日刊魔胃蹴

暑すぎてつらい。

北海道胆振地方で震度7の大地震。札幌では液状化現象も。

2018年09月06日 | Weblog
9月6日午前3時8分ごろ、北海道の胆振(いぶり)地方を中心とする最大震度7の大きな地震が発生しました。未明の大地震で、北海道は早朝から大混乱に陥りました。



この地震の震源地は胆振地方北東部で、マグニチュードは6.7を記録。厚真町で震度7を観測すると、震度6強が安平町とむかわ町、震度6弱が千歳市と日高町と平取町、さらに札幌市北区と苫小牧市などで震度5強、函館市と室蘭市などで震度5弱、札幌市中央区・小樽市・旭川市などで震度4を観測しています。
震度7を観測した厚真町では大規模な土砂崩れが起こり、札幌市清田区では道路が陥没および液状化現象が発生。噴き出した泥水で車や住民が埋まってしまいました。
また、この地震によって苫東厚真発電所などの発電所が止まり、北海道全域で停電となりました。砂川火力発電所の運転再開により、午後6時過ぎまでに道内の38市町村の一部で電力が復旧。ただ、苫東厚真発電所の再稼働には時間がかかるとのことです。
交通機関も影響を受けており、北海道新幹線は終日運転を見合わせ。JR北海道の在来線、札幌市営地下鉄も再開のメドが立っていません。空の便では、新千歳空港がターミナルビルの被害により、国内線と国際線の全てが欠航となりました。

これまでに死者が9人、31人が安否不明。290人以上が負傷。6日午後10時現在で61市町村で5700人以上が避難しているとのことです。

スポーツでも地震の影響が相次いでいます。7日に札幌ドームで開催予定だったサッカー国際親善試合・日本代表VSチリ代表の試合は、「被害の甚大さ、ライフラインと交通機関に大きな影響を生じていること、観客の安全を考慮の上」で中止が決定。日本代表とチリ代表の両選手は全員無事が確認されています。チリ戦は森保一新監督になってから初めての国際Aマッチでもありました。
プロ野球では、楽天生命パークで行われる東北楽天ゴールデンイーグルスVS北海道日本ハムファイターズは、日本ハム側の移動に見通しが立たないため、7日の試合は中止。9月10日に振替試合が実施される予定です。
競馬でも、門別競馬場の6日の開催が中止。札幌競馬場はスタンドなどに大きな損壊はなく、場内に残っていた105頭の競走馬は全員無事とのこと。その他にも、自転車ロードレースの「ツールド北海道」の開催が中止。男子ゴルフツアーの「ANAオープン」は、10日のマンデートーナメントを中止。13日からの本大会の実施については7日までに決める見込みです。



火曜日に今年最大級の台風21号が上陸し、関西国際空港の滑走路が冠水したり、家の屋根が吹き飛ばされる、トラックが横転するなどの甚大な被害を受け、その後に北海道でも暴風や大雨による被害がありました。台風が去った6日未明に震度7の地震。地震が起きた時は震度6強が最大震度だったけど、午後3時30分ごろに「安平町で震度7」の発表が出た時は驚きました。北海道は台風と地震のWパンチを受けましたね…。
今年の夏は大阪で震度6強の地震から始まり、西日本で豪雨、8月には台風ラッシュ。関東でも記録的な猛暑があったり…。本当に災害が続出してる気がします。もう災害なんか来なければいいのに…。そして、胆振地方は余震が今後も続くので、警戒が必要です。


この記事についてブログを書く
« 平成最後の夏競馬 新潟記念... | トップ | 紫苑ステークス2018 ノーム... »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事