かまくらdeたんか   鹿取 未放

「かりん」鎌倉支部による渡辺松男の歌・馬場あき子の外国詠などの鑑賞

 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

馬場あき子の外国詠 184(アフリカ)

2014年04月30日 | 短歌一首鑑賞
    【阿弗利加 1サハラ】『青い夜のことば』(1999年刊)P157
                               参加者:崎尾廣子、T・S、N・T、藤本満須子、渡部慧子、鹿取未放
                                レポーター:崎尾廣子
                                 司会とまとめ:鹿取 未放
 

17 料金のありてそれだけの友情を買ふことも砂を行き愛(かな)しうす

      (まとめ)(2007年11月)
 16の歌でも述べたが「友よ」と言って寄ってきて、難儀な沙漠をゆく人の手助けをするのはお金を貰う為である。同行した人の旅日記によると、添乗員が後でそっと親切料を払っていたそうだ。
この歌、「哀し」ではなく「愛し」であるところが深い。(鹿取)

 
      (レポート)(2007年11月)
 今日では人助けもお金で買える時代である。沙漠にもそんな流れが来ていたのである。驚きと愛しさを詠っている。「それだけの」友情を嵩ではかり料金の決まる哀しさを「砂を行き」で買った後の索漠たる気持ちを表現していると思われる。「愛(かな)しうす」に作者のあきらめが滲む。沙漠の旅にある友情を買うという行為を愛しんでいる歌ではあるが、今の世を哀しんでいるのである。(崎尾)

コメント   この記事についてブログを書く
« 佐々木実之の歌集『日想』の... | トップ | 馬場あき子の外国詠185(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

短歌一首鑑賞」カテゴリの最新記事