HOPE 

Day of Hope「希望の日」の到来は間近!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「独生女論」&「無原罪説」の原点・・・・ある先輩家庭が指摘

2017-03-28 11:03:27 | 統一家の行くべき道

お母様の「独生女論」と「無原罪論」が重要問題になっている。

このことに関して「ある先輩家庭」がその原点となる事項を解説している。

「独生女論」や「無原罪論」は突然出てきたわけではない。真のお母様がそのことを主張なさるようになった経過を知らなければならない。そうしなければ、真のお母様お一人が間違ったことを言われていることになる。そうではない。

このことを書かれている「ある先輩家庭の手紙」

(12)比国GPC報告 & "父子/兄派国メ" よ、起ち上がれ!(母子/弟派による共謀の数々①)

である。

以下「ある先輩家庭のブログ」からその一部を引用させていただく。

確か1994年あたりだったと思うが、

 "呉澤龍オ・テギョン教授(6000双)" による新原理講義案/プレゼンテーションが出されていたのを思い出しました。最初の1章2章を見ているうちに目がクラクラとしてきて、ために途中で見るのを止めました。要するに、"お母様" の存在価値を上げるのはよいが、それが昂じて "独生女論" および "無原罪説" に繋がりかねないのを直感したものです。

拙者はどうした事か、"直観力/先見の明" があるのです。

 後で知った事ですが、

 早速に "お母様" はこれに感化されて、こと "訓母/金孝南女史" のバカ息子を "韓家の養子" に "お父様" に隠れて迎え入れたのです。1995年辺りのはずです。"韓家の籍" に入れたのです。それにより、"訓母/金孝南女史" が結局は "お母様" の "義母" に名実共になったのです。

 "祭司長ザカリア家" ですら "イエスの父系" である事を2000年間も秘密に( "聖霊" によって身ごもった事に)伏せてきたというのに、2000年基督教の風上にも置けません。


"呉澤龍オ・テギョン教授(6000双)" による新原理講義案/プレゼンテーションが誘因となり、「大母様」を自称して来た金孝南(のちに真のお父様から訓母の称号を与えられ、「大母」と呼んではいけないと言われていたにもかかわらず、ずっと「大母様」と言われ続けていた。)の息子をお母様をして韓家に入籍させたことが、最終的に「独生女論:&「無原罪説」を主張されるようになった原点だとある先輩家庭は指摘しているのである。

(中間略)

ある先輩家庭は言われる。

皆さんは無知蒙昧で "付和雷同" しただけの事ですが、"お母様" を始めとする "呉澤龍教授" や "訓母/金孝南女史" や "母子/弟派(お母様支持派)首謀者たち" は鮮明に "참父アボニム" に対して叛逆、謀叛、および許され難い "不信仰・不愛・不服従" の意図をもって平気の沙汰で罪を犯した事になっていませんか。

 

金孝南訓母の関り

真のお母様の「独生女論」&「無原罪説」が出てくる経緯には金孝南訓母が関わっているとのことは以前から伝えられていた。

自らの母親、すなわち大母様(洪ハルモニ)の霊媒者・憑依者を語って出て来た金孝南に真のお母様が、心惹かれて行ったのは理解出来ないことではない。しかしその程度がある限度を超えて、実体の金孝南の息子を韓家に入れ婿にするということまでお母様が行ってしまっていたことに驚きを隠すことが出来ない。

真のお母様が復帰摂理上の様々な難しい局面の中で、実母の大母様(洪ハルモニ)にどれ程の心情を託されていたかは想像に難くない。

 

金孝南訓母の嘘偽り

はっきり言えば大母を語った金孝南。今はどのようにしているのかわからないが、「従軍慰安婦の霊」なる、ありもしない虚構の亡霊を食口たちに信じ込ませ、真のお父様をして「訓母のようにしていたら、教会は滅ぶ」とさえ言わしめた人物である。今となってみれば果たして本物の大母様が協助していたのだろうか?その後の結果を見れば「大母様」を語った大嘘つき偽霊媒者と言っても間違いがないのではないか。そういう金孝南の偽の霊言のようなものに左右されてしまったことが大きかったとも言えるのではなかろうか。これはHOPE子の推察であるが、当たらずと言えども遠からずであろう。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 今日は第58回真の父母の日 | トップ | 桜井正実さんの心がけに感銘... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

統一家の行くべき道」カテゴリの最新記事