人間学 人生や魂に役立つブログ 「魂の人間学」

人間学や 人生や魂の糧になるブログ 
     魂の人間学 読書記録、随筆、探訪記・旅行記など
     

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

伊藤博文による明治憲法制定過程について

2017年05月17日 | 魂の人間学
 伊藤博文直話(新人物往来社)の3章に明治憲法制定のいきさつ(過程)の話が出てくる。伊藤は明治憲法制定の立役者であったから、制定過程の詳細を聴くには、この人を置いて他はない、ともいうべき人だ。
 伊藤博文はたいした人だ。幕末長州の松下村塾に学び、松陰の死後は桂小五郎(のちの木戸孝允)や高杉晋作について、幕末の倒幕勢力の核心にいたと言っても過言ではない。
運もいい。同世代で生き残っていれば、伊藤をしのぐか並び立つような人物が幾人もいたのだ。久坂玄瑞、入江九一、寺島(作間)忠三郎、來原良蔵、松島剛蔵、挙げればもっともっといるのだ。しかし、伊藤は生き残った。
高杉の功山寺挙兵に伊藤は命を捨てる覚悟で最初から参加したのだ。最初はたった80余名程度のなかで。赤根武人のあとをついだ奇兵隊の山縣(有朋)は、少し遅れて後から参加したのだった。伊藤は若い頃から、頼山陽の日本政記を熟読していたそうだ。
 話を憲法に戻すと、明治憲法は、明治15年に伊藤博文が立憲政体の研究を明治天皇から命ぜられて海外に飛び、憲法が発布されたのが、明治22年である。
海外での研究期間は明治16年に帰国しているから1年数カ月だ。幕末に海外渡航経験のあった伊藤は明治維新の初期から、国是綱目(当時、伊藤が兵庫県令(知事)であったことから、兵庫論とも言われた)を建白した。その後先輩格の木戸孝允らを中心に版籍奉還が実施され、その後に「廃藩置県」が実施されている。伊藤は思想的には、先を見通していた。
ただし、板垣退助などの自由民権運動とは距離を置き、木戸とともに漸進主義の立場をとった。木戸孝允であっても立憲君主制が望ましいことは見通していたが、具体的な条文を起草する段階までは行っていなかったし、国民もまだ、その段階に達していないという判断だった。
この当時の漸進主義というのが、キーワードになると思う。ゴールはある程度同じであっても、その時期については、焦らない姿勢だったのだ。そして明治10年から11年にかけて西郷、木戸、大久保が亡くなり、明治14年の政変で大隈が下野すると、伊藤は国家の中心人物となっていくのだ。
 明治憲法は、海外への調査研究の素養をもとに明治19年ころから伊藤博文が、井上毅、伊藤巳代治、金子堅太郎らと明治憲法の条文にいたるまで、ひとつひとつの条文を激論を繰り返しながら吟味して作成していったのだった。
日本政記を精読してきた日本文化への造詣と、封建社会の身分制から新たな御一新を刃の下を潜り抜けながら体現し、生き延びた経験を経て、海外にも留学し、政府の重要ポストを経て初代総理大臣を経験してきた伊藤の業績の真骨頂でもあっただろう。
 明治憲法原案は、その後承認を得て、明治22年2月11日に発布されたのだ。
 新憲法制定は、このような歴史に学んで焦ってはいけないのではないだろうか。確かにこれまで、さまざまな試案が出ているが1回制定してしまったら、日本ではなかなか改定することは難しい。じっくり吟味することが必要だと思う。
コメント

幕末長州を中心とした「攘夷」の盛り上がりの歴史的意義について  久坂玄瑞、寺島(作間)忠三郎などの生き様から

2017年05月16日 | 魂の人間学
幕末明治維新の攘夷は、歴史の経過を単純に見てしまえば、その路線は間違っていたことになる。しかし、明治維新は日本でまれにみる歴史上の転換点であって、その変革にかかるエネルギーは莫大なものであった。
化学反応で言えば、本来の変革エネルギーの位相分に加えて、より大きい活性化エネルギーが必要だったのだ。個人の人生と同じく、歴史は最初から一直線に進むのではなく、経験や試行錯誤を重ねながら進むのである。理屈では説明できない一見無駄とも思える溢れる情熱などもあるだろう。
1864年の禁門の変で、久坂玄瑞や寺島(作間)忠三郎が自刃したり、四国艦隊下関砲撃事件によって多大な敗北を味わった長州の攘夷路線は、ひとまず終わる。長州ファイブとして英国に留学して英国の繁栄を祖国日本と比べて圧倒的な差を肌で感じた伊藤(利輔)博文、井上馨などの必死の呼びかけなどもあった。しかし、この攘夷路線による盛り上がりがなければ、倒幕など多分できなかったであろう
西郷隆盛なども、攘夷のエネルギーを倒幕のためのエネルギーにうまく利用したと言えるのではないだろうか。西郷の部下でも、当時は、このことがわかっていなかった者が多くいたようだったが、西郷には倒幕という目的のために、この攘夷という人心糾合のエネルギーが必要なことが分かっていたのだ。
吉田松陰なども攘夷路線の魁のように言われる面もあるが、洋行してこの目で外国の状況を確かめる必要を感じていたからこそ、黒船への密航を企てたのだ。最初からすべてを打ち払え、という単純な考え方であったわけではないことは明白だ。
しかし、久坂玄瑞は、吉田松陰の生き様を継承している部分がある。
そして自ら練り上げた思索・思想からも、諸侯頼むに足らず、まず自らから始める草莽崛起が必要だとの思想を持つにいたる。
久坂が陽明学を学んでいかたかどうかは不明だが、師の吉田松陰は、陽明学を学び、それを実践し、教えにも生き様にも表れていただろう。
久坂玄瑞や寺島(作間)忠三郎には、伊藤博文や山縣有朋などとは、違った使命があったとしか思えない。自分たちは果実を得られなくても、大いなる活性化エネルギーとして完全燃焼して、明治維新という化学反応を起こさせしめる役割を担ったとはいえないだろうか?
コメント

