リテーナーを使って後戻りを阻止しよう!

歯列矯正におけるリテーナーの意義

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

予防歯科の重要性

2013-11-29 14:11:34 | 予防
いつもの歯のブラッシングを念入りにすれば、
この3DSの効能でムシ歯の菌の除菌された状況が、
大半の場合は4ヶ月から6ヶ月くらい継続できるようです。
虫歯や歯周病は細菌による感染症です。
どちらも“なりやすい人”・“なりにくい人”の個人差があります。
歯科医院での定期健診とご自宅での
口腔ケアをきちんとおこなえば予防することは
可能とされていますが、
“なりやすい患者さん”にとって
予防が大変難しいことは事実です。
そのような方にお勧めなのが、
虫歯菌や歯周病菌を除菌する治療「3DS」です。
審美歯科等でも受けられますので、
これから真剣に歯の健康を考えるのであれば、
総合的観点から治療の提案が出来る
審美歯科がおすすめです。

審美歯科の治療現場で
一般的にセラミックを用いるケースには
例えば差し歯の入替えなどが実用法としてありますが、
詰物としてもこのセラミックを
役立てることができるみたいです。

綺麗で整った歯列にしたい人は、
そつなく審美歯科を活用するのがおすすめです。
優秀な審美歯科では総合的に見て
万全なに医療を提言してくれる強い味方です。

審美歯科での治療は見かけだけでなしに、
歯列の不正咬合の修築をし、
その所産としてもともと歯が持っている機能美を取り戻す
ということを追求していく治療の方策です。

例えば歯冠継続歯が
黄ばんでしまう要因としてあげられることは、
さし歯の色自体が変色してしまう、
つぎ歯の周囲の歯が色あせてきたの
2つのことがあり得ます。

審美面でも仮歯は大事な使命を担っています。
両目の間をまっすぐに繋ぐ直線と
前歯の先端が平行でなければ、
まるで顔の全部が曲がった感じがします。
審美歯科では患者様の歯列による
精神的な負担を軽くすると言う役回りもあります。

奥深い歯周ポケットという
歯と歯茎の隙間には歯垢が
非常に溜まってしまいやすく。
このように積もり積もった際には、
歯ブラシでのブラッシングだけおこなってみても
残念ですが完全に取り去るのは不可能です。

インプラントを実施する長所は、
入れ歯の問題を補うことや、
本来の自分の歯に近づけるように
出来てしまうことやことなどが想定できます。

病気や仕事で疲労が重なってしまって
体力が著しく衰えたり、
栄養の状態が取れていない食事が続く等で
体調が万全ではない容体に変わってしまうと
口内炎が出現しやすくなってしまうとのことです。

噛みあわせの問題の中でも
前歯が頻繁に当たる状況だと、
噛みあわせる毎に強い衝撃が
上の顎骨の前の方や鼻の骨に直接集まってしまいます。
噛み合わせは日常生活に深く関わってくるだけでなく
ちゃんと噛めない事により、
健康を害する場合もあります。
噛み合わせに疑問を感じたならば
歯列矯正を専門とする歯科医に
しっかりと、相談した方が良いでしょう。

エムドゲイン誘導剤を歯周外科の治療時に患部に塗布すれば、
歯が初めて生えてきた時の具合と近い、
しっかりと固着する歯周再生の促進が期待できます。

専門的な話をすれば、虫歯は、
虫歯の元凶の菌が歯をとかし出す速度に、
歯を再び石灰化する作用
(とけてしまった歯を元通りに戻す現象)
のピッチが劣ってくると罹ってしまいます。

歯科衛生士が在宅での医療において期待されるのは、
最初に口腔内をきれいに掃除することです。
口腔内が不潔だと、菌が繁殖している
歯のカスを飲み込む危険性があります。

大切な噛み合わせの悪化は
顎関節の病気である顎関節症の引き金の一部ではあるようですが、
それとは違った病因があるかもしれない
という認識が広まるようになったようです。

当の本人でさえ自覚症状がない間に歯に
ヒビがある可能性もありうるので、
ホワイトニング処置を受けるときには
納得いくまで診てもらいましょう。
コメント

見逃してはいけない、歯のひび割れ!

