HOPE 

Day of Hope「希望の日」の到来は間近!

2009.3.8束草メッセージ事件における顯進様の苦悩と決断 偽りの報告がなされ続けられた期間 (統一家の混乱の最終的収拾のためにⅩ 2-11)

2017-10-25 17:38:39 | 統一家の混乱の最終的収拾のために

2009.3.8束草メッセージ事件における顯進様の苦悩と決断

み言の原則から見てみれば2000年以降お父様が明らかにされ実行に移された「父子協助時代」は永遠の価値を持つものでした。2000年から200812月までの期間においてもお父様は変わらず、顯進様こそが摂理的長子すなわちお父様の継代を継いで行く長子であると明らかに語られ、またそのように実行されて行っていました。そのようなお父様の立場から見れば父子協助時代を否定することは天の摂理に対する明白な反逆行為にほかならなかったのです。

ところが200938日、束草で、お父様は顯進様に対して「真の父母様に関する勉強とカイン・アベルの関係を勉強するように」との指示を出されたのです。これは、父子協助時代の原則から見ると考えられないような指示でした。何故このような指示をお父様はされたのでしょうか?

このような指示を受けた顯進様はこの事態をどのように受け止めて行けばよいのか、まさに地獄のどん底に突き落とされたようなお父様の処分に、血も凍つくような衝撃を受けられたに違いない。この時の一連の経過はあらためて紹介し、深刻な事態の実態を明らかにしていくが、最終的に顯進様は深い決意をこの時に固められて出発して行かれるのである。



顯進様に関して偽りの報告がなされ続けた期間

 その日、束草の天正院に集まった幹部たちの目の前でお父様は突然のごとく顯進様を公職から降ろし、金孝律氏にその内容をまとめさせられたましたが、(み言選集609巻147ページ) この出来事を起点として統一家は、大患乱時代を迎えることとなりました。その期間は2009年から2015年までの7年間でした。(お父様は1960年代に7年の大患乱時代の到来を予言されたみ言が残っています。) そうして2015年以降、それまで隠されてきた全てが顕わになる時を迎えているのです。

 

200809年、二度にわたって、顯進様は亨進様と金孝律氏によってアメリカ総会長職を剥奪されるという暴虐に遭遇しました。もとよりそれはお父様の指示もなく、またその事態がどのように進展して行ったのかと言うこともお父様には寸分も知らされてはいませんでした。(人事処置の誤用と言う重大な違反行為が繰り返されてきていたのですが・・・)

 さらにその偽りの集大成のように、2009年の38日を前にしたこの期間に顯進様に関する虚偽の報告がお父様に対しして集中的に行われました。そしてその偽りは際限のないものになって行きました。あり得ない偽りの報告がお父様の心を乱し、その混乱が束草の天正院で爆発したのです。すでにこの頃顯進様に関して誤った報告を遮るものが誰もいなくなってしまっていました。この期間は顯進様による世界194か国超宗教平和運動の特別巡回の期間であり、顯進様の真実を知る幹部は世界巡回の顯進様と共にあり、お父様の周辺にあるごくわずかな幹部と真の家庭の何人かとしかお父様に様々な情報を提供する者がいない状態が出来上がってしまっていたのでした。しかも顯進様に対する虚偽の報告は用意周到に準備され、この期間にお父様に対して集中投入されて行ったのです。

お父様が顯進様を罷免された理由の悉くが顯進様に関する悪質な嘘と偽りの報告が繰り返し行われて来たことの証拠である

深刻な事態に直面した顯進様であるが、このような事態にもかかわらず、顯進様はお父様への忠孝の思いと神様の任されたみ旨に向かっての深い決意を固められていくのである。





ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 櫻井正上兄の「祝福家庭の皆... | トップ | サンクチュアリ教会の真のお... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
真のお父様を見失っている (N・N)
2017-10-25 21:37:43
~~~ここから、顯進様は山にこもりご自分の信じる神様に祈って、決断されたのですね。
身動きの取れない騙されている哀れな真のお父さまだから、
そのアボニムのそばでは真のみ旨がなせないと判断され、そばを完全に離れて、独自に歩まれていくのですね!それから、3年半の期間はお父様はだだ、騙されたままの年老いた方で、語られたみ言葉は意味がないのですか!
再臨の主の最後の重要な期間をおそばで歩まれた方は亨進様家庭でした。最後に語られた尊いみ言葉と心情を相続されています。お父様は顯進様がそばに残ることをどれほど願いそうしてくれることを信じておられたでしょう!!韓オモニ、顯進様はどちらも、私がアボニムをお救いしたといわれますが、お父様は絶対的基準で勝利されておられて地上におられる時も、霊界に行かれてからも神様と共に摂理をすすめておられます。3年半の顯進様の真のお父さまとの関係においての空白は決定的なことです。今は、どんなに華々しい世界的平和運動を展開されていても、真の神様と真のお父様の主管のもとには悲しけれど、ないとおもいます。
天が共に居られる方 (ryuubi)
2017-10-25 23:05:14
事実を知らなければ真実は見えて参りません
本日記の記述に間違いがあるのでしょうか?
家庭連合であれ、サンクチュアリであれ、天のみ旨の為に誠を尽くせば良いのであって、
何れ、神様が共に居られるかは、その為す業によって証明されます
より人類の為に、神様のみ旨の成就のために成れるか
善の競争をすべきでしょう

コメントを投稿

統一家の混乱の最終的収拾のために」カテゴリの最新記事