空見日和

blog開設からよもやの
4600日 総PV数2500000
何がとび出すやら…❔
空見日和の埓もない話

上島鬼貫/骸骨のうへを粧(けわい)て花見かな

2020-04-05 20:19:22 | 青萄(せいとう)の第六絶滅期俳句

 

 

 

 

 

 

神社の桜↑

 

 

本日午後5時半の月と↑木道の日没↓

 

 

 

 

 

 

寒晒蕎麦失敗だがねと持たさるる/青萄

 

 

 

 

 

 


コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 及川真梨子/蝶凍てて片翅す... | トップ | 平山北舟/朝日ジャーナル捨... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (青萄)
2020-04-05 21:46:00
寒晒蕎麦ねぇ、日光でも言えば趣味同好会みたいな蕎麦の会が作ってますけど…🐧
私でも違いがわかるのは二八と十割くらいかしら?言われなければそんなに分からないです、国産か外国産のそば粉、打つ人が上手ければどれも美味しゅうございますし🐤
音楽でも絶対音感持つ人いますが、食べ物に絶対味感みたいなもの?あるんでしょうか。巷ではグルメとかいいますけど、あまり旨いものばかり食べていると、旨いものが食べられなくなった時、不味いものばかりを食べる羽目に陥りませんかね😵いや、空腹が最高の調味料とも言いますね☺
俳句ですが、元投句は寒晒蕎麦が下にあったんですが、先生に添削でひっくり返されて上に、やっぱり下は5の方が収まりますね確かに、勉強になりました📖👓😅

コメントを投稿

青萄(せいとう)の第六絶滅期俳句」カテゴリの最新記事