リズとすずのリズム

ボーダーコ リィのそれがどうした!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

手に負えない

2012-08-25 | 日常
 暑い 暑すぎる。
 例年なら息の抜ける日も数日かはあるものだが
 今年の夏は手に負えないのです。
 夕立もあてにできず、全てが息も絶え絶え。
 「暑さには慣れた」 と強がりを言うやつもいるが 
 連日の猛暑はエネルギーを奪い取るだけ。 
 昼下がりのけだるさときたら
 生気を失い、私は抜け殻のようになってしまうのです。
 う~ やっぱり3日続きの飲み会は堪えてしまった。

 年寄りは昼間の直射日光は厳禁 日陰に避難です。
 

 それでも、処暑を過ぎると朝夕は秋の気配。
 夜の公園では、外灯周りで熱く語る夏蝉より
 草むらで鳴く秋の虫の数がだいぶ増えてきた。
 

 手に負えないと言えばもう一つ。
 残り少なくなった夏休みを堪能するが如く
 高校生のたむろする夜の公園は花火もまっさかり。
 リズはこの花火が雷より苦手なんです。
 ディスクどころじゃない。
   

  散歩が楽しみも そそくさUターンするリズなのでした。

  ちなみに 花火なんてへっちゃらなすずは
  ウンコをたんまり、のほほんとしていました。
 


              にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ    にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
 
コメント

キャンプを共にしたい犬

2012-08-21 | お出かけ
 先週に続いて
 今週の休日も八千穂高原に行くことになる。

 朝一で友人からの連絡。
 「駒出池キャンプ場に来ているので遊びに来ないか」
 せっかくのお誘い、「八千穂には先週行ったから」
 などと断るわけがない私は二つ返事で了承。
 毎日の如く、この日も猛暑日になることはわかっており
 脱出の行き先に悩む必要もなく
 病院の月一の検査を終えてから慌ただしく現地に向かった。

  八千穂高原にある駒出池キャンプ場
  朝早く到着した彼はこのキャンプ場でこの日一泊する。
  彼の休日は、ほとんどがこうしたテント生活。
 

  そんな経験のないリズすずはテントに興味津々。
 

 

  ターフ下で食事をとってから
  先週と同じ遊歩道を彼と一緒に 犬二匹を連れ歩く事にした。
 

  先週の使いまわし と取られてもおかしくない写真
 

  ちなみに彼は私と違い 地元を愛する人間
 

  ママさんにワンズを任せ、友人と汗を流しにお風呂へ
  帰ってくると夢中で何かを拾っている。
 

  クルミが数えきれない程に落ちていた。
 

  何事にもアイコンタクトの娘たちを すごいを連呼していた友人。
  リズすずを大いに気に入ってくれた彼には
  すごく理解力のある従順な犬に映ったようだ。
  こんな犬なら話相手にもなるし キャンプに連れて行きたいとも。
 

  従順には程遠いリズ
  いつも一緒にいると当たり前すぎてわからないが
  他人から見ると 多少は賢く見えるのかも知れない。


              にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ    にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ   
コメント

暇を持て余した犬

2012-08-18 | お出かけ
 覚悟していた高速道路の渋滞もなく、
 目的地には殊の外 早めの到着。
 トレッキングでは、私のトイレ騒ぎで最短コースを選択
 結果、予想外の時間がたんまり生まれる事になる。
 こんなうれしい時間はくつろぎにつながるはずも・・・・

  私達にはいい休息時間も、長すぎるとリズにはいい迷惑
 

  遊び足りないリズのお相手はけっこう面倒
  ディスクをするも すぐに飽きる
 

  一緒にウロウロ  
 

  暇を持て余した犬は 何を期待していたのだろうか
 

  時間は余裕のたんまりも
  こちとら、一度くつろいだ体は再び歩く気力もなく
  飽きてしまったリズを思い とりあえず移動
 

  このこ 友人の上でも構わずはしゃいじゃうから困り者
 

  ママさんの提案で
  軽井沢に寄り道していこうと言う事になりまして
 


  あのね そもそもママさんの提案ですよ
  リズが喜ぶところに程遠いのが尋常だで
 

  結局 軽井沢アウトレットでは暗くなるまでこうして待ちぼうけ
 
    なんてこった

    慰みは人それぞれです


  
            にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ    にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
コメント

