空見日和

blog開設からよもやの
4800日 総PV数2800000
何がとび出すやら…❔
空見日和の埓もない話

日光新バイパス散歩🌿ボタンヅル(牡丹蔓)

2020-08-14 19:51:41 | 青萄の第六絶滅期俳句

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お盆ということで?草が刈られて現れていた墓六基 夕方とはいえ今日も膚に粘りつくような暑さです

 

 

 

 

ボタンヅルは相変わらず繁殖力が旺盛ですね😃美しく芳香もありますが有毒です

 

 

 

 

 

佐々木有風/末黒野を踏み来てうまき夕日の水

 

 

末黒野に立てば死臭や見えざるもの/青萄

 

 

 

 

 

 

 


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 日光の道野辺🍀その辺の花の様子 | トップ | 季語・終戦記念日 石田波郷... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (青萄)
2020-08-14 20:07:59
あまり人が歩かないような場所も徘徊しますので…💦いつか何かの遺体にであうかもしれない…という危惧は常に持っています。それが人間でなければまだしもですが。
上記の末黒野の句はミイラのようになった何かの遺体に出合って作ったものです。服を着ていないので人間ではないようでしたが、猿なのか犬なのか?けっこう大きくて、暑くなりかけの頃ですから死臭もありました。静かに道をバックしましたが😵

Unknown (ちわき)
2020-08-14 20:46:02
こんばんは!
この花はボタンヅルというんですか?センニンソウかと思いました。どこがちがうのかしら?
こちらではほとんどセンニンソウとばかり思って見ていました。
〝末黒野〟もこちらではすぐに秋吉台の山焼き後を想像しますので、黒いけど広々として明るいイメージなんですよ。
でも、青萄さんの歩かれているところをいつも写真などで見ていますと、日光という古い歴史のあるところ…それで何が出てきてもおかしくないかも…(笑)
Unknown (ちわき)
2020-08-14 20:51:33
ゴメンナサイ。コメントがOKにならないので、なんべんも押してしまいました。ひとつ削除して下さい。
ちわきさんへ (青萄)
2020-08-14 22:05:19
こんばんは☺コメントをありがとうございます🍀
ボタンヅルとセンニンソウ、近くで葉っぱを見れば判別できますが、今日のは他の植物の葉と激しく絡んでおりますから…私もしばらく考えましたよ😅
ただよく見ると牡丹に似た葉も散見されますし、花姿が賑やかでセンニンソウより早くから咲くのがボタンヅルです。ボタンヅルが衰え始める9月頃からが大体こちらではセンニンソウの開花になります。
花後に仙人の髭が出てくるセンニンソウの花の方が、ボタンヅルに比べると涼やかでシンプルな花姿ですか。ただ日本は横に長いので地域によっては、センニンソウしか咲かない場合もあるのかもしれません。
そちらの末黒野は広大というか雄大な景色なのですね~日光では狭い地域でそれぞれ個人的にやっているようなことが多くて、私が歩く道も人ひとりがまぁまぁ通れるような?そんな道ですから、そこを塞ぐようにミイラが居れば…驚いて後ずさりますよ~🐧😱

コメントを投稿