日刊魔胃蹴

暑すぎてつらい。

原ジャパン巨人にサヨナラ勝ちも本番に不安を残す。

2009年03月02日 | Sports

WBC日本代表は、土曜日から東京ドームで強化試合を行っていて、土曜日は西武に2-7の完敗に終わり、侍ジャパン初黒星を喫してしまいました。1日は読売ジャイアンツと対戦。前日のモヤモヤを吹き飛ばす快勝劇で、最後の強化試合を白星で飾りたいところでしたが…。

この日のスタメンは、打順をたくさん入れ替えてきました。
1(右)イチロー
2(二)片岡易之
3(中)青木宣親
4(三)村田修一
5(指)稲葉篤紀
6(左)内川聖一
7(一)小笠原道大
8(捕)城島健司
9(遊)川崎宗則
 (投)杉内俊哉 
強化試合で不振のイチローが1番に入り、中軸には3番・青木、4番・村田、5番・稲葉という順番。川崎が9番・遊撃で侍ジャパン初スタメンとなりました。豪州戦で5奪三振の好投を見せた左のエース・杉内が先発投手を務めました。

先発の杉内は初回、簡単に2死を取った後、巨人3番・アルフォンゾにストレートを狙われ、レフトスタンドへのソロ本塁打を浴びてしまいます。続くラミレスにも四球を与えたが、イ・スンヨプを一塁ゴロに打ち取って3アウト。2回には2死から2四球とヒットで満塁とピンチを迎えましたが、松本哲也をセンターフライに打ち取って何とかピンチを凌ぎました。
3回から松坂大輔が2番手として登板。松坂はアルフォンゾ、ラミレスを打ち取った後、スンヨプに四球を与えましたが、谷佳知をセンターフライに打ち取りました。4回も四球による走者が出たものの、後続をしっかりと抑えて追加点を与えません。5回にはアルフォンゾにヒットを許すも、この回も無得点に抑えました。
日本打線は1,2回と高橋尚成の前に3者凡退に倒れますが、3回に川崎がセーフティバントを見せて内野安打、悪送球の間に2塁まで進みます。ようやくヒットが出た日本でしたが、続くイチローがレフトフライに倒れて同点ならず。5回、内川がライト前ヒットで出塁すると、小笠原の場面で盗塁を決め、小笠原の遊撃ゴロの間に3塁まで進塁。2死3塁の場面で城島が巨人2番手・バーンサイドからレフト前タイムリーを放って同点に追いつきます。この後、川崎もヒットで続いて2死1,2塁と逆転のチャンスでしたが、イチローが遊撃ゴロに倒れて2者残塁に終わりました。
試合は6回に3番手・渡辺俊介が巨人打線を3者連続三振に仕留めると、その裏に2つの四死球と内川の内野安打で2死満塁のチャンスを迎えましたが、6回の守備から登場した福留孝介がセンターフライに倒れて3者残塁。7回には巨人3番手・木佐貫洋の前に3者凡退。8回、4番手・岩田稔が1死から連打を浴びて1,2塁のピンチ。5番手・涌井秀章が代打・田中大二郎にセンター前に弾き返され、2塁走者・小田嶋正邦が本塁突入するが、中堅手・福留の好返球で本塁憤死。
嫌な流れを断ち切った日本は9回、2死2塁とサヨナラのチャンス。川崎の場面で巨人バッテリーにミスが起きて2死3塁と絶好の場面を迎えましたが、川崎が2塁ゴロに打ち取られてサヨナラならず。延長10回、巨人は6番手・山口鉄也の前に3者凡退に終わると、その裏の日本の攻撃では、3つの四死球で2死満塁。ここで日本は阿部慎之助が代打で登場。劇的なサヨナラに期待が集まりましたが、巨人7番手・オビスポが2球目を暴投。3塁から岩村が生還してゲームセット。2-1で日本がサヨナラ勝ちしましたが、後味の悪い結末となったのでした…。


2009/03/01(日) 日本-巨人 (東京ドーム、19:00)
巨人 100 000 000 0  1
日本 000 010 000 1x  2
(延長十回)
【投手】
(巨)高橋尚、バーンサイド、木佐貫、M・中村
   歌藤、木村正、オビスポ-鶴岡、加藤
(日)杉内、松坂、渡辺俊、岩田、涌井、藤川、山口-城島
【責任投手】
(勝)山口
(敗)歌藤
【本塁打】
(巨)アルフォンゾ1号ソロ(1回、杉内)


