リズとすずのリズム

ボーダーコ リィのそれがどうした!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

噛み癖のある新参者

2017-03-03 | 日常
縁とは不思議なもの。
新しい猫なんてみじんも飼う気がなかったのに。

去年の九月。
リズの公園での散歩途中、必死についてくる子猫、
生まれて2,3カ月だろうかと思いつつ、
無視を決め込みスタスタ早歩き。
足を止めると拙いことになる事はわかっている。
そういや・・・
段ボールと皿が二つ置いてあった一週間前の事を思い出した。
餌とお水にと思える器は捨て主の良心かもしれないが、
「いけないぞ、絶対にいけない、捨ててはいけない」
そう思ったものの、その時の私には他人事、すぐに忘れた。
「あの時の捨てられちゃった子か、可哀想に」と思いつつ
新しく猫を飼うなんてゆめゆめ無く、
ならば、こんな時はシカトする一手のはず…。
足にまとわりつかれ、拙い事になる淡い予感。
子猫特有の、訴えてくる高い声に負けて、
拙い予感は確かなものに。
気が付けば抱き上げ、自分でも不思議に
「あのう、この子、飼いたいんだけど・・・」と口走る。
それを見たママさんは「あなたはお子ちゃまか!」
そりゃそうだ。先月はアクアリウムがやりたいと水槽を買い
今週は高校で挫折した油絵を〇〇の手習いと称し始めたばかり。
しかもすずを失い、今までにないペットロスに
「もう新しい子はよそう」と言ったりもして。
「今度は猫が飼いたいだぁ~」
子猫を抱えた私に、ママさんがあきれれるのも当然です。
「これも縁と言うことで・・・すまんこってす。」
てな訳で、新しい家族を迎えることになった、
ボウベルズ家でありまして。

 連れて来た当日
 ご飯を食べてトイレでおしっこを済ませると 

 公園での一週間、緊張してたんだね。

 すぐにボウベルズ家になじむと翌日にはメダカを狙う


 パソコンを始めると邪魔をしたかと思えばスヤスヤと

 
 こンな寝姿見たら,連れて帰ってきてよかったとしみじみです。


連れて帰って半年、
当初はハゲハゲだった毛も、今はきれいに生えそろって一安心。
ただね、この子、ひどい噛み癖があるんです。
じゃれている時は勿論、抱っこをしてやってる手にガブ。
甘えるにもゴロゴロ言いながら手首足首にガブガブ。
お腹が減ればご飯をくれと所かまわずガブガブガブ。
自分に気を引きたい時の常套手段になっているようで。

今思えばこいつ、公園で足にまとわりついた時も・・・

名前は「モネ」名付け親はママさん。油絵を始めた私にちなんで。
考えてみると私、今まで名付け親になった事、一度もないなぁ。


 にほんブログ村にほんブログ村
コメント (4)