同志社大学体育会自転車競技部 日々の記録

同志社大学体育会自転車競技部
選手の練習日記、メカニックの成長記録

選手・マネージャー募集中です!!

森(インカレだけよ)

2018-09-10 21:12:20 | 個人練習 : 森達哉
9/2
インカレ 多分6か7周DNF
アップをしていたらりんちゃんが3位で帰ってきた。スタート前、パレードでは前に突っ込んでいけといろんな人に言われたが、自分のプライドが絶対に許さなかった。そもそもインカレまでにクラス1に上がれなかった自分の実力である。パレードで落車があったようだけどそれを見越した位置にはいたので大丈夫だった。リアルスタート後2周はしんどいだろうと思っていたが、そこまでではなかった。しかし、新コースから旧コースへ出るコーナーからの立ち上がりは常に一列でインターバルがかかりきついと感じた。関大の久保田さんとキツいですねと話したくらい(久保田さん12位おめでとうございます)毎周回そこで脚を使い次のその周までになるべく脚を回復しての繰り返し。途中大西さんと会話をしたり高井と会話をしたりしながら自分の中で情報を整理した。5周回目の旧コースへ出る立ち上がりで前から二人目の中央の子が力つきその間を埋めるときに自分の脚がほぼ残っていないことを悟った(思い返すと登りで無駄に脚を使って前にあがってたなと)6周回の下り後の立ち上がりの中切れで高井が先頭でなんともいえない速度で先頭交代する気配もなかったので変わるように言い最後の力をふりしぼってローテをしながら集団に追いついた(高井いわく新コースの180°ターンで追いつくと思っていたらしい)高井に補給いるか聞いたら大丈夫との返事が帰ってきたので、頑張ってくれと思いながらコーナーの立ち上がりで力尽きた。#レースレポートではないので悪しからず。初のインカレはあっけなく終わってしまった。皆がサポートしてくれたのに申し訳ない。

大西さんや小畠さんは来年のインカレにはもういないと思うと、もっと自分は何か出来たのではと思ってしまいます。また、他大学の四回生選手も最後のインカレだというのに、頑張ろうと声をかけて下さったり励ましてくださったりで、敵わないなと思いました。特にレース後僕を見つけて来年頑張ってと言われた時は泣きそうになりました(というか泣きました)日程はでていませんが、もう来年のインカレまで一年を切っているでしょう。やることやるしかないよ、自分
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 森(インカレ前そろそろちゃん... | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

個人練習 : 森達哉」カテゴリの最新記事