宝満山研究会(山岳宗教遺跡の保全と研究)

大宰府の北東に聳える宝満山の歴史的価値を掘り起こし、山の保全を考える会です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

宝満山は百花繚乱前夜

2009-04-12 | Weblog
今、宝満山中では冬末期から初夏までの花々が
あちらこちらでひっそりと咲いています。




中宮より上の女道や北側斜面などでは
ヤブツバキがまだしっかり咲いて
木の下には花の絨毯が敷かれています。
行きおおせてませんがおそらく
宇美側からの難所ヶ瀧付近も同じような状況でしょう。





一の鳥居付近では散り際の
ヤマザクラが楽しめます。


かと思えば・・・
鳥居をくぐるとそこには大きな筑紫シャクナゲが
今日あたりはしっかり開花しているでしょう。

しかし、山頂下の東院谷の女道では
同じ筑紫シャクナゲの花芽は堅い様子です。
でも、花芽は多いようですので今年は
連休中頃には楽しめそうな予感です。


正面の登拝道では初夏の花ミツバツツジが
まさに開花しようとしています。


まさに百花繚乱前夜の宝満山中です・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 天拝山から望む宝満山 | トップ | 第20回 宝満山研究会例会... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事