ディープインパクト@まこっさん

まこっさんの心の叫び(ハーツクライ)をどうぞ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

W杯16日目の結果。

2006-06-25 | 2006FIFAワールドカップ
   開催国ドイツ、貫禄の勝利

 ドイツ 2-0 スウェーデン 

【得点】ドイツ  
  ルカス・ポドルスキ(前半4分)
  ルカス・ポドルスキ(前半12分)

【戦評】
  優勝候補アルゼンチンが延長戦を制し、
  2大会ぶりの8強進出を決めた。
  前半6分に先制を許したが、直後の10分に
  クレスポがリケルメのCKを右足で押し込み同点。
  その後は、両チーム無得点のまま今大会初の延長へ突入。
  迎えた延長前半8分、ソリンからのクロスを
  胸でトラップしたロドリゲスがそのまま左足で放ったシュートは、
  ゴール左隅に突き刺さり決勝点となった。
  アルゼンチンは準々決勝でドイツと対戦する。
  メキシコは試合を優位に進めながらも
  勝ち越し点を奪えず、延長で力尽きた。

   アルゼンチン、延長戦を制す

 アルゼンチン 2-1 メキシコ 

【得点】アルゼンチン
  エルナン・クレスポ(前半10分)
  マクシ・ロドリゲス(延長前半8分)

【得点】メキシコ
  ラファエル・マルケス(前半6分)

【戦評】
  開催国ドイツがスウェーデンを下し
  14大会連続のベスト8入りを決めた。
  試合は終始ドイツが主導権を握り、
  前線のクローゼを基点として攻め込むと、
  前半4分、ポドルスキのゴールで先制。
  12分にもクローゼのパスを受けたポドルスキが
  2点目を挙げ突き放す。
  35分にはスウェーデンのルチッチが2枚目の警告で退場となり、
  その後は一方的な展開で完封した。
  スウェーデンは後半8分にラーソンがPKを外すなど
  数少ないチャンスを生かせず完敗。
  2大会連続で決勝T1回戦敗退となった。




この記事についてブログを書く
« 決勝トーナメント | トップ | 今日はエースのがんばりに尽... »
最新の画像もっと見る

2006FIFAワールドカップ」カテゴリの最新記事