Humdrum++

ツリオヤジのメタシンな日々 ~ 沖釣りの他、お酒、Bグル、温泉、ロックなどノージャンルな話題でいかせてもらいます。

Camel Moonmadness Tour 2018

2018-05-18 17:18:27 | 音楽

水曜日の午前中にミッションの脱稿。解放感MAXの気分で、これからどうしようか。
キャメルのライブが当日券があるらしい、したらこれから行ってみますか。

Moonmadnessツアー2018年、川崎クラブチッタでは4回の公演。今日は初日です。
キャメルは2年前のプログレフェスで観て以来。
メンバーは前回と変わらず。

 Andrew Latimer (G,Vo,Flute,Recorder)
 Colin Bass (B,Vo)
 Denis Clement (Dr)
 Peter Jones (Key. Sax. Vo)

今回はMoonmadnessの完全再現もあるので楽しみですよ。

当日券でもけっこういい席が買えました、ステージ正面。
チケットには、Progressive Rock Invasion Vol.1 とあります。
チッタは30周年ということで、積極的に誘致を行ってますが、Vol.3はマリリオンのようで、Vol.2はなんだろう?Vol.4以降にも期待!

さて、開演前に「本日のコンサートは2部構成、間に休憩をとって150分ほどの予定です」とのアナウンス。な、長い^^; 終わるの10時過ぎじゃないですか。

一部はMoonmadness再現ライブ。
暗いステージに、テープでAristillusが流れてます。ムーグの音に合わせてメンバーが暗い中を入場。
そして曲が終わって、オープニングは Song Within A Song。
ギターとキーボードが奏でる美しいメロディのあと、アンディがフルートに持ち替えます。
いやぁ~、いいな~、じんわりしました。

そして、次々と繰り出される名曲。セットリストはこちらです。

Song Within A Song
Chord Change
Spirit Of The Water
Another Night
Air Born
Luna Sea

どの曲もいいんですが、Chord Changeのテンポよいプレイから、Spirit Of The Waterの情緒溢れる立て笛の調べのあとに、Another Nightの重厚なアンサンブルがあって、Air Bornの美しすぎるフルートを経て、リズムセクションが力強い名曲Luna Seaに至るところが最高です。
まあ、要するに全部いいんです、このアルバムは^^;

いままでキャメルではスノーグースが最高だと思っていましたが、このライブを聴いたらムーンマッドネスが最高と思うようになりましたよ。

1部はMCまったくなしで、淡々と演奏が進んで終了。
15分間の休憩です。

2部はきっと定番の Never let go からだろう。と思ってたんですが、意外なことに、Mistic Queenがオープニングでした。
そして、その後も後期のアルバムからの選曲が多かったです。

初期の5枚しか持ってないので、2部は知らない曲も多かったです^^;
スタジオアルバムだけでも14枚だしているバンドです。初期の懐メロだけでなく、後期のアルバムも聴いてよ、とアンディが語っているように感じました。

ピート・ジョーンズの存在感が2年前よりも大きくなっているように思いました。ボーカルパートも多く、さらにサキソフォンの演奏までこなしています。日本語で、「新曲デス」との紹介も。
このメンバーでニューアルバムを出しそうですね、期待しています。

これが最後の曲だよ、と Long Goodby で終了。
1部が名盤再現、2部はアンディのギターを堪能、という感じのライブでした。
スノーグースからの曲が無かったのは意外、Never let go も演りませんでした。

アンコールに Never let go が来るのかな?とも思ったのですが、やはり最後はこれしかないでしょう!、と Lady Fantasy 炸裂!

おなじみのイントロから客席大盛り上がり。
当時のメンバーではアンディが残るのみですが、ピーター・バーデンスやダグ・ファーガソンの不在を感じさせないピート・ジョーンズやコリン・バスのプレイです。

素晴らしいライブを堪能できました(^^)

オフィシャルサイトのツアー予定をみると、5/16,17,19,20を川崎でやった後にすぐ欧州に移動、5/22,23 はトルコ、5/25-27はイスラエル、5/30,31はオランダ、と休む間もなく移動とツアーが続いています。
アンディ69歳、骨髄移植で難病克服しての69歳、すごい体力、まさに不死鳥。
当日券が残っていたのは幸運、ほんとうに行って良かったと思ったライブでした。

☆キャメルオフィシャルWebサイト
http://www.camelproductions.com/

座席においてあったのはディープパープル来日公演のフライヤー、これまた Long Goodby。
いやぁ、みんないいおじいさんになりましたね、街で会ってもわからない(^^)

一年前に観に行ったルカくん率いるバロックプロジェクトも再来日。

[Club Titta Kawasaki]
神奈川県川崎市川崎区小川町5-7
http://clubcitta.co.jp/

ブログランキング・にほんブログ村へ

『神奈川県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 道の駅すばしり / 富士山溶岩... | トップ | 東名鮎沢SA(上) / 富士湧水ポ... »

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事