広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

不思議な島へ ~明らかに変な物編~

2004年04月30日 | 沖縄不思議ワールド
とまぁ先ほどのエントリーは過去のお話であったのですが、
今回僕がここに来たのは明らかに変な物があるからです。
それをねたとして拾いに来ました。
まず一発目、写真を出しましょう!!



シルミチューのすぐ近くにあるのですが、明らかに変ですよね。
だって岩の断面見てくださいよ。
水平に切れてるじゃないっすか!!

しかも上が水平に切れて平らになってるならいざ知らず、
下が水平に切れてるんですよ!!!
高さは大体20mぐらいありますね~。

最初シルミチューに来た時にこれ見た時はマジ「なんじゃこりゃ」って思いました。

自然界には直線はないってなんかの本で読んだ事があるのですが、
これ人の手でやったんですかね??
いやー、人の手でやったとはにわかに考えられないッス(^^;
まったく持って謎。
明らかに変です(=^^)9イエェー

そして今回シルミチューの周りを散歩したのですが
さらにもうひとつ発見してしまいました!!
発見した瞬間「やっぱ聖地なのかねぇ」って
思いましたよ~(笑)

皆様は斎場御嶽(セイファーウタキ)って知ってますか?
ますは写真をご覧ください。




琉球王家の聖地で世界遺産、これは超メジャーっすよね。



そして僕が発見したのがこれ。




・・・似てますねぇ。。。

この連想はあくまで僕個人的な連想で、
皆様は「ぜんぜんちがうじゃん~」と思うかもしれませんが、
これがあるのは事実ッス。

中には拝所(うがんじゅ)が設けられていて僕は手を合わせました。
上を見上げるとこんな感じです。





そこは風通りがものすごく良くて
めちゃくちゃ気持ちよかったです。(^^)

←沖縄情報満載画像一覧新着記事

コメント (2)

初泳ぎ中~!

2004年04月29日 | 海!!

今日は天気がいいので
家に引きこもっている場合ではないと
初泳ぎにやってきましたっ

水温はちょい冷たいですけど
なれれば問題ないっす(=^^)9

さあがっちりおよぐぜ~っ


←沖縄情報満載画像一覧新着記事
 

コメント (7)

不思議な島へ ~神憑依??~

2004年04月29日 | 沖縄不思議ワールド
さっきのつづき~

僕は興味津々で洞窟の前で待機しています。
洞窟内の状況は良く見てとれません。

するとおばさんが不思議な呪文(??)のようなものを唱え始めました。
いやよく聞くとウチナーグチですね、
しかもこれはおじーおばーたちの使う方言とは異質なもの、
なんか詠唱に近い不思議な響きがします。
古い言葉、多分おじーおばーが聞いてもわからないような・・
まるでおもろさうしのような・・・
もちろん何を言ってるのかさっぱりわかりません。

ふと詠唱が終わると泣き声が聞こえてきました。。。
詠唱していたおばちゃんです。

何を言っているのか微妙に聞き取りにくいほどの声が
洞窟に響いて外に聞こえてきます。

断片的に拾える単語は「おかぁさんが・・」とか
「その土地が・・・」とか
「今は・・」とか。

外に出る音では脈絡すらつかめません。
ですが『何かを伝えている』って感じでした。

そして今度は一緒に入っていったおばちゃんが泣き始めて・・(^^;
傍観者の僕にはいったいどんな状況なのかさっぱり。。。


そんな事が30分ほど続いた後、
中からおばちゃんらが出てきました。

僕はとりあえずおばちゃんにつっこみます。
「神様がきてたんですか??」

するとおばちゃんが
「そうだよ~、かみさまにね~、いろいろな事をおそわっていたんだよ~。」と

それ以上突っ込むのはなんだか勇気がなかったので話を変えて
「それじゃ僕も中でおまいりしてもいいですかね~」と

するとおばちゃんが
「今まだかみさまがいるはずだから今のうちがいいよ~」って。

・・・そうかまだいるのか。。。。
こんな時ってなんかびみょ~ッスよね。
なんか未知の物なので躊躇しましたが、
「えぃ入っちまえ」と洞窟の中に入りました。

まず1m入ってびっくりしたのが『寒い』
まるでエアコンを最大にがんがんに冷やした感じです。
その時知り合いのカミンチュの人が言っていた事を思い出しました。
「強い神様がついている人が知り合いにいて、
その人が家に入ると気温が下がるんだよねぇ~」と

