墨映画(BOKUEIGA)

映画を墨彩画とコメントで紹介する。
映画好き・絵好き・書道好きなどなど。好きなこと寄せ集めのブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

シャッター アイランド

2010-05-11 23:00:20 | 映画(さ行)
「あの灯台には、誰がいる」
捜し求める人物はどこに。本当に灯台に居るのだろうか。

【STORY】(goo映画様より引用させていただきました。)
『ディパーテッド』のマーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオが再びタッグを組んだ、不可解な事件が起きた孤島を舞台に、謎解きを展開する本格ミステリー大作。原作は『ミスティック・リバー』の著者、デニス・ルヘインの同名小説。主演のディカプリオが島を捜査する連邦保安官を演じ、『帰らない日々』のマーク・ラファロ、『ガンジー』のベン・キングズレーが共演。次々に浮かび上がる謎や、不気味な世界観から目が離せない。
精神を病んだ犯罪者の収容施設がある孤島、シャッター アイランド。厳重に管理された施設から、一人の女性患者が謎のメッセージを残して姿を消す。孤島で起きた不可解な失踪(しっそう)事件の担当になった連邦保安官のテディ・ダニエルズ(レオナルド・ディカプリオ)は、この孤島の怪しさに気付き始める……。

「goo 映画」こちらから

シャッター アイランド - goo 映画

映画冒頭から、決して結末の口外無いようにテロップが流れる。
サスペンスものでは、よくある。
しかし、見終わってからもう一度観たくなった。
どこに、結末への布石があったのかを確認してみたい気持ちになる。

テディ・ダニエルズが追い求める犯人であろうかと思われる人物レディス。
この人物がいったい誰なのか。
そこに全てが集約されている。
閉鎖空間での緊迫感を期待していたのだが、そのあたりはそれほどでもなく。
「淡々と」といった印象であったように思う。
ディカプリオ×スコセッシのつながりでの作品が多くある
そのラインで作られる作品のイメージは崩れることが無く、期待通りであるといっていい。
デ・ニーロの位置を受け継いだ形のディカプリオだか、まだまだデ・ニーロの域には達していないなー。
そうなってくれることを期待する俳優さんでは歩けれど!

ところで、灯台の中でレディスに出会うシーンがある。
このレディス。デ・ニーロに非常に似ている気がした。
気のせいだろうか?

とにもかくにも、不可解な孤島ミステリー映画に出会ってしまった。
だから映画好きはやめられない。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
« 第9地区 | トップ | タイタンの戦い »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2010-05-11 23:45:33
宣伝に煽られて超ガン見してました。おかげで素直にお話を見ていなかった用に思います。
結局私は最後まで「こんな単純なはずがない!」って思って見てたんですが、そのまま終わりました。(爆)
KLYさんへ (de-nory)
2010-05-12 07:23:13
KLYさん。こんにちは。

早速のご返事ありがとう。

前宣伝の内容は、返って作品の良さを曇らせるな。
と私も感じましたよ。
だから、もう一度布石の確認をしたいと思った次第。
最初から布石を見つけようという観方じゃなかったところは、KLYさんとは違ったところでしょうか。

事前情報は、作品の観方に影響するから上手に取らないととも思うのですが、勝手に入ってきちゃったり逆に入ってこなかったり。有益な情報の取り方って難しいですね。
こんにちは (tatsu)
2010-05-12 18:38:25
de-noryさん、こんにちは
この映画はミステリーで謎解きをテーマにしているようだが
謎解きはともかくとして、

凄惨な戦争体験と、妻の死という二重のトラウマに苦しむ保安官テディ(ディカプリオ)の
苦しみをリアルに体験する映画と言えると思いました。
作戦ミス (たんぽぽ)
2010-05-12 21:11:09
こんばんはー。
霧の海を抜けて、孤島にたどり着く。
いかにも曰くありげな、この島・・・と、出だしはすごくよかったんですが。
謎解きを宣伝しすぎたのが失敗だと思います。
もっと、普通に見て、最後に驚きたかった・・・。
こんにちは~♪ (由香)
2010-05-15 10:47:55
お邪魔します♪

>見終わってからもう一度観たくなった。
どこに、結末への布石があったのかを確認してみたい気持ちになる。
私もです!!
原作でオチは知っていましたが、それでももう一度映画で布石を再確認したくなりました~

宣伝で変な謎解きを煽っていましたが、これはそういう作品ではなくて、哀しい人間ドラマであるように思いました。
こんにちは ()
2010-05-23 06:40:48
こんにちは。
この映画とはあまり関係のない話なのですが、
特攻野郎Aチームが映画になりますよ。
あのドラマの吹き替え、
まさに、超日本語吹き替え版だと思いませんか?