2013-11-20 10:40:38 | 審美歯科
歯に付着する歯垢の事を
どの程度理解しているでしょうか?
テレビやCMでも四六時中放送される言葉なので、
今まで耳にしたことがない、
などと言うことはまずないかと想像されます。

リテーナーにもプラーク、歯石、ステインといった
汚れが付着します。
また、雑菌の繁殖が口臭の原因にもなると言われています。
リターナーは専用の洗浄剤で
しっかり洗浄し、清潔に保つ事が重要なのです。

親知らずを取り払うとき、
激烈な痛みを逃れることはできないがために、
麻酔を使わない手術を実施するというのは
患者にとってかなり重い負担になるでしょう。

今では医療技術が一気に進行し、
無針注射器のシリジェットや
各種デンタルレーザー治療器を使うことで、
痛みを一際軽減する事のできる「無痛治療」
という治療が用意されているのです。
無痛治療を希望するのであれば、
確かな審美歯科に相談するのが
将来的に考えて有効であると言えるでしょう。

インフォームド・コンセントの推奨は
病気の具合をしっかりと理解し、
それに有効な治療の手段に誠実に
挑戦するようにしましょうという
思想に依拠するものです。

患者の希望する情報開示と、
患者による自己決定権を認めれば、
そこそこの使命が医者側に
厳重に負わされるのです。

当の本人でも自覚症状がない間に
歯には割れ目が存在するケースも予想されるので、
ホワイトニングを受けるときには
よく診てもらいましょう。

歯にひびが入ってしまうと
ひびの中に細菌が感染してしまうことがあります。
目に見えるようなひびは、まず感染しています。
感染してしまうと、感染部周囲の歯ぐきや
骨が炎症を起こしてしまうので、
例えば歯周病が進行したり、
周りの骨が溶けてしまったりします。
感染が取り除けないようでしたら、
歯を抜くことを考えなくてはいけません。
感染が広がると、周りの健全な組織まで
悪くなってしまうからです。
ひびの範囲が狭い場合や、
感染が押さえられる場合は、
保存することができます。
部分矯正装置で歯を引っ張り出したり、
外科的処置でにひびの周りの炎症を抑えたりすることで、
歯を抜かなくすることができるのです。
歯のひびは見逃す事なく、きちんとした
処置を行わないと、やがて、
歯を抜く事にも、なりかねません。
審美歯科ではひびの処置、治療の後の
ホワイトニングまでプランがたてられますので
見た目、機能ともの重視した方にはおすすめです。

歯の持つ色とは実際は純粋な
白色であることはない事が多く、
人によっては差はありますが
九割方の人が持つ歯の色は
イエローっぽかったり
茶色っぽく色が着いています。

つい最近になって歯の漂白を
体験する人が多くなっていますが、
その時に用いられる薬剤の反応でしみるように
痛む知覚過敏の表面化を
誘発する可能性が想定されます。

ムシ歯が原因となっている知覚過敏は、
ムシ歯は思いの外進行してしまっていると思われ、
ずきずきとした痛さも変化はありませんが、
そうでない時は長続きしない
痛さで片付くでしょう。

3DSとは「dental drug delivery system」の略で、
抗菌剤により虫歯や歯周病の原因菌を殺菌し、
虫歯や歯周病の予防を行う方法です。
特に虫歯菌の多い人や歯周病のリスクの高い人に適していますが、
歯科医院によっては定期的な
メインテナンスとして行っているところもあります。
歯を総合的に診てくれる審美歯科などで
3DSを行っている所も多いので
調べてみると良いでしょう。

日頃の歯のブラッシングを
隅々までしてさえいれば、
この3DSが働いて
むし歯の原因菌のほとんどいない状態が、
大方4ヶ月から半年ほど変わらないようです。

専門的な話をすれば、虫歯は、
その原因菌が歯を溶かしていく素早さに、
歯の再石灰化の作用
(溶かされている歯を元通りにする現象)
の進み具合が落ちてくると罹ることになります

インプラントを行うことによるポイントは、
入れ歯の不利な点を補足することや、
本来の自分の歯に近づけるように出来てしまうことや
インプラントを実施した
歯以外の歯を守ることが代表例です。

