『似肖屋(あやかりや)』 旧東海道 江尻宿で商いをしています。ー現在の清水銀座商店街です。ー

でくのぼう シャツ、作務衣、スラックスの製造元です。美と癒しと新和風をテーマに、古代布の復元を目指しております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

一病息災

2009年01月04日 | Weblog
 今日見えたお客様との会話で"健康"の話になりました。
「若い頃大病をしてから今は元気で本当にありがたいですョ」
と話をしてくれました。
「無病息災と言うけれど私は一病息災ネ、病気をしたから今の健康が
あるのョ。」 
「年をとれば血管も内臓も老いてくるのょ、それが自然でしょ。」
「“若い人に負けないくらい元気!”っていう人もいるけど・・・、
私はムリはしたくないわね、年をとればそれなりの良さがあるものョ。」
「自分自身の自然を感じたい為に似肖布(あやかりふ)を着たいのょ。」
と、そんな会話でした。

 お客様の中には、“似肖布とか草木染は良いということは判るが地味だ”
とおっしゃる方がいらっしゃいますが・・・、

 あやかりふは、50歳以上の女性のお客様の為に制作をしております。
似肖布の暖かさ、草木染の“うつろいゆく色合い”を着ることで感じて下さい。

 写真は徳島、佐藤先生の“すくも”から染めた 灰汁建本藍の紅型の
似肖布です。 すばらしい作品なので取り上げてみました。
 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 新春に向けて | トップ | 春のワンピース »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事