思い描く



DAYTONA Sports ECM→アルトラック ロングエキゾーストマニホールド→amuse R1チタン マフラー→DFVオーリンズ Ver.DAYTONA
オーナーさん 毎月1回 Z34nismoのアップデートが行われていますが、今回はアルミホイールです。

チョイスしたホイールはDAYTONAでも人気があるTWSです。
7スポークの2ピースホイール TWS EXlete107S 20インチ 9.5JJ 11.0JJ フラットハイパーガンメタ リバースリム
タイヤはADVAN SPORTS  255/30R20 、285/30R20 




TWSはほぼ受注生産方式ですので、ご注文いただいてから今日まで60日ほど時間を要しましたが、待った甲斐がある 納得の行く完成になりました。
ホイールに限らず、例えばDAYTONA Carbon×Leatherコンビネーションステアリングも同じ傾向ですが、ハイクラスのパーツになればなるほど様々な選択肢が用意される傾向にあります。
ホイールの場合 サイズ(インチ、幅、インセット) カラー 形状(リムパターン、製法パターン) それに見合うタイヤサイズの選定
1台に装着するホイールとしては無数の選択肢があります。 たった1つの選択を間違うと大きな痛手になることもあるし、だからといって全パターンのサンプルが用意されていて、1つ1つ確認するわけにも行かず。 
選択肢が多いということは、悩みの種が増え続ける反面、選び抜いた時にしか味わえない大きな喜びがあります。

そうなってくると、結局のところ現状の姿×オーナーが考える理想となる姿×カスタマーのノウハウによって1つの完成形が誕生するわけですが、僕の中ではまだ見ぬ完成形を頭の中で追い廻しすぎて、いざホイールを受注した後でもそれでもまだ悩み続け「あ~ やっぱりインセットの変更お願いします」なんてメーカーさんにお願いすることも数々あります。
だけど、悩めば悩んだだけ キッチリとした形となって現れた姿に「やっぱりカッコよくなりましたよね」なんて自信満々にオーナーさんに自慢していたりもします。

1つだけ2人で実物を目にして“うーん”とうなったのはオリジナルにカスタムした「Z34フェアレディZ ver nismo専用牽引フック(TRACTION HOOKS

『金メッキにしておいて』とオーナーさんからのオーダーのまま金メッキ処理しましたが・・・
想像と金の感じが違っていて描いていたイメージとチョット違う・・・僅かに派手になりすぎ?てしまいましたね(笑) 
こちらはもう少し別の形で処理し直しますね!

■TWS(TANEISYA) EXlete107S
・20×9.5JJ
・20×11.0JJ 

■横浜タイヤ ADVAN SPORTS
・255/30R20
・285/30R20


« 福岡より車で... バランスの上... »