かまくらdeたんか   鹿取 未放

「かりん」鎌倉支部による渡辺松男の歌・馬場あき子の外国詠などの鑑賞

 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブログ版 馬場あき子の外国詠401(中欧)

2018年01月28日 | 短歌一首鑑賞
 ブログ版馬場あき子の外国詠55(2012年8月実施)
   【中欧を行く 虹】『世紀』(2001年刊)113頁~
   参加者:K・I、崎尾廣子、鈴木良明、曽我亮子、藤本満須子、渡部慧子、鹿取未放
   レポーター:曽我亮子
   司会と記録:鹿取未放


401 かへりみるプラハ城はればれと静かなり歴史はいまによりてかがやく

     (レポート)
 振りかえって見晴るかすプラハ城は今、どっしり鎮まっている。長い年月を過酷な歴史に翻弄されつづけたプラハ城も人も、古き良きものを大切にすることによって輝いているのだ。(曽我)
 

     (当日発言抄)
★「古き良きものを大切に伝えることによって輝いている」とレポーターはいっているが、今があ
 るからこそ過去が輝いて見えると詠っているのではないか。(慧子)
★「歴史はいまによりてかがやく」の部分はあんまり重く考えたくない。むしろ初句が大切では
  ないか。かえりみるとプラハ城が晴れ晴れと静かに建っている。その空間的な視野にふっと時
  間的なことも考えているのではないか。(鈴木)


         (後日意見)(2015年9月)
 もう一度、見ておこうと振り返ると、様々な歴史の変遷の渦中にあったプラハ城は、なにごともなかったように1100年の時を経て晴れ晴れと、諦観したように静かに佇んでいる。それは過去の歴史を浄化して、新しい歴史を明日へとつなぐ輝きのように思われることだ。

 プラハ城は、聖堂、修道院、王宮、旧王宮などの様々な建物から構成されており、城というよりも街である。聖ヴィート大聖堂、フランツ・カフカの家なども城内にある。1100 年以上の歴史を持つ世界最大のプラハ城は、1992年には世界遺産に登録され、今ではチェコが誇る観光名所となっている。歴代のボヘミア王、ローマ皇帝、チェコスロヴァキア大統領が居住し、現在もチェコ共和国の大統領府として使用され、ミロシュ・ゼマン大統領が、2013年以後、執務を行っている。チェコ市民の象徴的建物でもあり、フラチャヌィの丘からプラハの街を見下ろしている。1968年春にチェコスロバキアで起きた「プラハの春」といわれる民主化の動きでは「ドゥプチェクを城へ!」というのが民衆のスローガンであったが、ソ連・東欧軍の介入により弾圧された。1989年ビロード革命で、共産党政権が崩壊。再び民主化を進めたハヴェルが大統領が就任して、プラハ城の主となった。 (石井彩子)


コメント   この記事についてブログを書く
« ブログ版 馬場あき子の外国... | トップ | ブログ版 馬場あき子の外国... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

短歌一首鑑賞」カテゴリの最新記事