つまり[神様がいる=気温が下がる]
って事はこれって見えないけどいるのかなぁ。。。(^^;

中には祠があってなぜか赤がわらの屋根です。
恐れ多くて写真なぞ取れなかったので
これは行って確認してください(笑)

いちおお参りをして外に出ました。
外はやっぱ暑いです。
中に入るのは初めてだったし、もしや鍾乳洞だから寒かったんかなぁと思ってると

家族連れの方々が階段を上ってきていました。
別にどうって訳でもなく観光に来た感じですね。

僕に
「中に入っていいんですかねぇ~」と聞いてきたので
「だいじょぶっすよー」と答える。

子供が入っていって「さみぃ~」とか聞こえてきます。
やっぱさみぃよなぁー(笑)
2,3分わいわいがやがやして行くと下へ降りていきました。

そこでもう一度確認の為に入ってみるとーーー。



ぜんぜん寒くないんですよ( ̄口 ̄;)ガーン
外の気温とまったく同じです。

という事は神様が帰ってしまった=ほんとに神様はいる!?

・・・・僕の認識の外にある事になってきたので考えるのをやめました。
人生そんな時もあるさぁと(笑)

取り合えず僕はそこから離れる事に。

謎な事もあるもんだと思いながら階段をゆっくり下りていきました。



←沖縄情報満載画像一覧新着記事
コメント (2)

不思議な島へ ~シルミチュー~

2004年04月29日 | 沖縄不思議ワールド
先ほどの宝くじ売り場を越えて進むと
メインなスポットシルミチューがあります。

ではまず浜比嘉島にはいったい何なのか?
それは沖縄の神話に深く関係する島なんです。

■神々が住んだ島
琉球の国づくり神話によると、アマミキヨ、
シネリキヨの二神は天帝に国づくりを命ぜられ、琉球の島に降りてきました。
二神は天帝から石や土、草や木をもらって人が住めるような土地にしました。
そして、天帝はそこに男女二神を住まわせました。
やがて女神は三人の男子と二人の女子を産み、長男を王に、
次男を按司に、三男を百姓に、長女を神に仕える女神官のかしら聞得大君に、
二女を村の神に仕える女神官のかしらにしました。
こうして人々の役割が定められ琉球の歴史がはじまったといわれています。
勝連町商工会HPに掲載されています神話の概略より~

この上の2神「アマミキヨ」と「シネリキヨ」の霊場がこの島には存在するんですね。

ひとつはアマミチューの墓。
>>wonder沖縄 アマミチューのページへ
アマミキヨがその墓へと入っていった言い伝えがあり、
毎年、年頭拝みには比嘉のノロ(祝女)が中心となって子孫繁昌、無病息災、
万年豊作を祈願して島人たちで祝うという。


そしてもうひとつがシルミチューの霊場



入り口にはこの鳥居があり、
その横には説明文がが書かれていた。


------------------------------------------------------------------
勝連町指定文化財6号  民族資料(無形民俗文化財)
  シルミチュー
 宇比嘉の南南東端の森の中に大きな洞穴がある。地元では琉球開びゃく
祖神、アマミチュー、シルミチューの居住した所と伝えられている。毎年、
年頭拝み(ニントウゥグワン)には比嘉のノロ(祝女)が中心となって海
浜から小石一個を拾って来て、洞穴内に安置された壷に入れて拝んでいる。
また洞穴内には鍾乳石の蔭石があり、子宝の授かる霊石として崇拝され、
信仰圏の広い貴重な霊場である。

文化財保護条例により、勝連町文化財に指定します。
  平成7年2月20日 勝連町教育委員会
-------------------------------------------------------------------

この108階も続く石階段の上には洞窟がある。
階段をぼちぼち歩いていくと鉄格子が見えてきます。

これがシルミチューの霊場ッス。

 

この洞窟の奥に祠があり、そこで祭祀が行われるようだ。

しかし以前ここで不思議な体験をした事があるんですよ。
正しくは「そばで見ていた」って感じですけどね。

ここ「シルミチュー」ってなんか気持ちのいいところなので
よくドライブで来たりするんですよ。
去年の8月ぐらいにふらっとここにドライブで来ていて
洞窟まで上がり少し休んでいたのですが、