人工的に作られた歯の脱着が簡単だというのは、
月日が経つにつれて違いをみせる
口腔内とアゴの都合に応じて
加減が施せるということです。

例えば差し歯が変色を起こす理由に推測される事は、
さし歯の色自体が褪色する、
歯冠継続歯の周りの歯が色あせてきたという
2つの事があると考えられています。

気になる口臭を抑制する作用がある飲みものとして
コーヒーの名前があげられますが、
大量に飲みすぎると口腔内の水分がカラカラになってしまい、
意に反して口の臭いの要因となるそうです。

コメント

入れ歯とむし歯のお話

2013-11-14 22:19:31 | 歯列矯正
やっかいなプラークが溜まる前に、
毎日歯石の予防を忘れずおこなう事が
かなり大切なポイントです。
歯垢の付着しやすい場所は
しっかりとケアすることが
殊に肝心になってきます。

まずは、歯みがき粉を使わずに
丁寧に歯みがきする方法を習得してから、
仕上げの折にちょっとだけ
歯磨き用の洗浄剤を用いるようにすると
きれいにブラッシングできるようになるでしょう。

唾液の効果は、口の中の清掃と
細菌の増殖を妨げることです。
しかしながら、それだけではないのです。
再び歯を石灰化するには唾液が絶対に要るため、
分泌される量というのは大事な存在です。

歯の持つ色は何もしなくても
純粋な白色ということはなくて、
人によって多少差はありますが
大多数の人が持つ歯のカラーは
黄色味が強かったり
ブラウンっぽく色づいています。

デンタルホワイトニングは
歯の表層のゴミや汚れ等を
念入りに取り去った後で実行するのですが、
“ホームホワイトニング”と
歯医者さんで行うオフィスホワイトニング
という2つの種類が存在します。
どちらも重要で歯科医の指示のもと、
しっかりと行う事が大切です。
審美治療は、口元の美しさと機能性に焦点を当てた
総合的な治療です。
ホワイトニングをお考えの方は
審美歯科に相談すると良いでしょう。

下と比較して上の親知らずは
麻酔の効き目が上がるため
抜歯の時もほとんど鈍痛に感じるといった例が少なく、
痛みを感じやすい方を対象にする場合も、
手術はあっけないくらいに容易に行うことができます。

気になる口中の匂いをそのままにしておくと、
あなたの周りへの弊害は当たり前のことながら、
当の本人の心理状態にも
シリアスな重荷になるかもしれません。

少しアゴを動かすだけで苦痛に感じる入れ歯、
しっくりきていない入れ歯は、
それによって適切に噛むことが不可能となり
驚くことにそのまま飲み下してしまう情況が
頻発してしまうそうです。

放置しておくと周りの歯や歯肉に負担がかかり、
悪くなってしまうだけでなく、
咬み合わせがずれてくることで、
あごの痛み、頭痛、肩こり、
腰痛、手のしびれなどを起こすこともあります。
そのような時は、なるべく早く
歯科医に相談しましょう。
咬み合わせの治療では、
歯列の矯正や、リテーナーなどを作成し、
咬み合わせを正常な形に調整していきます。
通常の矯正治療で治らないケースの場合、
顎関節から患者様の模型を咬合器にうつしとり、
本来当たってはいけない場所を
模型上で確認しながら調整していきます。
この調整は非常に大切で、患者様ご自身の顎関節を、
本来の正常な状態に戻していく治療なのです。

入れ歯というものに対して
描かれる心象や固まった先入観は、
自分の歯との使い心地の差を比較してしまうため、
増大していくのだと考察されるのです。

口腔外科というのは、その特殊性として、
顎口腔処置を中心として据えているので、
内科方面の治療やストレスによる障害などにおよぶまで、
診察する項目は多岐にわたって存在しています。

むし歯や歯周病が痛み出してから
かかりつけの歯科に出かけるケースが
大多数だと思いますが、
予防のケアのためにいつもお世話になっている
デンタルクリニックに通院するのが
本当であれば好ましいのです。

虫歯の真因である虫歯菌や
歯周病菌を赤ん坊への感染から守るためにも、
祝言を間近に控えた女性の方は
歯の診察は十分に処理させておくのが
絶対条件だと考えてください。

口角炎になるきっかけでも
格段に移りやすいケースは
子供から親への接触感染だと思われます。
これだけは親の子への愛情があって、
始終同じ空間にいるのが要因です。

どんな社会人についても該当することですが
例えば歯科医院に勤務する衛生士のように
患者のいる医療関係の現場に勤めている人は
とくに勤務中の格好に注意を払わなければならないのです。

