リズとすずのリズム

ボーダーコ リィのそれがどうした!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日光東照宮をワンズと見学

2011-09-30 | 旅行

 ある本に 『 愛犬と暮すための心得 』 とやらの記事がのっていた
 「悪いことをしたらぶつ! 時には体罰も必要!」
 うぅぅ  わからなくもないがかなり強烈
 「あまりベタベタしすぎると犬をわがままにさせる」
 う~ん  これは心当たりがある
 「一般家庭で飼う犬は [マテ][スワレ][コイ] を訓練すれば充分
 あとは その家の家風に応じて必要な事だけ教えましょう」
 ワンズにあまあまの私は その点は合格
 「要は 愛犬の個性に応じて臨機応変に対応 
 責任と愛情もって接する事が犬と楽しく暮すコツ といえます」
 なんだいそれ 結局それかいな  わかりきっている
 改めて犬の記事なんてぇのを読む人にとっては当たり前 
 まぁ この当たり前のことができない飼い主も中には・・・だな
 
 我が家には家風などと そんなおおげさな物はないが
 休日 車にワンズを乗せ出かけることが多い家 
 結果 リィは休日に限ってバリケンに率先して入りたがる
 「 いいこでいるからどこか連れてって 」 と言わんばかり
 
 ただ バリケンに入りたがるのは出発する時にだけ 
 途中からは断固 拒否
   
 やはり スゥもお出かけはうれしいようだ
 ちなみに 彼女は1度もバリケンに入ったことがない
 

 いつもは ワンコ中心のお出かけになるのだが 
 今週はちょっと私の都合につき合わせてしまった
 
 
 

  今週は日光東照宮
  娘達 ちょっと不満も致し方ない
 

 
   
 ご承知のように 日光東照宮は犬連れでも大丈夫 ワンコに寛大  
 注意事項も
 「犬を連れてのお堂の中の見学はご遠慮していただいています」 
 お堂の中と言えば鳴竜や本堂の靴を脱いでの参拝 そりゃそうだ
  

 ママさん 鳴き竜を見学中
 
 こうした時 よく言われます 「まぁ 大人しいワンちゃん」
 このこ達 そとづらはとってもいいんです


 東照宮境内でも静かな場所はあることにゃある
 

 この建物も重要文化財 
 国宝だらけの日光東照宮の中では見劣りしちゃうのか
 

 陽が傾き 紅葉にはまだ早い『竜頭の滝』も人は無し
 

 戦場ヶ原わきの三本松茶屋も人影無し  
 今回はここでようやく フリスビー
 
 
 次回はリィちゃんスゥちゃんが喜ぶところへ
 そう心に思う 娘達にあまあまのパパさんでしたぁ 
 

                 にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ にほんブログ村
コメント

おぉ! そこに写っているのはボーダーコリーじゃないか

2011-09-08 | 旅行


 これは「ピーターラビットのお話」の作者
 絵本作家のヘレン・ビアトリクス・ポターの晩年の写真
 
 
 ママさんのイギリス旅行の写真の中に紛れ込んでいた1枚だが
 この写真に一緒に写っているワンコは 紛れもなくボーダーコリーだ
 そういえば 彼女の少女時代の写真を以前見たことがあるが
 その時抱えていたワンコも ボーダーコリーの子犬だった気がする
 動物好きで有名な彼女だが このことから推測すると
 犬の中でもボーダーが特にお気に入りだったのかもしれない
 なんだか嬉しいじゃないか
 ピーターラビットの話はよくは知らないが
 このウサギ 少しは身近に感じてきたぞ
 
 
 中にも入って見てきたらしく 何枚もウサギが写っていた
 


 「シェイクスピア」の生家は 外を見るだけに留めたママさん  
 

 入場料金が高かったと 時間が足りなかったと彼女の言いぶんだが
 私には理解ができーん 
 あの 天下のシェイクスピアだで
 「マクベス」 「リア王」のシェイクスピアだで
 なんでウサギは見たのに 「ロミオとジュリエット」はパスなんだ 
 そんなところでケチるでねぇ
 