その時おばさんが3人ほど階段を上がって来たんです。

そこには明らかにカミンチュ風のおばさんがいて、
僕に挨拶したあと連れのおばさんと洞窟の中に入っていきました。


何するのかなぁと、思ってぼけーとしてると、
洞窟の中からで話し声は聞こえて来ます。
カミンチュのおばちゃんが唐突に
「じゃぁこれから話をしていた神様をお呼びするね」
と言い出したのだ。

僕は内心(えぇ?まじっすか??)と思いました。
「神様」を呼ぶ!?
なんじゃそりゃと。

どうせだから一部始終を見届けようと洞窟前で待機する事にしました。

つづく

←沖縄情報満載画像一覧新着記事


 

不思議な島へ ~途中にあるなぞなもの(笑)~

2004年04月28日 | 沖縄不思議ワールド
港から離れてある場所へと進んでいたのですが
途中に一個わけのわからないものがあります。
それがこれ!!



畑の中に宝くじ売り場!!
これはディープコザ発・沖縄ブログさん所でも紹介されていました。
寂しい光景

なんなんですかね?明らかに機能しておりません(笑)
でもここでほんとに売られていたらもしや当たるかもしれませんね(^^)

とりあえずこれが序の口です。
いや入り口って言った方がいいですね。

更にねたは続きますっ

←沖縄情報満載画像一覧新着記事
 
コメント (4)

不思議な島へ ~みちくさ海中道路編~

2004年04月28日 | 沖縄不思議ワールド
内地から来る友達なんかに
「海中道路って海の中にガラス張りのトンネルがあってそこを通れるの?」
そう聞かれて「むむっ」と思う時があります。
確かに自分も子供の頃「海中道路」って聞いたら
そのイメージを持ってました。
水族館の中を走るみたいな(^^;

そうじゃないんです。海の真ん中を走るから「海中道路」なんです。



長い橋が勝連から宮城島まで架かっていて
そこからさらに浜比嘉島や伊計島までドライブできます。
それが最近ではドライブスポットとして人気なんですよ(^^)
位置情報MAP

この海中道路上で海水浴ができるし、マリンスポーツも盛んです。
そしてあやはしの駅という道の駅みたいなものがあって
色々な物産品を売っています。



特に面白いのは地元のバンド「HY」のグッズなどを売っていて
ファンの方は遊びにこられると吉です(^^)

さて今回僕の目的地は神聖な島、と呼ばれている「浜比嘉島」です。

↓コレ


神聖な島って言う事を知る以前から僕は好きでここをよく訪れていました。
なんかおもろいんですよ。
不思議なもんがいっぱい転がっていて(笑)

さぁ浜比嘉へと降り立ってみましょう~~


ぶいぶい走ってまずは港へ
そこで弁当をいただきました。
目の前ではタオルを巻いたおっちゃんが悠然と釣りをしております。


天気がいいと気持ちがいいですねぇ~。


空と海とサイコーです(=^^)9イェー
ちょっとご飯を食べて30分ほど昼寝を。。

そして不思議な場所へと行ってみるのでした。

~つづく~
←沖縄情報満載画像一覧新着記事
コメント (3)

勝連城へ!!

2004年04月27日 | 沖縄 
沖縄で登録された世界遺産のひとつ勝連城址です。→位置情報MAP
僕の中ではかなり好きな場所なので今回写真を撮ってきました。
では早速登ってみましょう。

まずは道に標識を確認!!


さぁ登って行きましょう(^^)



細い一本道なのですが車でブイブイ登っていきます。
すると少し広場になっていてそこが駐車場ですね。



上へと続く階段をテクテク歩いてあがります。



城壁と空と中城の海が綺麗だなぁ。



一段目に到着。
ちょっとしたテラスのようになってまして、中心に一本の木がありました。
あれはガジュマルかなぁ。



だんだんてっぺんに近づくにつれて景色も良くなってきます(^^)
階段をぼちぼち上がってふぅーと一息。




そしてやっと一番上に!!
とにかく風通しが良くて気持ちがいいです(=^^)9

中城湾や海中道路が良く見えます(^▽^)



てっぺんから見ると下のテラスはこんな感じですね。


勝連城の基本データはこちらへ→勝連城址(Bali&Okinawaちゃんぷるー)

そしてNTT西日本が作った「琉球遺産」より勝連城址の映像がみれます。

琉球遺産 勝連映像

どちらもブロードバンド推奨っすね。

←沖縄情報満載画像一覧新着記事

コメント (4)

