Humdrum++

ツリオヤジのメタシンな日々 ~ 沖釣りの他、お酒、Bグル、温泉、ロックなどノージャンルな話題でいかせてもらいます。

ゴージャス根魚リレーは仕立船ならでは

2018-09-09 13:34:14 |  釣りレポ 2018

本日のミッションは、仕立船で狙う冨浦沖の根魚リレー!
超久しぶり(調べてみたらこのとき以来、12年ぶり!)の酒井丸です。
なかなか仕立船だと取材機会が少ないのですが、今回は酒井丸の常連さんが取材に協力していただけるとのことで、邪魔にならないように竿を出させてもらいます(^^)

本日のバナナ。
取材に協力してもらった上にバナナまでいただいて恐縮です。エクアドルの田辺農園バナナ、美味しい。

富浦港の酒井丸は、格安で好きな釣りものが組み立てられるリーズナブルな仕立船。
1人20000円、+1人が3000円。この日は5人で仕立てたので32000円、一人あたりなんと6400円ですよ、半日船並みの料金です(餌、氷は別です)

この日のメニューは、クロムツ狙いからオニカサゴ狙いのリレー釣り。
まずはクロムツからスタート。
オモリは200号ですが、船で同重量の鉄筋を用意してくれます。

私のタックルは、αGTイカオニ222Hにシマノ電動丸R4000、いずれもディスコン品^^;
イカオニは250号くらいまで余裕でしょえるので、これでムツもオニも兼用します。
リールにはPE5号が400m、高切れの場合を想定して500m巻いておけば安心です。
仕掛けは胴付き5本針、船長作を使わせてもらいました。

クロムツは40cmほどでしたが、3kg級の実績もありますよ。
右はシロムツ。

50cmオーバーの立派なスミヤキも交じりました。
和名はクロシビカマス。
この日に聞いた話だと、TVでも取り上げられて、最近では珍重されてるらしいです。
どの番組かと調べてみると、鉄腕ダッシュのようですね。

私も好物なので大事にキープ。

そして後半はオニカサゴ。オモリは150号の片天2本針。竿とリールはそのまま。

私は小型のみでしたが、船ではビッグな外道も登場しました。

富浦沖のムツは懐かしいですね。
もう30年以上前になりますが、久里浜からムツ乗合で手巻きリールでここらへんを攻めてました。
昔ほどは釣れなくなり、神奈川のムツ乗合はだいぶん前に無くなりましたが、現在は攻める船も少なく資源も回復しているように思います。

船は大きくはありませんが、4-6人集まれば乗合よりも低料金で楽しめる仕立船です。
今回は、ムツ~オニリレーを取材しましたが、これからはアマダイ~オニ、マダイ~アマダイ、カワハギなどが面白い時期です。また、春先になると活イワシが入るので、ヒラメ~コチが人気。

本日の模様は、つり丸10月15日号(10/1頃発売)でレポートします。
仕立船にお邪魔させていただいた濱田さんとメンバーの方々、どうもありがとうございました。

[冨浦新港 酒井丸]
http://sakaimaru.blog21.fc2.com/
港に集合、受付。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

『千葉県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« PureAnglers 2018 第8回(#41)... | トップ | 麺や すみよし [鋸南町] / ... »

コメントを投稿

釣りレポ 2018」カテゴリの最新記事