日刊魔胃蹴

暑すぎてつらい。

逆転の侍ジャパン!4点差をひっくり返し、日米野球勝ち越しを決める!

2018年11月14日 | Sports

「2018 日米野球」は、第4戦を終えて野球日本代表(侍ジャパン)がMLBオールスターを相手に3勝1敗とリード。終盤戦を迎え、ナゴヤドームでの2試合を残すのみとなりました。14日の第4戦も、日本代表が終盤に驚異の追い上げを見せました。



スタメンはこちら
  <侍ジャパン>
1番(三)田中広輔
2番(指)菊池涼介
3番(二)山田哲人
4番(中)柳田悠岐
5番(一)岡本和真
6番(右)上林誠知
7番(捕)甲斐拓也
8番(左)田中和基
9番(遊)源田壮亮
  (投)東浜巨

 <MLBオールスター>
1番(遊)ロサリオ
2番(捕)モリーナ
3番(一)サンタナ
4番(中)アクーニャ
5番(左)ソト
6番(指)ホスキンス
7番(右)ハニガー
8番(三)ヘルナンデス
9番(二)メリフィールド
  (投)ゲラ


1回、MLB選抜は先頭のロサリオがライト前ヒットで出塁し、3塁まで進塁したが、後続が凡退。日本もその裏に菊池が四球を選んだが、得点にはつながらず。
2回、MLB選抜はソトがヒットで出塁した後、ホスキンスが日本先発・東浜の7球目の変化球を捉え、左中間スタンドに痛烈な2ラン本塁打を放ち、2点を先制。一発を浴びた東浜はその後、四球とヒットの走者を背負ったが、追加点は許さず。
2点を追う日本は2回裏、先頭の岡本がMLB先発・ゲラの2球目のストレートを叩く。センターへ上がった打球は、バックスクリーンに飛び込むソロ本塁打!岡本の今シリーズ初本塁打が生まれ、日本が1点を返す。
MLB選抜は3回に1死からアクーニャが2塁打を打つと、ソトがセンター前へのタイムリーヒットを打って3点目。さらに4回、2死1塁からモリーナがセンターオーバーのタイムリー2塁打を放ち、4点目を挙げます。
何とか反撃したい日本は、3回に四球の走者が2人出たが、柳田が遊撃フライに倒れて無得点。4回と5回もゲラの前に得点できません。
6回、MLB選抜は2死1塁でサンタナが日本3番手・岡田明丈からレフト前タイムリーを放ち、1-5と4点差に。
4点を追う日本は、6回まで終えてヒットの数が1本。しかし、7回から怒涛の猛反撃に突入します。岡本と上林が続けてヒットを放ち、無死1,3塁のチャンスで甲斐がMLB2番手・ベラスケスの5球目を右方向へ打ち返し、ライトへのタイムリーヒットで1点を返す。なおもランナー2人置いて、田中和が投手ゴロ→ベラスケスが2塁に投げるも悪送球となり、日本にもう1点入る。源田三振で1死後、田中広の場面で山川穂高が代打で登場。その山川は初球を捉え、左中間への2点タイムリー2塁打!稲葉監督の代打策が的中し、日本が5-5の同点に追いついた!
同点で勢いづく日本は8回、2死走者なしから上林がライト前ヒットを放って出塁すると、続く甲斐がMLB3番手オテロの3球目を振り抜き、センターへヒット。相手の野手の打球処理がもたつく間に、1塁走者の上林が3塁回ってホームイン!打った甲斐も2塁へ!甲斐のタイムリー2塁打で日本が6-5と逆転に成功!
1点リードの9回、日本は松井裕樹が6番手で登板。先頭のソトにヒットを許すが、ホスキンスを空振り三振にとって1アウト。続くハニガーを遊撃ゴロで併殺打かと思ったら、2塁手が悪送球。ハニガーは2塁に行こうとするが、ボールを処理したキャッチャー・甲斐の「甲斐キャノン」発動!ハニガーは2塁でアウトとなり試合終了。日本代表が連日の逆転勝利で、今大会4勝目を挙げました。



日米野球 第5戦 2018/11/14(水)
日本-MLB選抜 
(日本4勝1敗、ナゴヤドーム、28,319人)
MLB|021 101 000|5
JPN|010 000 41X|6
【責任投手】
(勝)佐藤2試合1勝
(S)松井3試合1勝1S
(敗)オテロ2試合1敗
【本塁打】
(M)ホスキンス2号2ラン(2回、東浜)
(日)岡本1号ソロ(2回、ゲラ)



この日の試合は出てくるピッチャーが次々と打たれ、打線も6回まで岡本選手のホームラン1点のみに抑えられていたので、勝ち越しはお預けかと思われましたが、7回に4点のビハインドを追いつくと、8回には甲斐選手のタイムリー2塁打で逆転。その前にヒットで出塁した上林選手も、3塁で止まらずホームまで行っちゃいました。足でもぎ取ったともいえます。前日に続いての連勝を飾った侍ジャパン、対戦成績も4勝1敗とし、日米野球の勝ち越しを決めました。2大会連続でメジャーに勝ち越したなんてすごいな!
この日の投手陣は、先発の東浜投手が3回まで投げて被安打6・2奪三振・1四死球・3失点。立ち上がりから球数を費やし、2回にはホスキンス選手に一発を浴び、3回も相手に1点を献上。終始苦しい内容でした。東京五輪が少し遠のいたかな…。2番手の浜口遥大投手も2回1失点、3番手の岡田投手も1失点でした。
8回に5番手で登板した中日の佐藤優投手は、打者3人をパーフェクトに抑え、2つの三振を奪う好投。その裏に日本代表が勝ち越したので、勝ち投手になりました。この日米野球で中日からは2人選出されていますが、本拠地のマウンドで躍動しました。
侍打線は、全体で7安打を記録。スタメンマスクを被った甲斐選手は、2打席連続タイムリーを打つと、守備でも悪送球になったボールを素手で掴んでから、すぐに2塁に投げてランナーを刺殺。最後の最後に「甲斐キャノン」が飛び出しました。上林選手と岡本選手も2安打を記録し、岡本選手は2回にセンターへのソロ本塁打。始まった当初はノーヒットに苦しみましたが、13打席目に待望の一発が生まれました。上林選手は5試合連続でヒットを放ち、ここまで17打数9安打、打率.529と絶好調です。

日米野球も残すところあと1試合。15日の第6戦の予告先発は、侍ジャパン・笠原祥太郎、MLB選抜・ジョンソン(レッドソックス)と発表されています。侍ジャパンが最終戦も勝って有終の美を飾れるか?メジャー軍団も最後に意地を見せたいところだが…。そして、MVPは誰が受賞するのか?













この記事についてブログを書く
« 日米野球第4戦  前田健太が... | トップ | 日米野球最終戦も侍ジャパン... »
最近の画像もっと見る

Sports」カテゴリの最新記事