DEEPLY JAPAN

古い話も今の話も、それでもやっぱり、ずっと日本!
Truly, honestly, DEEPLY JAPAN!

如何にもチャチ:4か国歴訪中止

2018-07-10 11:54:04 | アジア情勢複雑怪奇

Brexit路戦を巡ってイギリスの外相ボリスが辞任、ちょっとどうなるのか興味深い展開になっている。

日本では安倍の訪欧が中止になったそうだ。

安倍総理大臣は、11日から、ベルギー、フランス、サウジアラビア、エジプトを歴訪し、このうちベルギーでは日本とEU=ヨーロッパ連合のEPA=経済連携協定の署名式に出席するほか、フランスではマクロン大統領との首脳会談を予定していました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180709/k10011524591000.html?utm_int=all_side_ranking-access_004

 

マクロンとは首脳会談だけでなく、フランスの独立記念日に安倍ちゃんが自衛隊の儀仗兵を引き連れて参加する、というのが安倍ちゃん的には「花」だったんだと思うんだが、NHKはそこは書かないんですかね。

https://twitter.com/ambafrancejp_jp/status/1014770867816095744

 

笑いごとじゃなくて、軍を引き連れて欧州の主要国を訪問するということは、NATOと正式に兄弟分になるということをアピールするつもりだったんだと思います。

実際既に、着々とそうなっているので不思議でもないですが、日本国民の多くはこれを知っているのだろうか? 

まして、NATOという現代の盗賊集団と一蓮托生となることの意味を理解しているのだろうか?

そしてトランプ&一部アメリカ人はNATOが誰のものなのかわからなくなって、勝手に跋扈していることを嫌ってる。ウクライナ危機はNATO+EU+ネオコンのアメがクリミアを泥棒しに行って失敗した作戦とみるとわかりやすい。各国から離れて勝手に自主性を持ったも同然の軍事組織になっているので、いわば現代の関東軍状態にあるのがNATO。だからいずれにしても改変はあると思う。

 

で、ざっくり言ってこの政権は、要するにフランスもドイツもベルギーも、そして日本も、同じマスターの下にある仲なんですよ!とアピールしに行こうとしてたみたいな気がして笑える。

要するに俺らみんなロス茶さんの下やんか、と。

 

そして、安倍内閣というのが如何にもチャチだよな、と思うのは、フランス革命記念日に出て行くという部分。

フランス革命って、日本の右派が、長らく、左翼の元凶みたいにして嫌い倒してきたイベントですよ?

ではフランス人権宣言を見てみましょう。例えばこんな感じ。中学校社会 公民/フランス人権宣言

第1条 人は、自由かつ権利において平等なものとして出生(しゅっしょう)し、かつ生存する。社会的差別は、ただ共同の利益に関係ある場合しか設けることができる。

第2条 すべての政治上の結社の目的は、人の自然で侵すことのできない権利を保全することである。この権利とは、自由、所有権、安全、圧政への抵抗である。

第3条 あらゆる主権の原理は、本質的に国民に存する。どのような団体や個人であっても、国民に由来したものでない権力は、使うことができない。

 

とかとか読むと、あれなんか見たことがという感じがする。それは現在の日本国憲法に似てるから。しかし日本国憲法はアメリカ憲法の趣旨から来てると考えられ、それが故に、アメリカが押し付けた~とか言う声が続くんだが、結局のところ18世紀末にフランス、アメリカでこんなモードが発生して、100年かかって多くの国がだいたい似た趣旨のことを採用していって、最終的には現在の国連が使ってる世界人権宣言に至る、みたいな感じが近代の政治的傾向の1つの強い流れといっていいんじゃないかと思う。

で、日本ではこの流れそのものを、ユダヤの陰謀とか言ってみたりもしてきた。

さらには、自由主義こそ共産主義の素だとかいって、1930年代のわが国において自由主義は敵の思想扱いだった。

さらにさらに、つい最近の安倍政権周辺では、教育勅語こそ大事だとか言い出す閣僚もいた。

空っぽの国体明徴運動と日本の「悩み」

 

こんな人もいた。

三原じゅん子氏「八紘一宇は大切な価値観」予算委で発言
http://www.asahi.com/articles/ASH3J6R68H3JUTFK00N.html

