DayDreamNote by星玉

創作ノート。ショートストーリー、詩、幻想話、創作文など。

梅雨の晴れ間に夢を見た

2020年06月22日 | ソネット帳
梅雨の午後 僅かな晴れ間の
そのすきに 
夢だとわからず
そこに在るものたちに 手を伸ばし 身体を預けた


けれど どうしても
触れることができず 手は折れ 身体は傾き
心はしくしくとしたのだけれど
他に場所はなく わたしはそこに居続けた


居たのはどれくらいなのか 
永くなのか 一瞬なのか 
時は計れない 夢なので


それが夢だと
知ったのは
随分あとになってからだった







コメント   この記事についてブログを書く
« 道の先に | トップ | 星は巡り君と »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ソネット帳」カテゴリの最新記事