 悩み続けた 「ハムレット」もあきれてる
 

 シェイクスピアの奥さんの実家 
 すごい萱葺き屋根の家だ お金持だったんだね  
  

 私の知らない街 
 
 

  ママさんのイギリス旅行の見納めは やっぱりここだったようです
 
 



  バス停の写真  
  いっぱいあった旅行の写真 中でも私はこの1枚が気に入りました
  

 この夫婦
 「腹減ったよなぁ」   「あんた さっき食べたじゃない」
 私には そんな会話が聞こえてきたんです  




 
 
   


              にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ にほんブログ村


 
コメント

イギリスで出会ったボーダーコリーと土産物

2011-09-03 | 旅行

 私は 旅行に出かけても もともと土産を買ういう習慣があまりなく
 あらかじめ 私の土産は要らないと言っておいた
 土産を買うため 選ぶため 貴重な旅のひと時を裂く事はなく
 自分のために 有効に楽しく時間は使ってほしいと思ったのだが・・・
 
 こんな写真ばかり写っていた
 
 
 
 
 案の定 行く先々土産物屋に入っていたようだ
 尤も 土産を買うのも旅の楽しみの一つだってことだからそれはいい
 ただ ママさん 買い物一つですっごく悩んじゃうんだよなぁ
 ボーダーコリーグッズだらけだったとはしゃいでた

 
 イギリスと言えば 私は 
 「リバプール」が真っ先に浮かぶ ビートルズファン
 ロンドンならアビイロードスタジオ前の横断歩道
 その写真1枚があれば 私の土産は充分なんだけど
 

 

 

 

 
 あるわきゃないよな

 『 ウェストミンスター寺院 』
 
  ウェストミンスター寺院は 『ウェストミンスターアビイ』 と言うらしく 
  「こっちのアビイで我慢」とママさんの一言 

  最近はビートルズだけでなくワンコも連想するようになった
  ママさんとそこは流石に気持ちが一致したみたい
 
 

  トライのスムースボーダーみたいだぞ
 

  ままさん「ボーダーコリーですか」って聞いたら「yes」だって
  名前は??? 忘れたそうだ
 
 
  こちらはLizの兄弟のようなボーダー 8才
  名前は??? こちらも忘れたそうだ  
  
  名前
  聞いたはいいが 英語がよく聞き取れなかったのではと 私の推測
  結局 名前を載せることが出来たのは 『 Bob 』 だけだった
  ボブだったら私にだってわかる
 
  シェルティーはバスの窓から撮った こんなんだけ
 


  そんで お土産だ (右中央に写っているのはお土産ではありませんよ) 
 
  これって私のためじゃないよな  しかも自分のは内緒なんだって


 
  この前 友達がもってきた台湾土産のクッキー 
  内緒で全部たべちゃったやつです リィは



            にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ にほんブログ村
コメント

イギリスで出会ったボーダーコリー

2011-09-02 | 旅行
 アメリカでなく 何故イギリスだったのか
 ヨーロッパの中でも何故ここに拘ったのか
 以前から行ってみたい 住みたいと言っていたママさん
 外国になんてあまり目が向かず 興味がない私も
 撮って持ち帰った風景 街並みの写真を見て 
 ほんの少し その想いが伝わった気がした

