黄昏の裏街道

天国により近い老害男のブログ。いい加減な記事が多いです。カテゴリーで「削除対象」記事は一両日中に削除します。

L'amour C'est Pour Rien

2022年12月05日 08時56分21秒 | 削除対象の投稿

 

真夜中の激戦 12/5(月)24:00

日本  vs.  クロアチア

 

おはようございます。本日は晴天、風穏やかな月曜日開始です。

昨夜は、眠れずに「W杯=フランスとポーランド」を観戦した。

 

ちょっと気になったのは既に試合は終わっていたと思われる

最後の状況下、ロスタイムの時刻は完全に過ぎていた。

しかし、審判は笛吹かず。試合続行は、延長の延長か?

 

突然にビデオ判定でPK宣言はチョットチョットでした。

にわかファンの私はそれには大いに疑問でした。

 

こういうことは良くあります。ですがこのファウルの原因は

既に終了したと思われる試合を引き延ばした結果です。

 

簡単言えば、終了笛を吹くのが遅すぎ無理に試合を継続した

でのファウルですから疑問が多い?

 

そこで、PKを開始。しかし、これを見事にGKが回避した。

凄いなあ~と感心していると、なんとこれをやり直しです。

 

ボールを蹴る前にフランスの選手が前に飛び出したのが原因。

不思議な選手です。3-0で明らかに勝っていた試合ですよ。

どうして前に出ていくの?これが理解不能でした。

 

結果は、2度目のやり直しのPKシュートが成功です。

全く信じられない終わり方には唖然としました。

なので「3-1」で終了した。あの選手は罰金物だろう?

 

笑ってはいけませんが反射的に飛び出したのは意味不明。

試合に勝ったとはいえ、あれは母国でブーイングだろう?

 

お話は変わって、既に終了した幸運の勝利チームは.....

調べてみました。次のような状況です。

 

  ベスト8入り = 決定4ヶ国

 オランダ   3 - 1  アメリカ 

 アルゼンチン 2 - 1  オーストラリア

 フランス   3 - 1  ポーランド

 イングランド 3 - 0  セネガル

 

 

 

Comment

My Sorrow

2022年12月04日 19時41分17秒 | 削除対象の投稿

 

楽しい日曜日も終わり明日への準備の方も多い思います。

きょう一日が無事にすんでほっと一息、至福の時間です。

いつもご訪問有難うございます。お先に失礼します。

 

 

 

Comments (2)

Al Di La

2022年12月04日 16時58分12秒 | 削除対象の投稿

 

先日、相棒はいつもの様に銀行のATMへ出かけた。

すると、跡形もなく消えていたと憤慨していた。

仕方なく、いつもの支店に出かけると既に看板はなし?

 

張り紙を見て、次の支店に出向いた様ですが遠いんです。

私は、銀行とは全く縁がありません。全て相棒任せです。

何しろこの50余年間以上に通帳と残高は聞いたこともない。

 

過去には、内緒の口座が2つ、競馬用と株式様ですが

放置してから何年になるか記憶にありません。

ネットでの塩漬け株が少しありますが動かすつもりもない。

 

そこで、気になったのが、あの口座が生きているのか?

やれやれ面倒なことになってきました。カネには無頓着です。

いったい何処に行くと問題解決できるのか?ちょっと気になる。

 

世の中の方々は、こういうのをどうしているんだろう?

ネットバンキング?コンビニで手数料が余分でも対応?

それとも、ATM探し?全く見当もつかない。

 

なんでも携帯に嫌悪感のある老人は徐々に社会から排除?

運転免許も放棄すると、歩いていける距離ではない。

頼りは相棒の元気な体力ですが、私が残されると悲劇か?

 

来年はどうも銀行窓口は、お昼時間休みを開始するらしい?

働く人のことを考えると妥当だと思いますが閉店時間は15時?

 

顧客との対面時間は更に減少です。これってどうなの?

何だか、ドンドンと社会の片隅に追いやられていく?

 

生きていくのがより大変な時代がそこまで来ている?

嫌な世の中になってきたというのが実感です。

 

 

Comment

Never on Sunday

2022年12月04日 13時56分58秒 | 削除対象の投稿

 

おはようございます。先週は凄く長かったと感じました。

なにしろ昼夜逆転で一日の区切りが全く曖昧でした。

そこで、やっと日曜日を迎えました。疲れ気味です。

 

昔の古い映画でNever on Sunday(日曜はダメよ)

ギリシャ映画、舞台は最大港町ピレウス(Piraeus)」です。

 

港町には色々なロマンスがあります。そこで、楽天的で

破天荒な女性「イリア」との出会いから始まります。

 

彼女は、No Face(顔役のバックを持たないフリー)の娼婦。

そこで、ギリシャ研究者の米国人・ホーマーが恋に落ちる。

 

こういう傾向の映画は他にもあります。同じギリシャの港町を

テーマにした映画が夜霧のしのび逢い=The Red Lanterns

クロード・チアリによる主題曲「La playa」があります。

 

特に気になるのがギリシャ楽器・ブズーキですが音色が

マンドリンに似ていて素人の私には違いが分からない。

形状もマンドリンに酷似している弦楽器です。ちょっと金属音?