伊藤博文と井上馨の生涯にわたる真の友情 「友情に涙す」 伊藤博文直話から 

2017年05月12日 | 魂の人間学
新人物往来社から出版されている「伊藤博文直話」を読んでいる。以前も手に取ったことがあったが、幕末明治の本をよく読むようになってから再度読み直すと、話の背景や詳細がよくわかり、大変面白かった。
憲法の章も時節柄、大変有益だったが、「友情に泣く」という井上馨との友情の話も大変感銘深かった。井上が志道聞多と名乗っていた若い時から伊藤との上は仲が良く、幕末の身分制度の中で、井上の方が武士階級で身分が上なのにもかかわらず、井上は伊藤と対等につきあった。

幕末の長州ファイブとして5人の中に入った英国への密航の際にも(伊藤は井上の勧めで一緒に渡航した)、船上で水夫同様の相当ひどい待遇の中で特に2人は艱難辛苦を共にしたのだった。井上と伊藤は英国留学中に長州が下関で1864年5月10日に異国船に砲撃したという、現地での新聞報道を見て、このままでは長州が滅び、国が亡びる、という危機感を持ち、まだまだ留学期間があるのに、あとは3人にたのんだと言い残して2人は急遽帰国した。

長州は当時攘路線の真っ只中で、英国の繁栄を実感して開国を主張しても最初は当然誰からも受け入れられなかった。その中で、井上は斬られてしまう。虫の息で、もうもたないと思ったが、奇跡的に助かる。井上は虫の息の中で、伊藤に「今お前も死んでしまっては、国が滅びてしまう。お前だけは絶対に生き延びろ。ここからすぐ離れて逃げるんだ。」と伊藤を気遣っていた。

その後も、天下国家のことでは言い争いは何回もあったが、個人的な友情は、ずっと続いたままだった。そして年齢がいってから、井上が病気で入院し、若い時に井上が斬られた時のように、もうこれで会うのも最期だろうと思って看病していたが、奇蹟的に回復した後の会合で、伊藤が素直な気持ちを開陳したのだった。

話の最後は聴衆の面前で涙を流して嗚咽していたという。若いころにAボナールの「友情論」に感銘を受けたものだったが、この伊藤と井上の友情は、実際現実の例で、幕末明治の本を読んでいると、いつもこの2人が要所も登場してくる。幕末明治の日本の新国家建設の中に、こういう真の友情があったということがまたひとつの、人生の妙味、歴史の妙味を感じさせてくれる。
コメント

人工知能(AI)の進化する社会に必要な考え方

2017年05月11日 | 科学と人間
人工知能(AI)の進化する社会に必要な考え方

人工知能(AI)の進化が著しい。将棋などでも人工知能の方が、人間よりも強くなっているとか。2035年ころには、単純労働をはじめとして今の仕事の大なる部分を人工知能が担えるようになる、という説も出ているようだ。
 ただ、ここで、1点だけ間違ってほしくないのは、人間が主で、機械は従であるという原則だ。数百年後のことまではわからないが、少なくともここ数十年については、人間が自由な時間を謳歌し、自分の個性を輝かせることができるような時間を多く得るために、神経をすりへらすような単純労働や思考パターンのきまっている仕事については、機械に任せていく。
 そういう意味で人間にしかできない仕事が残っていき、機械に任せられる仕事については機械に任せた結果、今の1日8時間労働が、4時間労働になり、週休3日あるいは4日になるかもしれない。その代わりに自分にしかできない自分の個性を輝かせるような創造的な仕事をしていく社会になっていくのだろう。これが労働という意味であれば、週5日1日8時間以上働いているという社会は継続することになるが・・。
 人工知能が進化しても、その際に人間が貧しくなるようなしくみを築いてはならない。人間が単純労働、あるいは機械に任せられる仕事から解放されるためにある社会のしくみであらなければならない。仮に1日4時間労働で週休3日だとしても、現在の豊かさは維持・発展できる社会でなければならないと思うのだ。人工知能がどんどん進化していく社会においては、主客転倒しないように人間が貧しくなっていくような間違った考え方を決して入れないように注意する必要があると思う。
コメント

心を砕く

2017年03月30日 | 詩編 
「心を砕く」

道が見えない人
迷える人
苦しんでいる人
素直になれない人
持たなくてもいいプライドを
捨てられない人
様々に迷いの中にいる人がいる
その人たちへの愛の行為として
心を砕くことが大切だと思う
その人の心の状態に寄り添って
その人がより良く前進できるような
言葉をかけてあげられたら
その人が納得でき
その人の人生の助けになるような言葉を
心を砕いてかけてあげられたら
心を砕いて
心を砕いて
コメント