かまくらdeたんか   鹿取 未放

「かりん」鎌倉支部による渡辺松男の歌・馬場あき子の外国詠などの鑑賞

 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブログ版 馬場あき子の外国詠316(トルコ)

2018年03月23日 | 短歌の鑑賞
 ブログ版馬場あき子の外国詠43(2011年9月実施)
【コンヤにて】『飛種』(1996年刊)P142~
   参加者:K・I、N・I、崎尾廣子、曽我亮子、藤本満須子、
        渡部慧子、鹿取未放
   レポーター:曽我亮子    司会と記録:鹿取未放


316 神は偉大なりといひて瞑想に入りしとぞアナトリア大平原の寂寞 

      (レポート)
 アナトリア平原の過酷なありようも全て偉大なるアッラーの神の思し召しと考え、「よろしゅうございます。何事も神の思し召しのままに……」と静かに黙って受け入れたアナトリア大平原とそこに住むイスラムの人々の宗教観の強じんさと哀しみが詠われている。(曽我)

      (当日意見)
★「神は偉大なり」というのは、イスラムの言い回し。(曽我)
★一読、自然であるアナトリア大平原が「神は偉大なり」と唱えて瞑想に入ったようで面白いが、
 そこに寂しく住まう人々と大平原はある意味一体となっているのであろう。(鹿取)



コメント   この記事についてブログを書く
« ブログ版 馬場あき子の外国... | トップ | ブログ版 馬場あき子の外国... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

短歌の鑑賞」カテゴリの最新記事