大宰府 古都の光 写真コンテスト 表彰式

去年末Blogで書きましたが、太宰府ブランド創造協議会事務局が主催する『古都の光』写真コンテストへ応募したところ、見事“太宰府市賞”を頂くことななり、表彰式へ出かけました。


当初、市長応接室での表彰式でしたが、「庁議室へ変更になりました」と当日案内がありました。
僕がイメージしていたのは、受賞者数名と市役所の方数名、もしかしたら大宰府市長にも逢えるかな?程度で考えていましたが。。。



市長に会えるどころか、大宰府市の幹部が勢揃い。 新聞社やテレビ局までスタンバイです。
さすがに僕の想像の数倍規模の表彰式に嬉しいやら緊張するやら・・・。 
勿論、僕以外の受賞者さんも同じ気持だったようです。



15分程度の表彰式 非常に硬い進行から一転雑談へ 最後に井上保廣市長と記念撮影です。


TVの取材もうけました。

元々は写真に興味はありませんでしたが、今から4~5年前 Blogの画像をもっと美しいものにしたいとの思いから、初めてデジタル一眼カメラなるものを手にしました。
様々なカットを撮影するようになりましたが、もっともっと鮮明かつ息のある画像が欲しくなり、2010年10月に今愛用しているカメラNikon D700を入手しました。
抜群のコンストラストは僕の好みにもぴったりと合いとても気に入って使用しています。

『好き』と言う理由さえあれば、僕は根っからのオタクですからガムシャラに奥深く追求していくタイプです。
その代名詞といえるのはDAYTONA(仕事)でしょう。 様々な角度から、その深きコクを見つけていくのが大好きなので、その為なら時間も労力も勿論お金も、今自分が出来る限りのことを投資します。

カメラも同じです。 僕は写真コンテストへ応募したのはこれが初めてで受賞したことは大変名誉なことですが、実は僕自身 今回の作品は自分のものでありながら太宰府市を広くPRするためのものであることから、もっとああしたら・・・こうしていたらもっと大宰府の魅力が伝わったかもしれないと悔いの残る物でもあることも事実です。

嬉しいのですが悔しいのです。 
今以上を求めるには、もっともっと自然を知り人の心を知る必要があります。 

『表現力』 それは、カメラにも仕事にも、もっと言うならば己の人生にも共通したテーマであると僕は考えています。



僕の作品はこちら 
タイトルは『火、灯、そして星』

本当なら、皆さんへフルサイズデータで見ていただきたいのですが、こちらのデーターは今後一年間太宰府市観光協会がPRで使用する旨の申し入れがありましたので、全ての権利を太宰府市へ譲渡いたしました。
この画像は僕の手から離れ太宰府市から皆さんへ配信されることになります。

また、本日から約1週間 大宰府市役所1階にて作品を展示しているということですので、お近くの方やお時間ある方は太宰府天満宮への参拝や太宰府散策をかねて足を運んでくださるとうれしいです。



DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

DAYTONA TV 2013年 1月号 公開です。




« DAYTONA TV201... 特性の見極め。 »