かまくらdeたんか   鹿取 未放

「かりん」鎌倉支部による渡辺松男の歌・馬場あき子の外国詠などの鑑賞

 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

馬場あき子の外国詠 7(ネパール)

2013年07月25日 | 短歌1首鑑賞

 馬場あき子の外国詠1首鑑賞 7                                
 【ムスタン】『ゆふがほの家』(2006年刊)P93


158 ゆきゆきて六千メートルに満たざるはただ「山」と呼ぶヒマラヤ連峰

【レポート】(2009年7月)
 「ゆきゆきて」と初句からはてしない感じをおこさせる。地図と写真で知るのみのヒマラヤ連邦だが、おそれず使われた初句のことばに、さもあらんとうなずかされる。あとは詠われているように「六千メートルに満たざるはただ『山』と呼ぶ」であり、結句「ヒマラヤ連邦」につづく。
 サンスクリット語のヒマラヤはヒマアラヤのちぢまったもので、ヒマは雪、アラヤは蔵するというそれぞれの意味がある。それらをふまえて、ふたたび初句にかえるが、「ゆきゆきて」とは雪また雪とそんなことが思われる。掲出歌を分類する必要はないが、自然詠というのでもなく、言葉への機知が秘められた一首と読みたい。(渡部慧子)

   【まとめ】
 はるかであてどないイメージの「ゆきゆきて」は「伊勢物語」の東下りの段を連想させる。東下りの主人公は「ゆきゆきて」駿河の国、宇津の山に至るが、そこは蔦や楓が生い茂った薄暗い山である。やがて風景が開けて富士の山が見える。その富士の山は「比叡の山を二十ばかり重ね上げたらむほど」と描写されている。その後「なほ行き行きて」すみだ河のほとりに至るという設定である。東下りの主人公にとって、初めて見る富士の山は見慣れていた比叡の山を二十ばかりも重ね上げた感動的な高さに写った。ところがヒマラヤでは富士山を二つ重ねてやっと名前がもらえる高さとなるのだ。
 なぜならヒマラヤには8,000m級の山が14座、7,000m級の山が100座以上あって、6,000m以下の山にはいちいち名前など付けていられないのだ。そのことを作者はおもしろがっているのである。ヒマラヤは、レポーターも書いているようにサンスクリット語で「雪の住みか」の意。(鹿取未放)

コメント   この記事についてブログを書く
« 馬場あき子の外国詠 6(ネ... | トップ | 馬場あき子の外国詠 8(ネ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

短歌1首鑑賞」カテゴリの最新記事