かまくらdeたんか   鹿取 未放

「かりん」鎌倉支部による渡辺松男の歌・馬場あき子の外国詠などの鑑賞

 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

馬場あき子の外国詠275(中国)

2014年08月26日 | 短歌一首鑑賞

  馬場あき子の旅の歌【飛天の道】『飛天の道』(2000年刊)174頁
            参加者:曽我亮子、F・H、藤本満須子、渡部慧子、鹿取未放
            レポーター:渡部 慧子
            司会とまとめ:鹿取 未放


215 近江の飛天駿河の飛天みづいろの天にしばらくありて離(か)れしと

      (まとめ)(2010年5月)
 「飛天の道」を締めくくる抒情的な一首。近江や駿河の伝説はいずれも飛天は舞いながら天に昇ってゆく。そのおり別れを惜しんで天にしばらく留まっていてから去っていったという。「みづいろの天」が効いており、はろばろとしたさみしさがただよう。(鹿取)


          (レポート)(2010年5月)
 羽衣伝説のある近江、駿河ともに美しい風光が頭をよぎる。「近江」には琵琶湖の水の映える天、「駿河」には富士の峰を青が漂う天がある。どちらもまさしく「みづいろの天」のもと、「飛天」たちの物語が想像される。双方の「飛天」は羽衣伝説のように人間と縁をもったであろう。しかし来たる別れに想いを込めて「天にしばらくありて」舞うのであるが、人間と暮らしたであろう期間までも、このフレーズにこめられていよう。このように想いが広がるのは、結句の最後、伝聞の「と」の効果だと考える。さて、仏教伝来に伴い、シルクロードの空を来たのであれば日本は最終地のように思うが、どこへ「離れし」なのだろう。生まれ国へ帰ったのであろうか。枕草子26段に〈舞は駿河舞〉とあるが、飛天の舞をイメージして仕立てられたものだとすれば、古代のロマンがかきたてられる。(慧子)

コメント   この記事についてブログを書く
« 馬場あき子の外国詠274(... | トップ | 馬場あき子の外国詠276(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

短歌一首鑑賞」カテゴリの最新記事