東京日和 素敵な暮らし for all women インテリアのレシピ

インテリアをとおして・・仕事、プライベート、子育て。色々なシーンでその場所をより楽しく過ごすエッセンスや情報を綴ります。

変わらない思い

2021-03-02 | 生活とインテリア
おはようございます。
東京は昨日の天気予報では雪でしたが降らず久しぶりの雨模様です。

今日は二件打ち合わせがあり出掛けておりますが
電車の込み具合は普段と変わらず?むしろ日曜日の朝のなのに
たくさんの人が電車にのっております。
もはや、コロナの対策も一人一人の自助努力に頼る姿勢は限界なのかも知れません。
皆さん何処に行くのかしら。。取り敢えず、この電車は元町・中華街行きです。
渋谷?横浜?
という私も出歩いている訳で、生活や自分をを守るにはいろんな意味がありますよね。。
取り敢えずはかからないように注意していかなくては。


* * *

と、書いたところで止まっていました(笑)

フルリノベーションの現場管理に集中しておりまして、、

なんだかますます、本当に一つしか出来ない人になってきました。年齢的なものですかね(笑)

話す言葉を失うというか?ないというか?

コロナで世の中のスタンダードがどんどん変わってきていて

その速度はかなり速いかなと思います。

発信の仕方はもはやインターネットの中にあります。

去年、流行ったものも来年はあるのか?

スタンダードで安心できる定番という意識も薄れていくかも知れませんね。

とは言え、人間はアナログな存在ですから、基本のセオリーは変わらないのだと思います。

むしろ、デジタルを静観し、便利な部分のみ採用し、アナログな人間という存在が癒

される生き方をし、情報を取り入れ過ぎない事の方がよりナチュラルに幸せに生きれ

るように思います。

そして、コロナがデジタルでの仕事を何処でも可能にし、公の場所と私の場所を同じ場所にもした為に

自分自身で完結できる心の中と、それを守るシェルターである『家』という場所は本当に大切になると言う事です。

『家』の間取りや住環境は勿論の事として、『家』のある場所の環境が重要になっていきますよね。


『家』が何処にあるか?

今まで会社が当たり前に用意していた環境の整っていたオフィスは、空間的にも場所的にも自分の『家』に移動した人も多数です。

『家』の外に出るとリラックス出来る場所、癒される場所があるのかかポイントですよね。

あなたのリラックスポイントは何処ですか?

私はやはり、都会の街にありながら、大きい公園が近くにあったり、
人口的な庭園でも空が大きく感じるられるところに住居があるのがいいです。
空が一番身近な自然だからです。

そして、地方都市にしても、文化と歴史があるところは魅力的ですよね。文化的に素敵な物を目にしたり、新しい発見ができそうです、

住まいが在宅ワークでオフィスになるのでしたら
仕事の効率と、公と私を分離させるにはやはり空間の使い方とシステマテックな整理整頓。整理は不可欠。
より、オフィス部分はミニマムに、住居部分はくつろぎ空間に。
その区分がしっかりと分けられらるといいですよね。

* * *

去年、書斎のリフォームを致しました。
新しい住宅を購入したばかりのお客様で、一人籠れる空間が欲しかったようで、広い部屋の書斎はやめて、北側の窓のある納戸を書斎に改装しました。
約2,5畳ほどの空間でしたが、隅の壁に机を固定し周りの壁の上部を本棚で囲みました。ある意味、シェルターのような空間ですが壁に向かって集中出来そうです。
お引き渡しの時にご主人様か「ありがとうございました。仕事、頑張りますね。」と、わたしに頑張ります!とおしゃったので、やる気のわく空間になって良かったなと思いました。(^-^)



次回は今、工事をしているスケルトンリフォームのご報告を致します。
マンションの最上階をオーナー様のご家族の為の空間に全面改装致しました。
白が基調のスッキリした空間になりました。



イデーの額


使い易そうな小さなスツール


星のスタンド


フラウのソファー


男前家族の家具


トムディクソン



ランキングに参加しております。(#^.^#)
今日もお立ち寄り頂いたしるしに
ポッチとポッチとクリックして応援をお願いします。



インテリアコーディネート ブログランキングへ

にほんブログ村




コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 明けましておめでとうござい... | トップ | ナチュラルな家 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

生活とインテリア」カテゴリの最新記事