 カメラを持つことが苦手なママさん
 写りがいまいちなのはご愛嬌 
 撮った写真の数だけはかなりあったんだけどなぁ
 ほんの一部を紹介

 初日に訪れた『チェスター』の街並み      
 

 『チェスター大聖堂』      
 
 チェスターについては名前を聞いたことがある程度


 『ハワース』 
 

 ハワースはよく知っている 
 たしか「嵐が丘」「ジェーン・エァー」のブロンテ姉妹が住んでいた街だ

 名作が生まれたのも頷ける『ハワース ムーア』 
   
 写っていたのがボーダーじゃないのが残念だぞ

 ランカスター  
 

 ランカスターと聞けば 
 映画俳優の『バートランカスター』がよぎってしまう私
  

 そうそう スバルの『レガシィ ランカスター』も浮かぶ
 偶然写っていたレガシィ  
 


 コッツウォルズ地方 
 ハチミツ色の家並みで有名なのは聞いたことがある
 
 
 ママさん この地方には特に思い入れが強かったみたい

 『ボートンオンザウォーター』
 

 イギリスでは1番人気の老後を過ごしたい場所とのこと
 

 何処に行ってもワンコ連れは多く
 そのたびにLiz Suzを思い出したのは当然のこと
 ボーダーコリーはひんぱんにあったそうだ 
 特に印象深かったのが 『 Bob 』 だって
 
 
 ボブは11歳 爺さんでもリードをグイグイ引っ張りマイペースの散歩
 飼い主の シット ダウンの指示も全然無視だったそうだ
  
  ボブ じっとしていられないタイプみたいね


  他人のことなんてとても言っていられないのが うちのリィ
  都合が悪くなると聞こえないふり
  じっとしていられないタイプの代表格
 

      困ったボーダーコリーに国境は無し

   
     残りの出合ったワンコ ボーダー達は後ほどでも

          にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ にほんブログ村
  
コメント

わんこと一緒に落ち着ける場所

2011-08-18 | 旅行
 八千穂高原自然園を過ぎ 国道299号線 メルヘン街道を上ると
 レストハウスがあり ここを左折し松原湖方面に向う
 直進すると白駒池 麦草峠だ
 白駒池周辺は素敵で魅力的な場所だが
 ペット連れには非常で最近は遠のいていくばかり
 
 松原湖周辺は白駒池に比べると標高も低く 流石に見劣りするが
 その代わりワン連れには優しく おすすめスポットもある
 その一つ 「八峰の湯」裏にある無料のドッグラン
 無料なのに空いている しかも申し分ない広さ
 周りはパターゴルフ場 キャンプ場になっている 
 

  ここまでくると いても立ってもいられない  
  リィの頭にもこの場所はインプットされているようだ
  
 
  ディスクするのも余裕の広さです
  清里のドックランなら 一匹1,000円はとられるで
  
 
  日陰もありのんびりもできる
 

  リィ ママさんの陰に隠れた原因はこれ
 
  今回 ドックランであった唯一のワンコ

  
  そりゃわかりませんが 育ちがいいのは確か
  今回のもう一つの私のおすすめは 後ろに見える赤いとんがり屋根の家

 
  ここは人形作家さんがオーナーの 『 ひつじ小屋 』 という名のカフェ
  以前は 本当にひつじ小屋だったとのこと
  

  テラス席だけでなく店内もワンコが自由に入れる
  それを売りにしていないのがいい
  さりげなく犬を連れて入れるところがいい
  かといって ドッグカフェとは別物だ
  マスターのセンスがひかる 
  おいしい珈琲の飲める普通の喫茶店
  

  店内に並んだ素敵な人形をゆっくり見るのもいい
  

  普段は飽きてすぐ騒ぐリィも 落ち着ける店  
 
  しかも 珈琲一杯300円 こりゃすげーいいんじゃないの  
  
  仕上げは となりにある「八峰の湯」(ヤッホーのゆ) 
  普段は空いているこの立ち寄り湯も 流石にこの日は混んでいた
  混んでいてはここは意味がない
  移動を要するが おっくうがらずに少し上ったところにある
  リエックスホテルに併設された日帰り温泉を利用すればと反省
  ここはフェイスタオル・バスタオルも貸し出してくれる
  お風呂は素晴らしいし 落ち着いて入れるのがなによりいい
  
  以上が今回の私のおすすめコースでした


  お ま け
  もう一つの失敗 
  風呂上りにもう一度 ドッグランでリィを遊ばせたこと
  リィのわがままを聞いてやったこと
  
  ブヨに何箇所もさされ 今もはれている
  夏の夕方は虫除けを用意したほうがいいぞ

    
  
                      にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ にほんブログ村


                      にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
 
 
コメント (8)