日刊魔胃蹴

暑すぎてつらい。

ザックJAPAN、勝たねばならないギリシャ戦でスコアレスドロー。グループリーグ突破が厳しくなってきた。

2014年06月20日 | soccer

ブラジルで開催中のFIFAワールドカップは、日本時間20日早朝にグループC第2節・日本代表VSギリシャ代表戦(@ナタル・ドゥーナスタジアム)が行われました。初戦のコートジボワール戦で1-2と敗れた日本代表、この試合に敗れると最終戦を前にグループリーグ敗退が決まります。何としてでもギリシャに勝利して、勝ち点3が欲しいところだったんですが…。



スタメンはこちら
[日本代表]
GK 1 川島永嗣
DF 2 内田篤人
DF 5 長友佑都
DF 15 今野泰幸
DF 22 吉田麻也
MF 16 山口蛍
MF 17 長谷部誠
FW 4 本田圭佑
FW 9 岡崎慎司
FW 13 大久保嘉人
FW 18 大迫勇也

[ギリシャ代表]
GK 1 カルネジス
DF 2 マニアティス
DF 4 マノラス
DF 15 トロシディス
DF 19 パパスタソプロス
DF 20 ホレバス
MF 8 コネ
MF 18 フェトファツィディス
MF 21 カツラニス
FW 7 サマラス
FW 9 ミトログル





日本のキックオフで始まったこの試合、前半11分にギリシャがカウンターを仕掛け、コネが中盤からドリブルで持ち込みシュートを放ったが、GK川島がキャッチ。日本は19分、右サイドの内田のグラウンダークロス→大久保が落として、大迫がミドルシュートを狙うもGKの正面。21分、大迫が今度は左の位置から狙っていったが、ゴール右に逸れる。29分、日本はペナルティエリア付近でFKを獲得し、本田が左足で直接狙うも、GKに防がれてしまう。33分には左サイド・長友のクロス→大久保が頭で合わせるも、枠を捉えられず。
前半38分、ギリシャMF・カツラニスが長谷部を倒し、この日2枚目の警告で退場処分。ギリシャが10人となり、日本が数的優位に立ちます。だが40分、ギリシャは自陣で相手ボールを奪い、トロシディスが右足シュートを放つが、GK川島がファインセーブ。前半は両チーム無得点で折り返します。

先制点が欲しい日本は、後半開始から長谷部に代えて遠藤保仁を投入。後半8分、左サイドの遠藤のパスを受けた本田が、相手DFと交錯しながらシュートを打ったが、GKに抑えられる。後半12分、大迫を下げて香川真司がピッチに入る。後半15分、日本はセットプレーでピンチを迎える。ギリシャは右CKをゲカスがヘディングシュート。しかし、GK川島が間一髪で防いだ。
日本は後半23分、中央で香川が右サイドの内田にパスを送り、ペナルティエリア内に進入した内田がダイレクトで折り返し、ファーサイドの大久保がワンタッチで合わせたが、大きく外れてノーゴール。さらに27分、左サイドで長友が突破してからクロスを上げ、ゴール前の混戦から内田が飛び込んだが、シュートはゴール右に逸れる。後半32分、大久保がゴール正面からミドルを放つも、GKにセーブされる。後半40分、CKのこぼれ球を拾った長友のクロス→DF吉田が合わせるもダメ。後半45分、左サイドでFKを獲得し、遠藤が右足で狙ったが、GKの好セーブに阻まれる。最後まで攻め続けた日本でしたが、ギリシャのゴールをこじ開けることができないままタイプアップ。0-0のスコアレスドローで、勝ち点1を獲得しました。



グループリーグ突破の可能性を残すためにも、絶対に勝ちたかったんですが、ギリシャの堅い守備を崩しきれず、手痛い引き分けに終わりました。ボール支配率では日本が68%VSギリシャ32%、シュートの数ではギリシャが9本だったのに対し、日本は倍近くの16本。支配率とシュート数で圧倒したのに、1点も取れませんでした。ギリシャの守備が堅かったのもそうだけど、日本の決定力不足が浮き彫りに出ました。後半は何度も惜しい場面があったんだけど、フィニッシュが甘かった。後半27分の内田選手のシュート、決まったかと思ったんだけどなあ。今回の試合ははっきり言って負け同然のドロー。勝ち点1は取ったけれど、GL突破は厳しくなりました。
日本は2試合を終えて1敗1分・勝ち点1。勝ち点でギリシャと並んでますが、得失点差でC組3位(得失点-1)につけています。ここまでを振り返って、コートジボワール戦は先制しながらも後半に立て続けに失点されて逆転負け、2戦目のギリシャ戦ではスコアレスドロー。8年前のドイツ大会と全く一緒です。日本は次戦、C組首位のコロンビアと戦います。コロンビアは2連勝で早々と決勝トーナメント進出を決めており、日本戦では主力を温存し、控え組中心で臨むことでしょう。
日本が決勝トーナメントに進む条件としては、コロンビア戦での勝利が絶対条件。引き分け以下なら敗退決定。同時刻で行われるギリシャVSコートジボワールでギリシャが勝利すれば、勝ち点4で並び、得失点差の争いとなります。日本○、コート△でも勝ち点4で並び、こちらも得失点差で決まります。ただし、コートジボワールが勝つと日本の敗退です。運命のコロンビア戦は、日本時間25日朝5時にキックオフです。今のザックJAPANに奇跡を起こす力はあるのだろうか…。




にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ

 

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 一発攻勢でヤクルトに快勝!... | トップ | 逃げ切り勝ちでヤクルトに連... »
最新の画像もっと見る

soccer」カテゴリの最新記事