昨今では一般的に愛用されることになった
例のキシリトールが配合されたガムの機能による
むし歯の予防も、このような研究開発の結果から、
確立されたものということができます。
コメント

リテーナーの大事な話

2013-11-08 02:43:13 | 歯列矯正
3DSとは、ドラッグ・リテーナーと呼ばれるトレー(マウスピース)を用いて
抗菌剤を歯の表面に運び、一定時間作用させることにより、
除菌する予防方法です。
基礎的な歯のケアを怠らずにやってさえいれば
この3DSの効果で虫歯菌の除菌された状態が
普通は約4ヶ月~半年持続できるようです。

PMTCを利用することで、
いつものハブラシを使った歯磨きで消しきれない色素沈着や、
歯石とは異質の付着したカス、
ヤニなどを美しく取り去ります。
このPMTCを行った後、
ドラッグ・リテーナーを使ったケアの方法もあります。

歯の維持は、
美容歯科に関する治療を終えて理想通りの結果でも、
横着せずに続行しないと治療前の状態に逆戻りしてしまいます。

歯科でデンタルクリーニングをしてもらうのは、
歯周病の源である菌の増えるのを防御する
確かな手法だと科学的に明らかにされ、
ただ単純に気持ちよいだけではないと言われています。

歯を白くするホワイトニングは
歯のエナメル質のゴミや汚れなどを
しっかり掃除した後で開始しますが、
自宅で自分でできるホームホワイトニングと
歯科医院で受けるオフィスホワイトニングの
2つのサービスが開発されています。

つい最近ではホワイトニングを受ける方が増していますが、
そのときに用いられる薬剤の働きで
凍みるように感じる知覚過敏という病変を引き起こす可能性があり得ます。
そのような方のために、
刺激の少ないホワイトニングを行っている審美歯科もあるので、
調べてみてはいかがでしょうか?

当の本人が自覚症状がない内に
歯には裂け目が走っているという場合も考えられるので、
ホワイトニングしてもらう前は
じっくりと診察してもらえる審美歯科が良いでしょう。

大人と同じで、子供にできる口角炎も多種多様な病理が関わっています。
とりわけ目立つ理由は偏った食生活によるものと
菌の作用に大別できます。
口角炎は、矯正治療中などでリテーナーを使用されている方は、
リテーナーの装着時などに痛みを伴いますので、注意が必要です。

口腔内に口内炎が発症する素因は
ビタミン摂取が不十分なことが
それの内のひとつなのは確実ですが、
各種ビタミン剤は簡単に飲めるサプリメントや
薬局でも手に入る医薬品の飲み薬としても
数多く売られています。
リテーナーの使用によって
口内炎ができてしまうというケースもあります。
その場合には矯正治療を行った歯科に
調整してもらうと良いでしょう。

歯科技工士が作った歯の取り離しがやれるというのは、
経年によって違いをみせる口腔内と
アゴのコンディションに見合った方法で
加減が施せるということです。

何かを噛むと激痛が走る入れ歯、
ぴったりはまっていない入れ歯は、
それが理由でじっくりと物を噛むことができずに
そのまま嚥下してしまう症例が
増えてきてしまうとの事です。
自分に合った入れ歯を作るためにも、
将来を考え、目に見えない歯の内部までにこだわった、
審美歯科治療を行う歯科を探す事が大事です。

とある研究結果によると、
顎関節症の自覚症状がみられなくても、
30~40%の人が歌を歌ったりする折に
このような不快な音がしているのを分かっていたようです。
顎関節症で歯科医に相談される方もいると聞きますが、
口腔外科に相談する方が近道です。
外科処置を行う口腔外科という所は
歯槽膿漏やむし歯或いは入れ歯の処置だけでなく、
口腔内でできるありとあらゆる課題に挑む
診療科目だと言えます。

歯科医師が自宅を訪問する歯科診療の場面では、
医師による処置が完了した後も
口のケアをしに定期的に
数回ほどかかりつけの歯科衛生士達が伺うことがままあってしまうのです。

診療機材などのハード面について、
社会から請われている自宅を訪問する歯科診療の目的をこなすことの
可能なレベルに到達しているということが
言っても差し支えないでしょう。
コメント