日本一暑い灯篭流し

2012-08-17 | 日常
 最近、日本一暑い町としてなにかと話題になる熊谷。
 この町は玉音放送のあった終戦の前日、
 8月14日の夜半から始まった空襲により
 終戦の15日には市街地のほとんどを焼失してしまうという
 痛ましい過去を持つ町でもある。
 この空襲は、ホツダム宣言の受諾を
 日本政府が連合国に通告した後であり
 事実上、戦争が終わった後の攻撃と言う事になってる。
 無意味な爆撃した航空士もこの事は既に知っていたそうだ。
 これにより、熊谷の受けた空襲は
 埼玉県内最大の被害を及ぼすことになる。 
 戦争による、日本で最後の犠牲となった非運な町なのです。

 
  8月16日は 『熊谷灯篭流し』
  この行事は、市街地の中心を流れる星川にて
  犠牲になった人々の霊を慰めるために毎年行われている。
 

  熱さのため逃げ場を失い、多くの犠牲者を出した星川。
 

  不届き者の私は散歩を終えた後、そう言えばと思いだし
  そのまま出かけてはみたのですが既に終了間際
  流れる灯篭も数えるほどでした。
 

  この日も桁外れの蒸し暑さ
  ワンズにはちょっと気の毒だったかな。
  

  この日、8月16日は奇しくも5年ほど前
  日本の最高気温が熊谷で記録された日でしたね。


           にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ    にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

 

コメント

人も 犬も 家に帰りたくない

2012-08-14 | お出かけ
 友人夫婦を誘い、八千穂高原に出かけてみた。
 盆に昨日から入ったと言うので心配していた
 高速道路の渋滞は結局、取り越し苦労に終わった。
 2時間の道のりはいつもと変わらない、うれしい拍子抜け。
 八千穂高原の遊歩道に至っては
 歩き易く、快適でありながら人とすれ違うこともなく、
 八千穂が初めての友人を更に驚かすことになる。
 世の中の休みが集中する夏のこの時期
 当たり前のように何処も彼処も雑沓する行楽地。
 ここに来れば人も犬も窮屈な思いをしなくて済むのです。

 盆休みにもかかわらず、
 八千穂高原は静かで素敵な 期待通りの場所でした。
 

 シャンプーしたてのリズすず
 ちょっと美人さんになったすずと あまり変わり映えしないリズ。
 

 この道路脇の遊歩道は、当初通るつもりはなかったが予定変更
 急きょ、管理棟へ最短の道を選ぶことになる。
 その理由は、私が急にトイレに行きたくなったから。
 予定のルートでは、到底間に合いそうになかったから。
 
  そ そんなわけにいかない!

  ・・・・・と言いつつ 最悪はその手段も考えた私
   ちっ! 犬っていいな

  

  管理棟前のマス釣り場は家族連れでそこそこのにぎわい
  それでもこの程度。  
 
  あっ トイレのほうは、おかげさまでギリギリセーフでしたぁ。



  コーヒーブレイクはいつもの場所
  リズすずも勝手知ったる 赤いとんがり屋根の 『ひつじ小舎』
 

  今回は屋外のテーブル席で。
  ドッグランを見下ろしながら飲むコーヒーもまた格別。
  

  自宅界隈ではこの日も猛暑日とのことだったが ここは別天地。
  涼しいよぉ。  気持ちいいよぉ。  家に帰りたくないよぉ。

  その思いが 飼い主よりもっと強かった リズ。 
  もう帰るって言うのに 車に近づきゃしない。
  
  

 

           にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ    にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ


 
コメント