多分、特攻野郎Aチームを分かってもらえるだろうと思ってコメントしてみました。
少し違う宣伝 (de-nory)
2010-06-03 07:35:37
tatsuさん。
コメントありがとう。

映画から感じられる印象と事前の宣伝の情報との間に隔たりを感じました。
主人公の苦悩を描く作品としては、すばらしかったと思います。宣伝での内容とは異なりますね。
たんぽぽさんへ (de-nory)
2010-06-03 07:43:50
たんぽぽさん。こんにちは。
コメントありがとう。

日本での注目を集めるための「営業活動」が行われていますね。
謎解きを前面に出した方が、興行収益が上がると思ったのでしょうか。
こういうのは、返って逆効果のように思います。

本当に残念!!
由香さんへ (de-nory)
2010-06-03 07:47:45
由香さん。コメントありがとう。

本当に!!
宣伝の仕方が謎解き前面なので、謎解き部分が本当にどうなのかを確認したくもなります。

そっか。そうなると私は宣伝に左右されず、しっかり悲しい人間の心の作品を堪能していたんだ。
今、気が付きました。

亮さんへ (de-nory)
2010-06-03 07:51:15
亮さん。こんにちは。

関係ない話OKですよ!!

特攻野郎Aチーム 映画になりますね。
わかりますよー!!!!

本当に吹き替えの同行は気になります。
初めて予告編を映画館で観た時、タイトルコールが後半だったことから、「もしや!」と思いながら観てました。

楽しみですね。

コメントを投稿

映画(さ行)」カテゴリの最新記事

6 トラックバック

シャッター アイランド (LOVE Cinemas 調布)
レオナルド・ディカプリオ主演最新作はミステリーサスペンスだ。精神障害犯罪者を収容する島“シャッター アイランド”を舞台に次々と浮かび上がる謎が主人公に襲い掛かる。共演に『帰らない日々』のマーク・ラファロ、『エレジー』のベン・キングズレー、『脳内ニューヨ...
映画 『シャッターアイランド』 (BLOWING WIND・風のふくまま)
 映画 『シャッターアイランド』@TOHOシネマズスカラ座 製作国 : アメリカ 監督 : マーティン・スコセッシ 原作 : デニス・ルヘイン 出演 : レオナルド・ディカプリオ 、 マーク・ラファロ 、 ベン・キンズレー オフィシャルサイト『シャッターアイランド...
シャッターアイランド (映画と本の『たんぽぽ館』)
嵐の孤島に封じ込められた秘密               * * * * * * * * 舞台はちょっと古い195...
シャッター・アイランド (★YUKAの気ままな有閑日記★)
少し前に原作を読みました~ 『シャッター・アイランド』デニス・ルヘイン原作本の発売当時、“ラストが袋綴じになっていた”―というネタばれ厳禁ストーリーがどう映画化されたのか気になっていました【story】精神を病んだ犯罪者の収容施設がある孤島、シャッター アイ...
シャッター アイランド (Shutter Island) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 マーティン・スコセッシ 主演 レオナルド・ディカプリオ 2010年 アメリカ映画 138分 サスペンス 採点★★★ “ショック死したらハワイにお墓を建ててあげます!”とか“戦慄のサーカム・サウンド!”とか、なんのことかサッパリ分かりませんが、やたらと魅惑...
「シャッターアイランド」(SHUTTER ISLAND) (シネマ・ワンダーランド)
名作「タクシードライバー」や、「ニューヨーク・ニューヨーク」「ギャング・オブ・ニューヨーク」などの作品で知られる、鬼才マーティン・スコセッシ監督がレオナルド・ディカプリオを主演に、メガホンを執った驚愕(きょうがく)のサスペンス「シャッターアイランド」(...