自民党の三原じゅん子参院議員(比例区・党女性局長)は16日の参院予算委員会の質問で、「ご紹介したいのが、日本が建国以来、大切にしてきた価値観、八紘一宇(はっこういちう)であります」と述べた。八紘一宇は「世界を一つの家とする」という意味で、太平洋戦争中、日本の侵略を正当化するための標語として使われていた。 (太字、私)

 

日本の外務省あたりの文言で、欧州各国との付き合いの中で、我々は価値観を共にし、とかよく入ってるけど、三原じゅん子や稲田朋美、つまり現在の政権の周辺では、八紘一宇こそ日本の建国以来の価値観だという。欧州諸国はこれを了承しているのだろうか? ぜひ聞いてみたいところだ。

 

そして、大物すぎてひっくり返りそうになる第一次安倍内閣の法務大臣もいましたね。

「国民主権、基本的人権、平和主義…この3つをなくさなければ本当の自主憲法ではないんですよ」 第一次安倍内閣の法務大臣 長勢甚遠

 

国民主権、基本的人権、平和主義、この3つはマッカーサーが日本に押し付けたもの、この3つをなくさなければ本当の自主憲法ではないんですよ

by 第一次安倍内閣の法務大臣 長勢甚遠 

 

ですよ。この人だけでなく、このへんこそ安倍ちゃんを支えて来たと思しき人々の愛好する主張ではなかったの?

それが、フランス革命記念日に日本の軍事組織を引き連れて安倍ちゃんがお出かけになるというのは、これらの人たちにとってどうなんでしょう?

国民主権などとんでもないというのなら、まずはフランス人に文句言って来いよという話ですが(笑)。

さらに、圧政への抵抗などもっての他、お前らは天皇の赤子であるという考えこそ素晴らしい(だからこそ教育勅語が来る)と考える人たちにとって、圧政への抵抗は基本権だと言ってるフランス人には、ぜひとも文句を言ってもらいたい。あはははは。

 

なんてかこう、ほんとーーーに、安倍内閣っていい加減な集団、下世話で不埒なプロジェクトだと思う。

なんだっていいんでしょう、国内で反発する奴を封じ込められる体制になってれば。

あるいは、東アジアの周辺諸国と独立国同士の隣人関係を築こうなどという不埒な考えを起こす日本など困ると考える東インド会社由来の欧州寡頭支配体制による、日本をしっかり組み入れようプロジェクトが動いてます、という話と見てもいいでしょう。

で、今後、私たちにまだ考える力が残っているのなら、これで一体どうやって自分たちをidentifyできるんだろうかという問いが来ないとならないんだけど、種子法が壊されても騒動も起きないということは、米すらどうでもいい状態なんだろうな、ということ。どうなるのかわかりません。

 


 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 多くの人は沖積平野に住んでいる | トップ | 一言でいって禍々しい »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
つくられたヘイト (私は黙らない)
2018-07-12 02:40:06
愛国と教育というドキュメンタリーの中で、伊藤隆東大名誉教授曰く、(育鵬社の歴史教科書の意義について問われ)「ちゃんとした人間をつくること」(ちゃんとした人間とは)「左翼でないこと。反日でないこと」
驚愕した。仮にも東大の名誉教授たる者が、こんな乱暴なお説をテレビにむかって臆面もなく言うとは。もはや、日本の知性も崩壊したのか。
昔アセアン某国で働いていた頃、よく言われた。「私のおじいちゃんが日本軍に」とか。そんなこと言われても、私には責任ない、私はまだ生まれてもいないというのは、加害者側の理屈であって、被害者には通じない。日本はその歴史認識を正し、認識の壁を乗り越えない限り、アジアとの友情、友好というのはあり得ない。
嫌韓、反中は、日本人の自発的なムーブではなく、つくられた、作為的なプロパガンダだと思う。日本に一時帰国した際、長年の友人がいとも無邪気にヘイトを口にしたので、私はとても驚いた。そしてこのことで、これがプロパガンダだと確信した。では、なぜ?目的は極東の分断しか思い浮かばない。
結局安倍の権力基盤は、全く思想性などない幼稚なヘイトだけなのだ。将来の不安で思考することさえ面倒くさくなった輩にとって、ヘイトは不安のはけ口となり一時の安らぎを与えるに違いない。そういうメッセージなのだ。だからこの思想性のなさがとても危険なように思う。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アジア情勢複雑怪奇」カテゴリの最新記事