝りと低体温は治りました。

牛乳も豆乳も嫌いな私、母の事もあるので骨密度は前から心配でした。

どこかに行って調べなくっちゃ

 

娘も琉守の妊娠の時に初めて骨密度を調べて、太志・菜々花の時も40〜50代の骨密度と言われたのが

杏菜の時は、心配になってエルイオンカルシウムを飲ませたら(@_@)今回は年相応

骨密度が増えたそうです。

 

母88才は骨粗しょう症で身長が10センチも短くなりました。

背中も曲がり、体重も34キロに(^-^; もう手遅れかと思うのですが

ヘルストロンの山口店長さんのお勧めで、試しに5日前からエルイオンカルシウムを飲み始めたところです。

母は、主人と一緒でヘルストロンのマットにも寝ているので

効いてくれたら嬉しいのですが・・・血中カルシウムは認知症にも良いらしいし(*^-^*)

3ヶ月ぐらい飲んだら調べに行こうかと・・・ちょっと楽しみな気もします。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嬉しい誤診、でも違ったのならもっとちゃんと説明して欲しかった!

2016年11月29日 | 主人の病気

昨日は、午前中は総合病院、午後は近くの病院にインフルエンザの予約に行き

夜は、主人が大浜体育館に指導に行くので、待っている間、ゴンの散歩を30分ほどしてからジムで一汗かきました。

 

昨日は、おこがましいですが担当医の先生に一言、言わせて頂きました。

主人の脳腫瘍(星細胞腫)は、膠芽腫に変化しやすいという事で

本当は16年前に全摘出できると言われておりましたが

セカンドオピニオンで診て頂いた先生が、

脳の中にしみ込むように広がる (浸潤)タイプなので、何処までが腫瘍かわかり難く

取りきれないので悪性に変化した時に摘出すればいいと言われ

主人は、剣道が出来なくんるのは嫌だと言う思いと知り合いで脳腫瘍を摘出してあまりいい結果が出ていない方を何人か知っていて

そのまま長~いお付き合いをして16年になります。2~3カ月に一度のMRIは欠かせませんが

毎回の定期検診を当初は心配しなら受けていました。

腫瘍は徐々には大きくなっていますが

主人の希望通り剣道はずっと続けることが出来ています。

16年の間には、

岡山国体にも選手権監督で出場したり、全国都道府県剣道大会にも監督で優勝させたり

最近では、中国に指導に行ったりと、ホントに充実した剣道人生です。

でも、この間、3年前と今回と2度も悪性に転移したと言われて、どれだけ心配したか(^-^;

この7月に

 僕が受け持った時(3年前)は、悪性に転移したと引き継ぎましたが

  あの時に悪性に転移していたら、今こうして話は出来ていませんんと言いながら

 今回は、悪性に変わったと思うという説明を受けました。(摘出していないので画像判断だけです)

 8月にもう一度MRIを受けて、先生が思ったほど進行はしていなかったようでしたが

 安心してはいけない様に言われたので

 9月の中国行も心配しながら、10月の同窓会も心配して、お別れ会までしてきたのに(^-^;

昨日の説明では

 私たちが思っていた膠芽腫には、転移していなかったようです(*^-^*)

 摘出していないので、画像だけの判断だから、先生も分からないとは思いますが

 違うのでしたら、もっとちゃんと説明して欲しかったと言ってしまいました。

  先生の一言で,どうせ長くないのならと

  肺気腫で止めていた煙草を再び吸い始めました。

 

動けなくなるまで2年と思っていても5年の人もいるし、10年の人もいるので

脳腫瘍より、タバコで命を失う事になりますよって先生は主人に言っていましたが…それはそうなんですけど(-_-;)

 

他の先生の引継ぎ時の誤診の話はして、

ご自身がこの7月にした説明を、訂正するのなら

もっと主人にわかり易い様に説明して欲しかったです。

 

