かまくらdeたんか   鹿取 未放

「かりん」鎌倉支部による渡辺松男の歌・馬場あき子の外国詠などの鑑賞

 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

渡辺松男の一首鑑賞  25

2013年08月31日 | 短歌1首鑑賞
 ◆今日、「現代詩手帳」9月号を購入しました。渡辺松男さんの「きなげつの魚」と題する30                        首が掲載されている他、「詩型の越境」という刺激的な特集が組まれています。  

                   『寒気氾濫』(1997年)橋として25頁
                   司会と記録:鹿取 未放

53 キャベツのなかはどこへ行きてもキャベツにて人生のようにくらくらとする


(記録)2013年6月
 ★人生は同じことの繰り返しで、昨日も今日も明日もキャベツを剥くようなもの。この「キャベ
  ツにて」までは何となく序詞のような働きをしているなあと。以前、鈴木良明さんがキャベツ
  の歌の鑑賞でどこまでいっても本質に突き当たらないと言っていらした。(渡部慧子)
 ★人生がキャベツのようにいっぱいいっぱい並んでいるようで、どこへいってもくらくらしたと
  いうような感じかなあ。(曽我亮子)
 ★では、キャベツの中って、キャベツがたくさん並んだキャベツ畑のイメージなの?それとも一
  個のキャベツの中を進んでいくイメージ?私は「畑」とは書いてないから一個のキャベツの中
  を人間の自分が小さくなって進んでいく様子をイメージしていたんだけど。(鹿取)
 ★キャベツ畑です。(曽我)
 ★では、この歌については、渡辺松男さんが特集号で解説しているので見てみましょう。(鹿取)

  【安立スハルのキャベツ「馬鹿げたる考へがぐんぐん大きくなりキャベツなどが大きくなりゆ
   くに似る」を意識していました。それにカフカの『城』の到達できない不条理のようなこと
   をドッキングさせたのです。「かりん」2010年11月号】


(レポート)2013年6月
 作者の住む群馬県には嬬恋村で生産されている嬬恋キャベツが特産品である。そのキャベツの「なか」へ作者は入って行っている。同じ事の繰り返しであると言っても過言ではない日常生活を、一枚一枚剥がしていっても同じ形状を保っているキャベツに重ね合わせているのであろう。おもいめぐらしてゆくと人生が見えてくると下の句で表現しているように思える。「くらくらする」の柔らかなひらがなに鋭さを感じる。(崎尾廣子)
コメント