黄金のフナ

2004年04月27日 | 小ねた


去年の7月頃上記の通り、僕がお遊びで地元新聞社にメールしたら
すぐ取材がきました~。ねたが不足してるのでしょうか(^^;

沖縄タイムス ~金色変身、フナ不思議/恩納村役場の2匹~

取材に来た次の日に、一面で出てたのでびっくりです(笑)
そしてTVも・・・・・
もし見た事ある方、かりゆしフェアを着てたのは僕です(=^^)9イェー

ネットで調べると愛知県稲沢市の昔話で「金のフナ」話が。。。
金色のふな

ここに実物がいますって教えてあげたいッスね。
ちなみに他の課には「銀色」もいます(笑)

←沖縄情報満載画像一覧新着記事
コメント (6)

嘉手納マリーナ見学

2004年04月26日 | 海!!
先日米軍施設、保養地である嘉手納マリーナに言ってきました。
ここは国道58号線のネーブル嘉手納付近にあるんですよー。位置情報MAP
昔は日本人は入れなかった見たいなんですけど今は見学ならOKみたいですね。
いや、知り合いがここでビーチパーティをしたって言ってたので
施設の利用等もおっけーなのでしょうか?

これが目印の看板です。↓


その中ではアメリカンな人々が楽しそうに泳いでおりました。
シーカヤックや、ヨットハーバー風景がアメリカンですねぇ。



離れ小島にもいけます。


ちょうど引き潮で人が上がっていました。
ここは沖縄の米軍施設でも入れるところなので
ねたに遊びに行ってもいいのかもしれませんよ(=^^)9

←沖縄情報満載画像一覧新着記事


パッションフルーツゼリー

2004年04月26日 | 食べ物


パッションフルーツって知ってますか??
熱帯果樹のひとつで沖縄でも盛んに栽培されているのですが
甘ずっぱくてスウィーティな味がします(^^)
少し変わってるのが種ごと食べるんですよ。
最初は不思議な感覚なのですがこれもまたうまいです!
そして生を冷やして食べるのもうまいのですが
そのまま凍らせてシャーベット状にしていただくのもあり(=^^)9

そのぱっしょんな果実を
搾り取ってゼリーにしたのがこれ↓

 

オレンジ色でパッションな甘酸っぱい香りと
つるつるしたのどごしがホントうまいっす(=^^)b

僕的にオススメな沖縄の果実でしたぁ。
←沖縄情報満載画像一覧新着記事
コメント (8)

今日のヒット看板

2004年04月25日 | 小ねた
えぇ~と本日は更新こんな遅い時間になってしまいました。
今日は朝からネタ拾いのドライブで沖縄の勝連に行ってきたからですー。
そして今までバイトで(^^;

そんな今日なのですがマジ納得させられた看板があったので
小ねたとしてアップしようと思って。

それはこれ↓


『子供は親の言うようには育たない。親のするように育つ』

子供は親の背中をなんだかんだで見ているじゃないですか、
僕の場合、高校の時日本一週に行ったのですが
それって親父が高校2年の頃やったって言う体験を聞いたからなんですよね。
だから「俺だっていけるさ!」と思って金ためて行ったんですけど。。。。
そういうのが頭の中でフィードバックされて
結構あるかもしれないなぁと僕は思いました。

そんな今日の小ねたは全然沖縄に関係ないかもでしたぁー。
←沖縄情報満載画像一覧新着記事 
コメント (2)

丸っこいっすよね!!

2004年04月24日 | 食べ物


そうですっあれですっ(^^)
「さーたーあんだぎー」です!!

これはもう沖縄の伝統的なおやつーといえば
ちんすこうに負けず劣らず有名なこの丸っこいやつ!!
作り方や素材で味が変わってくるのですが
やっぱりできたてのあちこうこうがダントツにうまいっす!!

そしてこれは地元のおばちゃんが我が職場に持ってきたものなのですが
これがまたうまかったです!!
少し前までの「さーたーあんだぎー」といえば
「ちょっと固めの丸ドーナツ」って感じでしたが
最近は地元のおばちゃんも工夫を凝らしているらしくて
このさーたーには『良い感じの柔らかさ』がありました!

甘さも控えめでGOOD!!

このさーたーはフツーのさーたーなのですが
最近は黒糖、紅芋、コーヒー、かぼちゃ等色々なフレーバーが出てきております。

それが結構うまいんすよ(=^^)v

そんなわけで関連リンク集へ

月のかほり ■サーターアンダギー
■ちゃんぷるーひろば ~サーターアンダギーを作る~

←沖縄情報満載画像一覧新着記事
 
コメント (10)

かぼちゃはそれを我慢できない。 さんへトラックバック!!