 

映画の内容は至極単純ですがその国の文化を深読みすると日本

との違いが良く分かります。考え方が実にユニークです。

 

Comment

2343 自由への挑戦

2022年12月01日 11時09分27秒 | 雑談の話 (Silly talk)

 

おはようございます。きょうの天候は晴れ時々曇りです。

ちょっと気になるのが中国のデモはどうなのか?

フラストレーション満載と怒り不満が爆発しそうか?

 

これを強制的に抑え込み作戦はモグラたたきの感じです。

そこで、さらに発展して過去の様な大規模なデモになるか?

 

天安門事件は1976年と1989年にあったが現在に至っています。

あれから33年後で現在のコロナ禍の対応に不満が再発です。

 

いい加減で無責任な分析をすると、次のような感じです。

まず、デモ・騒乱・クーデター及び革命とはどう違うのか?

 

デモ・騒乱は、単に無軌道に庶民が不満の意思表示ですから

大きな政治問題にはならない。比較的に静かな不満行動です。

 

クーデターの場合は、武力的な行動によって政権を奪い取る

なので、軍事行動がなければ政権は取れないということです。

或いは、軍事部隊を味方に取り込む必要があります。

 

これをミャンマーで考えた場合、国民支持のデモがある意味で

勝利したんだろうと思いますが結果が悪い。

なので、残念ながら依然として国内の紛争は終わっていない。

 

何故なら、政府政権の主導者が代わっただけで何も変わらない。

要は、過去勢力を含む軍人主導者が政権を握り独裁的な政治に

なっただけです。

 

アウンサンスーチー氏は軍事を味方として民主主義勢力を奪還

できなかったからです。民衆の味方はあっても軍隊に負けた。

従って、クーデターが「革命」にはならなかったのが失敗か?

 

革命とは、現政府を完全に廃止し国民の利益を求めて悪しき

支配者を完全に排除することです。

 

では、どんな感じなのかを冷静に考えた場合.....

「デモ・騒乱」 ➡ 「クーデター」 ➡ 「革命」

ここまで到達しないと、国民主導の政権で民主主義を奪還

できそうにもないのが現実です。

 

簡単に言えば、綺麗ごとの思想闘争は、不満ばかりのデモに

統制できる武力(軍事、警察)を実効支配しないとクーデター

だけに終わる。

 

なので、これらを味方にし国民主導権を握らない限り民主主義は

手に入らないと思う。どう考えてもやはり血は流れるのが現実?

無血だったのは、「ドイツの東西統一」だったと思います。

 

これをミャンマーから学ぶと、アウンサンスーチー氏は軍事に

負けたことになります。

要は、クーデターに終わり「革命」には大失敗したことになる。

 

従って、現在も国内では相当な戦いに発展して多くの犠牲者が

出ています。戦いは終わらない。

 

独断と偏見で言わせてもらえれば、彼女は単に理想を追いすぎ

現実の世界での判断力が欠如していたと思われる。

綺麗ごとより実際に軍隊を掌握しないと「革命」は達成しない。

 

お話を中国に戻すと、政権奪還と民主主義を獲得できるか?

現状からみても基本的に中国は変わらないだろうと思います。

 

当局は「社会全体の安定を効果的に維持する」と公言した。

敵対勢力による浸透・破壊工作には毅然として痛撃を与えると

説明していますから物理的に無理だと諦めるしかありません。

 

世界では、米国が抗議活動を支持する見解を表明した。

それに加えて、国連人権高等弁務官事務所は人権重視に沿い

抗議に対応するように発言しているだけです。効果は皆無です。

 

この点から言えば、理想に燃えてみえも、現実を直視しながら

戦いに血を流さないと「平和」は奪還できないと思います。

綺麗ごとで世の中が変わることは限りなくゼロに近い?

 

理想から言えば、軍隊を掌握できる民主主義の政治家が現体制に

対抗できるか?だと思いますが共産主義者の中には存在しない。

 

従って、現在の共産党が資本家を含めて大きく民主主義に変貌

しない限り明日の未来は輝かないと思います。

 

無責任な戯言ですから真剣にお読みになることは避けて下さい。

悪しからず。失礼しました。

 

Comments (2)