かまくらdeたんか   鹿取 未放

「かりん」鎌倉支部による渡辺松男の歌・馬場あき子の外国詠などの鑑賞

 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

渡辺松男の一首鑑賞  42

2013年10月08日 | 短歌1首鑑賞
                 【からーん】『寒気氾濫』(1997年)34頁
         参加者:崎尾廣子、鈴木良明、曽我亮子、渡部慧子、鹿取未放
         司会と記録:鹿取 未放


76 銀ねずの鱗をはがしあうごとくビルのうちにいてぶつかりあえり

(レポート)2013年10月
 ぶつかりあうことの形容として、「銀ねずの鱗をはがしあうごとく」という比喩が登場する。魚同士が激しく闘争しぶつかりあって、体表の鱗を傷つけあう様が浮かんでくる。ひりひりとした銀ねず色の痛みが感じられる。ぶつかりあっているのは、ビルの中で働く作者の属する組織の面面だろうか。無機質の閉ざされたビルの中で日がな暮らしていると、水槽の魚たちのやうに息苦しくなり、ささいなことで衝突する。ここで「ぶつかりあう」は、もっぱら仕事を通しての、人と人との軋轢のことだろう。(鈴木)


(記録)2013年10月
 ★渡辺さんの歌も凄いけど、鈴木さんの解釈も凄いよねえ。深くて。(崎尾)
 ★いい解釈ですよね。歌もすばらしいですけど。(鹿取)
 ★「ひりひりとした銀ねず色の痛み」というところがいいですよねえ。(慧子)
 ★実際に魚同士がぶつかるってあるんでしょうか?まあ、実際ぶつからなくっても痛みの感覚と
  して分かるので、どっちでもいいですけど。(鹿取)
 ★大きな水槽なんかでは大きな魚や小さな魚がごっちゃに入れられていて、ぶつかっているよう
  な気がしますよね。(鈴木)
 ★鯛の鱗なんか硬くてすごいですよね。はあ、こんな鎧を着てるんだって。よく見ると魚って獰
  猛な顔していますよね。(崎尾)
  
コメント   この記事についてブログを書く
« 渡辺松男の一首鑑賞   41 | トップ | 渡辺松男の一首鑑賞  43 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

短歌1首鑑賞」カテゴリの最新記事