日刊魔胃蹴

暑すぎてつらい。

ジャパンダートダービー2019 クリソベリルが4連勝で3歳ダート日本一!

2019年07月10日 | 競馬

3歳世代のダート日本一決定戦・第21回ジャパンダートダービー(GⅠ・ダート2000m 14頭立て)が10日、大井競馬場で行われました。JRA勢からは、兵庫チャンピオンシップを圧勝した⑫クリソベリル、UAEダービー4着⑤デルマルーヴル、ダート2戦目③ロードグラディオ、ユニコーンステークス7着からの巻き返しを狙う⑩デアフルーグ、⑥トイガー、⑨メスキータ、⑪ドウドウキリシマの7頭が参戦。南関東勢は、東京ダービー馬②ヒカリオーソ(川崎)、羽田盃を勝った④ミューチャリー(船橋)、羽田盃2着⑬ウィンターフェル(船橋)、①グリードパルフェ(船橋)、さらに牝馬で高知優駿を制した⑭ナンヨーオボロヅキが出走しました。




単勝の人気は、クリソベリルが単勝1.2倍の断然1番人気を集め、デアフルーグが2番人気(6.6倍)、3番人気がロードグラディオ(7.9倍)。その後は、デルマルーヴル、ミューチャリー、ヒカリオーソ、ウィンターフェル、トイガーと続きました。
スタートでトイガーが少し躓きかけたが立て直す。正面スタンド前の先行争いで、ヒカリオーソ、ロードグラディオ、デルマルーヴル、⑧サクセッサー(船橋)の4頭が競り合い、大外からナンヨーオボロヅキも加わる。クリソベリルは6番手につけ、ウィンターフェルとデアフルーグは中団追走、ミューチャリーは後方で1コーナーを回る。
2コーナーから向正面に入り、ヒカリオーソが単独先頭、サクセッサーが2番手に上がり、ロードグラディオが3番手、4番手にデルマルーヴル、内側5番手にトイガー、6番手ナンヨーオボロヅキ。中団の7,8番手の位置にドウドウキリシマとクリソベリルの2頭が並ぶ。9番手デアフルーグ、10番手ウィンターフェル、11番手グリードパルフェ、12番手メスキータ、13番手ミューチャリー、最後方に⑦ホワイトヘッド(船橋)。
外回り3コーナーで、ヒカリがレースを引っ張り、サクセッサーも2番手で頑張っている。少し離れた3番手争いでは、デルマルがグラディオをかわして3番手に浮上。ベリルとフルーグも押し上げてきた。
最後の直線に差し掛かり、デルマルーヴルが逃げるヒカリオーソを捕らえて先頭。3番手からクリソベリルが迫り、大外からはウィンターフェルが脚を伸ばす。さらに後続からはデアフルーグとミューチャリーとトイガーが追い上げてきた。残り200mでベリルがデルマルとヒカリをまとめて抜き去って先頭に立ち、残り100mで突き放しにかかる。ゴール前でフェルとチャリーがデルマルに2番手のデルマルに接近するが、クリソベリル先頭でゴールイン!4連勝で3歳ダート界の頂点に立ちました!



【ジャパンダートダービー全着順】
1着⑫クリソベリル   2分06秒1
2着⑤デルマルーヴル   3馬身
3着④ミューチャリー   アタマ差
4着⑬ウィンターフェル  アタマ差
5着②ヒカリオーソ    2馬身1/2
6着⑥トイガー
7着①グリードパルフェ
8着⑩デアフルーグ
9着⑦ホワイトヘッド
10着③ロードグラディオ
11着⑪ドウドウキリシマ
12着⑨メスキータ
13着⑧サクセッサー
14着⑭ナンヨーオボロヅキ

【払戻金】 
単勝  ⑫ 120円
複勝  ⑫ 100円 ⑤ 160円 ④ 190円
枠複  ⑷-⑺ 440円
枠単  ⑺-⑷ 540円
馬複  ⑤-⑫ 470円
馬単  ⑫-⑤ 540円
ワイド ⑤-⑫ 220円  ④-⑫ 300円  ④-⑤ 830円
三連複 ④-⑤-⑫ 1,370円
三連単 ⑫-⑤-④ 2,760円



今年の3歳ダート王決定戦は、クリソベリルが1番人気の期待に応えて快勝。デビューから負けなしの4連勝で、3歳ダート王者に輝きました。道中は7,8番手に控え、3コーナーから徐々にポジションを押し上げ、直線残り200mで先頭に立つと、最後は3馬身差の快勝を飾りました。無敗でのジャパンダートダービー制覇は、「無敗の南関東四冠馬」と言われたトーシンブリザード以来史上2頭目です。
2着争いは混戦でしたが、デルマルーヴルが2着を確保。後方から追い込んだミューチャリーが3着に入り、ウィンターフェルが4着。スタートから先行を続けたヒカリオーソが5着。東京ダービーの上位3頭がJDDで掲示板圏内に入ったのは素晴らしいですね。
2番人気だったデアフルーグは8着、3番人気のロードグラディオは10着と惨敗しました。そのほかの中央勢は、トイガー6着、ドウドウキリシマ11着、メスキータ12着に終わっています。
クリソベリルは栗東・音無秀孝厩舎に所属。父のゴールドアリュールは2002年のJDDで優勝、兄のクリソライトも2013年の同レースを制しております。鞍上の川田将雅騎手と、管理する音無秀孝調教師は、このレース初勝利です。
クリソベリルはデビューから圧勝続きで、新馬戦で7馬身差、2戦目も7馬身差。前走の兵庫チャンピオンシップでも5馬身差をつけ、この日は3馬身差だったけど、着差以上の内容でした。まだキャリア4戦目ですから、今後もGⅠ勝利数を増やすと思います。秋のダートGⅠでは、ルヴァンスレーヴ、オメガパフューム、ゴールドドリームら古馬勢が待ち構えていますが、その壁を越えて行けるでしょうか?





この記事についてブログを書く
« アルクトスが3連勝でプロキ... | トップ | 函館巧者・マイスタイル逃げ... »
最近の画像もっと見る

競馬」カテゴリの最新記事