2004年04月23日 | トラックバック
BLOG徘徊中にこんなエントリーを見つけましたのでトラックバックさせていただきます(^^)


かぼちゃはそれを我慢できないさん

あたしの選ぶ沖縄料理ベスト3!!を募集中です。
沖縄料理と一口に言ってもたくさんあるのでどのようなのが出てきますかねぇ(笑)

えっ?ぼくですか?僕はもうコメントに入れて来たので行ってみてください~。
ベタベタですけどね~。
←沖縄情報満載画像一覧新着記事 
コメント (5)

沖縄の海が赤く染まる時

2004年04月23日 | 海!!
それは夕焼けで染まるんじゃないんです。
大雨で染まるんです。
真っ赤に。

今日は沖縄雨に見舞われました。
海は真っ赤に染まりました。


・・・・びっくりした方もいたのではないでしょうか、
これは沖縄の弊害・矛盾のひとつです。

沖縄の海、それ自体が財産なのにこの光景を見るといたたまれなくなります。
なぜ沖縄本島の海が離島に比べてあまり綺麗でないのか、
まさしく原因はこれなんですよ。

沖縄の土壌は赤土で覆われています。
農地開発等をするたびに掘り返されて
その掘り返された所に雨が降るとその農地から
赤土か流れ出してしまうんです。


集中豪雨で畑からあふれる赤土


水圧で石の蓋が持ち上がってしまっています。

沖縄の山を開発すると沖縄の海が荒れてしまう。
でも沖縄は公共事業が多いのでそれで食べている人達を養う為にも
開発は進んでいきます。
もちろん開発する事で林道が出来たり、道が出来たり、畑が出来たりして
人の生活は豊かになりますが、
沖縄は観光立県、まずは自然を大切にしていかないとやばいです。
でも観光で食べていけている人が多いって訳でもないです。

いろんな矛盾をはらんでいます。

■関連リンク■
森を伐ると赤土がでるか?-沖縄の赤土流出問題-
現状写真報告 沖縄・サンゴの海
沖縄県自然環境問題・迫り来る赤土
赤土汚染が起きる仕組み

←沖縄情報満載画像一覧新着記事
 
コメント (18)

沖縄の西と東

2004年04月22日 | 沖縄 
沖縄の中心にはアメリカ軍基地や山があるので
沖縄を西と東で分けた場合、かなり特徴があると思います。
イメージ的には西は観光地や娯楽施設が豊富で華やかな感じで
東は沖縄の実生活という重要ですけどちょっと地味な感じでしょうか。

これは道沿いをドライブしていてもわかると思います。
西の国道58号線をドライブしてみる風景と
東の国道329号線330号線をドライブしてみる風景とは全く違いますからね。

で、不明確な情報なのですが「西の華やかさ」は風水的にみてると
「黒潮」って言うのがキーポイントらしいんです。

沖縄ってどこに黒潮が通っているか知ってますか?
僕は前々からもちろん太平洋側(東)に通ってるだろうと思ってたんですけど
実は東シナ海側(西)に通っていたんですね~。


不思議な蛇行をしております。

でも沖縄の歴史的に見ると当然なのかもしれません。
沖縄では昔から西の方が栄えておりまして、
琉球王国時代は貿易が中心→黒潮に乗るための港が西に作られる
→港には人が集まる→南北の港間の交流が盛んになる
→現在の58号線のインフラ整備が行なわれる。
とまぁこんな感じで発展していったのではないでしょうか。


東海岸側的な特色はやっぱり生活。
329,330は生活道路or産業道路で沖縄で多い公共事業関連の工具や資材を扱ってる店が多いし、
沖縄で生活するのに絶対必要な「自動車」を売っている宜野湾中古車街道も329沿いにあるし。

そしてラジオで聞いたのですが『久高島の先にあるというニライカナイに遠慮して・・・』
つまり神々が住む方向で騒がしくしてはだめだとか・・・・(^^;ドウナンデショ

だけどそれを裏付けるように東海岸には御嶽(うたき)が多い気がしますね。
蛇足なんですけど東御廻り(あがりうまーい)なんてのもあるし。

東と西、もっと観察してみると面白いかもしれませんね~。

←沖縄情報満載画像一覧新着記事
 
コメント (7)