先生方やスタッフさんにも心配をおかけしましたが

そして知人にも・・・

またまだ元気で、剣道を続けられそうです(*^^)v

 

 

これを機にタバコを止めて、寿命を延ばす努力をして欲しいですわ。

 昨日もまったく減らそうともやめようともとしない主人です。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

主人のカテーテルの治療も無事終わり、今日は退院、一週間後には剣道もOK です。

2016年05月29日 | 主人の病気

26日木曜日に入院した主人の留守中3日間、ほとんど眠れませんでした(-_-;)が、今日で退院できます。

 

26日の心臓のエコー検査で麻酔はかかっていたので、すんなり終わるはずが結構苦しみました。

私も検査の間に頼まれていた買い物をしようと思っていたら

検査室から漏れる主人の声と看護師さん野声で、どこにもいけない状態になりました(;'∀')

検査の方にお酒を飲まれますかと聞かれましたが、飲む方に多いそうです。

本人は、暴れますが、苦しいことは覚えていないそうです。

押さえる看護師さんたちが大変だったそうですわ。力が相当強いですねって言われてしまいました。

先生の診察も、合併症の説明で今までもいろいろ聞いていたのですが、やはり聞いていると怖いです。(^-^;

 

27日のカテーテルの治療前にする、尿道に管を通す処置も、結構時間がかかり、ずっと痛がっていました。

 

看護師さんも一時は、あきらめようとしたのか、別の看護師さんに入らないと先生に伝言を頼んでいましたが(;'∀')

看護師さんの努力で無事は入りました。

 

見ているとつくづく健康が第一だと思います。

 

 

特に今回のバルーンカテーテル治療は、新しい方法で関西でもやっているところは少なく

ベルランド病院でもこの4月から出来るようになったそうです。

 心臓カテーテル治療は、局所麻酔後に手首や足のつけ根の動脈からカテーテルと呼ばれる細い管を入れ、バルーン(風船)やステント(筒形で網状の金属)、ロータブレーター(高速回転するオリーブ型のドリル)などを使って、狭くなったり詰まったりしている冠動脈を広げる治療法です。

今まではステント留置術で焼く方法だったのが、バルーンを使って冷却する方法が取り入れられるようになったそうです。

吹田の国立循環病研究センターだけでは、以前からも両方でされていたのが、昨秋から他の病院でも行うことが出来るようになりました。

主人の心臓は、バルーンを使うには、少し不向き(血管が3つに分かれている)、と言われ、万が一出来ない場合はステントに切り替えて行うと言われました。

 

でも、手術はバルーンで無事終わりました。(*^^)v

 

前の患者さんが、途中でステントに切り替ええたので少し時間がずれましたが

1時半の予定が、1時45分に部屋を出て行き、5時前に部屋に戻ってきました。

先生の説明では、正味1時間半の短い時間で終わったので、合併症は少なく体への負担も少ないだろうと言われました(*^^*)

 

大好きな剣道も1週間ぐらいしたら出来るだろうという、主人にとっては嬉しい結果になりました。

 

部屋に帰って、ずっといびきをかいて眠っていましたが、

看護師さんも「治療が終わって6時間ぐらいは、痛みもあり、しんどいので眠っている方が良いですね」と言われていました。

私が8時に帰った後、眠りから覚めた様ですが、言われた通り苦痛だったようです。

それに昼食も夕食も食べてなかったのでお腹が空いた様ですわ(#^.^#) 夜中に夕食を食べたようです。

 

 

昨日は、私が朝から、出張着付と自宅教室、午後からはサカキバラで男袴の講習会をしていたので、病院には5時ごろに

その間、悦実親子がお見舞いに行ってくれました。心強い応援隊ですが、主人には迷惑かも!(^^)!

明日、10時退院という説明後、娘が帰ろうとした時に不整脈が起こった様だったので、退院できるのかと心配しましたが

心房細動ではないという説明を先生から頂き、今から迎えに

ゴンちゃんも連れてきて欲しいというので、一緒に行ってきます。 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加