通勤スケッチブック

大型のスケッチブックを持ち歩くことなく、いつでも気が向いた時に描き続けていけるスケッチブックを作りたい。

朝の日比谷公園時計台

2006-05-20 06:20:15 | Weblog
少し早めに出たので、1カット15分程度の余裕を作れました。 . . . 本文を読む

連休の道路

2006-05-20 06:17:04 | Weblog
今年の連休は長かったせいか、都心はがら空きでした。 . . . 本文を読む

ランチに1枚

2006-05-20 06:14:13 | Weblog
この葉書サイズというのは、昼休みのちょっとした時間にでも描けるという意味では、適当なサイズと思います。 . . . 本文を読む

家族2

2006-05-20 06:06:39 | Weblog
人を描くのは難しいです。でも寛いだ雰囲気が伝わっているでしょうか。 . . . 本文を読む

家族

2006-05-20 05:54:44 | Weblog
公園で久しぶりの暖かい昼に、ひなたぼっこしている家族を見て、なかなか人間を描くのは難しいですが。 . . . 本文を読む

公園の前のcafe

2006-05-20 05:52:11 | Weblog
公園前のcafe . . . 本文を読む

BARの夜景

2006-05-14 18:41:53 | Weblog
夜景といっても夜は決して暗くはないので、こういうのもあるのではないでしょうか。 これはF2号スケッチブック . . . 本文を読む

一服のコーヒー

2006-05-14 18:35:50 | Weblog
出先で時間があり、ちょっと一息つきたくて、入った喫茶店の2階カウンターから窓の外に棚に並んだボトルの隙間から傘をさして歩く人影が見え隠れし、ちょっとボトルを描き過ぎたかも知れない。なかなか難しいです。葉書サイズ縦1枚 . . . 本文を読む

バーカウンターから一枚

2006-05-14 18:29:29 | Weblog
呑みに行ったバーカウンターから一枚、この頃(4月下旬)から背広の内ポケットにはいつも葉書サイズの水彩紙を持ち歩くようになり、気に入ったカットに出くわすと、ポケットから油性ペン(自分の場合は三菱PINの0.1mm)を取り出して水割りを呑みながらサラサラとようよう描けるようになってきました。これは葉書サイズを2枚隣り合わせに置いて描きました。着色は週末に。 . . . 本文を読む

ビルの中の琴平神社

2006-05-14 17:37:28 | Weblog
ビジネス街、虎の門の大きなビルの足元に琴平神社があり、その対比が気になって、 ふと足を止め、葉書版で、たぶん15~20分程度だったと思います。この頃は、まだ自信がなく、鉛筆で下書きしていました。 . . . 本文を読む