かまくらdeたんか   鹿取 未放

「かりん」鎌倉支部による渡辺松男の歌・馬場あき子の外国詠などの鑑賞

 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

馬場あき子の外国詠97(スペイン)

2018年10月10日 | 短歌一首鑑賞
馬場あき子の外国詠11(2008年9月)
   【西班牙3オリーブ】『青い夜のことば』(1999年刊)P58~
   参加者:F・I、N・I、T・K、N・S、崎尾廣子、T・S、
       藤本満須子、T・H、渡部慧子、鹿取未放
   レポーター:渡部慧子 まとめ:鹿取未放


97 突兀たる巍々(ぎぎ)たるそしてふくらなる山越えて群翔しくる鸛(こふのとり)

      (レポート)
 「突兀」は(岩、山などがつきでているさま)、「巍々」は(高大なさま)、「そしてふくらなる山」と写生されている大地。その大地にあるスペインは、ヨーロッパ・アフリカを往来する渡り鳥の通り道になっている為、鳥類がきわめて豊かである。それを示すようにイベリア図式美術というものがあって、新石器時代、青銅時代の岩面画に図式化・抽象化された動物がある。鹿、鶴、亀、鸛などが単純な線に表されているという。常々鳥をこまやかに象徴的にさまざまに詠ってきた作者だが、はるかな昔からこの大地をゆききしているであろう鸛の種としての生命力をたたえるように「群翔しくる」と詠いながら、山河もろとも大きくとらえて、爽快な一首だ。(慧子)


      (まとめ)
 現代ではあまり使われない「突兀たる」、「巍々たる」という漢文調の描写が、文字づらも厳めしく、険しい山の姿を読者にイメージさせてくれる。その上「ふくらなる」ときて、険しいだけではないやさしいなだらかな山容もあるところが楽しい。険しく厳しいばかりの山容では渡ってくる鸛の表情もけわしいものになるが、彼らは「ふくらなる」山の上をも飛んでくるのだ。そのあたりが馬場の鸛への優しさなのだろう。日本では日常見慣れない鸛が群れをなして飛翔してくるイメージが珍しくたのしい。(鹿取)


コメント   この記事についてブログを書く
« 馬場あき子の外国詠96(ス... | トップ | 馬場あき子の外国詠98(ス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

短歌一首鑑賞」カテゴリの最新記事