交換の目安とポイント。


DAYTONA Racing スポーツクリーナー for VQ37VHR
店頭でも、通販でも、愛車を大切にするオーナーさん達は、エアフィルターといえども一定期間での交換サイクルを必ず守ってくれます。
具体的には性能低下の目安として1年1万キロ/毎のサイクルをお願いしています。
エアフィルターは性質上 ダストを取り除きながらも、吸気抵抗を抑える、相反する要求を担っています。
それは、純正等の湿式フィルターと、DAYTONAが採用する乾式フィルターを比較すると、どちらにウエイトを置くのか?が大きく別れるポイントでもあります。

例えば、花粉シーズンにマスクを装着し大きな公園で散歩を行うとします。
一方は、どんなに小さな花粉をも除去するために製造されたオイルを染み込ませたマスク 大小関わらず、とことんダストをマスクに吸着してくれますが、呼吸は若干苦しいはずです。
もう一方は、油分を含んでいないペーパーマスク もしかしたら超微粒子程度でしたらマスクを通してしまうかもしれませんが、呼吸は比較的ラクです。
これが乾式と湿式の“差”です。

散歩(ノーマル)程度でしたら、その“差”は気にならないという方もいるかもしれません。
だけど、歩くペースを上げてジョギング(ライトチューニング)のペースに相応しいのは、どちらのマスクでしょうか?


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。
« 幸せの基準 PREMIUMな喜び。 »