De cela

あれからいろいろ、昔のアルバムから新しい発見まで

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

全国オンブズ山形大会

2007-09-17 13:18:55 | パートナーシップ協働・行政
山形の変わりようにはびっくり
15,6日は全国オンブズマン山形大会に参加してきました。私が山形をたびたび訪問したのは20年前。新幹線も無かった時代ですからその変わりようは当たり前なのですが、駅周辺の広大な道路のゆとり、車で移動中に見る周辺の施設の立派さにおどろかされます。県庁所在地ですから当然ですが、われわれが毎日触れている街並みと雑踏からするとまさに外国にいった感じです。
地方の時代と一時言われながら、最近では地方との格差是正をといわれる時代。当然流れは少子高齢化で人口の減少と都市集中。この流れを今から止めることは出来ない。東京と同じものを備えたことが夕張現象の再現にならなければ良いがと余計な心配が頭をよぎる。


駅前、宿泊したホテル前のゆとり

会場に使われた公共施設「ビッグウイング」駐車場は東京デズニーランドを思い起こさせた。駅まで車で20分のところ。

コメント (2)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« J-COMテレビ紛争一段落 | トップ | 中津川も涼しくなった? »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今では地方の方が (中)
2007-09-17 17:54:40
 立派になりました。お金を地方にばらまいたから、結局は、全部が可笑しくなったみたいですネ。やっぱり、一極集中も決して間違ってはいなかったかもです。憧れの場所があると経済が活性化しますものねぇ~。

何処にでも、銀座を作っては行けません、です。
心配なのは周辺過疎化 (tatters)
2007-09-17 23:24:03
日本の人口は減る一方です。その人口も首都圏に集中し、地方ではこういう住みやすくなった都市に集中します。すなわち広大な過疎地域が次々発生していくことです。でも、どこの自治体も皆右肩上がりで人口が増えていくと期待して政策を立てているのが問題です。

コメントを投稿

パートナーシップ協働・行政」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

◆政務調査費アンケート。都道府県、政令市、中核市の全議員合計5754名。全国市民オンブズマン連絡会議 (てらまち・ねっと)
 全国市民オンブズマン連絡会議の全国アンケートは、全国初の「都道府県、17政令市、35中核市」全議員合計5754名を対象に調査。  その回答が全員の氏名入りで公表されている。  自由記入の意見も網羅。なんとすごいデータ。     政務調査費 アンケート集...
「全国市民オンブズマン」山形大会「ほだな使い方でいいんだか? 政務調査費」 (みどりの一期一会)
昨日から、「第14回市民オンブズマン山形大会」に参加するために、 山形市にきています。 あさ5時15分に自宅をでて、6時に岐阜駅。 名古屋からの『のぞみ100号」は、最新型の700系。 連休の初日ということもあり、子どもたちもたくさん乗っていました。    ...