Humdrum++

ツリオヤジのメタシンな日々 ~ 沖釣りの他、お酒、Bグル、温泉、ロックなどノージャンルな話題でいかせてもらいます。

なめたらあかん、南房フグで大苦戦

2019-07-11 13:17:05 | 釣りレポ 2019

この日は朝からいろいろありました。

オドメータを見ると8のゾロ目。こりゃ良いことありそうな予感。

そして時間に余裕があったので、高速代をケチるために途中から山道へ。
右コーナーを曲がると左手に光る目を発見。
鹿です、ツノが立派な雄。しかもでっかい、馬と間違えても無理のないサイズ。

イノシシの次はシカかよー、勘弁してくれー。
しかし発見が早かったのでノープロブレム。減速して通り過ぎようとすると、いきなりシカが車の前に飛び出してきて、頭を振りまくりました。
これって威嚇ですか?^^;

車をストップさせて、写真を撮ろうとカメラを探しているうちに、シカは森の中に消えていきました。
こりゃ良いことありそうな予感、でもないか、、前途多難の前兆だったかも?

港に着くとみなさん揃っていてほどなく出船。
今日はフグの精鋭揃い。
前回の出船では、一人で42尾の好釣果。そのときの方も乗船しています。
今年もフグの魚影は濃くて、船長もお客さんも「まあ、今日は適度に遊べるだろう」と余裕。
ビューティフルな朝日に向かって走ると、釣れる気しかしません。

ぱつんぱつんの白子フグを期待して、白間津沖のいつもの場所から開始です。

しかし。
アタリがない?
潮が動いてないから?水温が急にあがったから?なんかおかしい。

時合を待って白浜沖へ、というのもいつものパターン。ここならどうだろう?
しかし、アタリがない。なんかおかしい。

 ちだいまる は メラのじゅもんをとなえた

ここで船長、勝負に出ました、MPじゃなくて燃料の消費も気にせずに遠征。しかし、、

 しょうさいふぐ の はんげき。
 しょうさいふぐ は にげだした。
 ちだいまるは 2 の けいけんちをえた。

メラのじゅもんは不発に終わり、ここでもアタリがありません。
再度白浜沖にもどって、ここでぽつーんぽつーんと2尾をゲット。
さらに白間津沖の様子をみても変わりなしとみるや、船長は大きくサイドチェンジ。
燃料なくなるんじゃないかと心配になるほどの走り丸で、千倉東沖の実績ポイントを探ります。

しかしこの日は最後まで上向かず、わたしは3尾で終了。
おつかれさまでした。
安定度抜群の南房フグも、やはり自然相手、こういう日もあるという教訓でした^^;

このところスルメイカが不安定で頭を抱えている千鯛丸。
安定株のフグにまでつれなくされてしまい、船長は運が下がっていると嘆いています^^;

まあ、たぶんいまが底でしょう、あとは上昇あるのみ!
明日は何釣りにいくの?と聞くと、「アジ釣ってからの泳がせ」だそう、これまたリスキーな、、^^;;

梅雨が明ければ夏マダイも始まるし、スルメイカもワンチャンあるでしょう。
また遊びに来ます。

型は申し分ないので、3尾あればおかずにはなります。

気になる男の子は、3尾中1尾のみ。
貴重な白子はじっくり味わっていただきますよ。

[千倉港 千鯛丸]
https://ameblo.jp/chidaimaru

港に集合受付

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 川俣シャモの肉だんごと福島... | トップ | 梅乃家 [富津市] / 大ラー... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はちまきの旦那)
2019-07-14 07:44:17
その昔下田通いをしていた頃、天城峠で鹿を見るとその日は釣れない、というのが仲間内でのジンクスでしたよ^^;
はちまきの旦那さんゑ (calm)
2019-07-14 09:23:50
ああ、やっぱりシカは不吉な動物なんだ、、、
目が光るでかいシカ、おっかないです。

せっかくドライブレコーダーつけたんだから、動画を抜き出しておけば良かった^^;

コメントを投稿

釣りレポ 2019」カテゴリの最新記事