ソネット 10番

2016年10月17日 | 十四行詩






ソネット 10番




テーブルクロスの
わたしのところを拭くと
いつもフキンが
黄色くなる と妻が怒る

思いあたる節はない いや どの節だったかが
思いあたらない
卵だったか 芥子だったか
はたまた きのうの南瓜スープだったか

金木犀の風は北窓から入り
南へ抜けてゆく
その日の加減で

南から入ることもある
ひかりの香る風は
テーブルクロスを草原のように吹き抜けてゆく






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Sonnet 9 | トップ | 十四行詩 11番 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

十四行詩」カテゴリの最新記事