最後の強化試合を白星で飾ったんですが、内容的にはイマイチでした。先発の杉内が先制弾を浴びると、その後も制球に苦しんで2回50球で終了。松坂は毎回ランナーを出したものの無失点。打線のほうは1番に入ったイチローが5打数無安打。この2日間は9打数無安打と大ブレーキです。強化試合では内野安打3本、打率.167とイチローらしくない不振。この状態が続くと、本番ではスタメン落ちの可能性もあるでしょう。良かった点を挙げるとすれば、渡辺俊介が3者連続三振の好投、藤川が2奪三振、山口が3者凡退と中継ぎ陣が好投したということ。打線では城島の同点打、川崎と内川が2安打放ったことです。
この2日間は相手に先制される、満塁のチャンスを生かせないという豪州戦からの課題も露呈。特に相手の一発でされるというケースが2日続きました。西武戦では2得点、巨人戦では相手のミスでサヨナラ勝ち、チャンスの場面で打てない、タイムリーは城島だけという決定力不足、主力級の投手が本番に不安を残すという課題も生まれました。豪州戦とは一変して昨年のセ・パ両リーグの優勝チームに苦戦した2日間となりました。
そして心配なニュースも入ってきました。エース・松坂投手が試合後に右ふくらはぎに違和感を訴えていたことが発覚。ここに来てのアクシデントは本当に最悪だし、最悪離脱ということになれば侍JAPANにとっては痛手であり、連覇に黄信号が灯ることになります。なんとか1次ラウンドに支障がなければ良いのですが…。
多くの課題を残したまま本番に臨むことになった侍JAPAN。豪州戦での連勝で行けると思ったら、週末の2試合で苦戦が続いたことで不安に変わりました。このままでは強敵・韓国どころか台湾にも勝てないんじゃないかと思います。1次ラウンドはその不安を吹き飛ばすような活躍&快勝劇を期待し、連覇へ好スタートを切ってほしいところです。



にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ


コメント (2)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
« 富士ゼロックススーパーカッ... | トップ | 麺かたコッテリ! 2009.2.26... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
イチローの不振が (たかびごん)
2009-03-03 23:58:29
気になります…
どうにかして欲しいです…
たかびごんさん (魔胃蹴)
2009-03-05 23:01:18
イチローは中国戦でも5打数無安打でした…。韓国戦は本当に大丈夫なんでしょうか?

Sports」カテゴリの最新記事

21 トラックバック

サムライジャパン好投手攻略に課題を残しWBC本戦へ (オールマイティにコメンテート)
1日ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)強化試合日本対巨人戦が東京ドームで行なわれ、2×対1で延長10回日本が巨人に苦戦しながらも暴投による自滅で勝利し5日からの本戦への調整試合を締めくくった。試合は日本先発杉内投手、巨人先発尚成投手の投げあい...
サムライジャパンが巨人に何とかサヨナラ勝ち(でもイチロー選手が心配です) (TORACCHO'S ROOM E-Package)
サムライジャパンが決戦の地の東京ドームで読売ジャイアンツ戦との強化試合に臨みました。 東京ドームに来てから打線が湿っていますが、本番前の最後の試合で調子を取り戻して本戦に臨みたいところです。 9 イチロー 4 片岡 8 青木 5 男・村田 D 稲葉 7 内川 3 小...
連日の貧打 不安を残してWBCへ (FREE TIME)
WBC強化試合最終戦。 日本代表は東京ドームでジャイアンツと対戦。
WBC日本代表、巨人に延長の末、暴投サヨナラ勝ち (ペガサスの翼)
昨日西武に完敗のWBC日本代表は、巨人と最終・強化試合を行った。 早々に先発・杉内が1点を奪われるものの、要所を締めて、1-1のまま試合は延長へ。 最後は巨人の若手投手がランナーをため、オビスポが代打・阿部に暴投でサヨナラとあっけない...
痔ジャパンと思った (My suggestion(社会人野球、ラグビー、きらきらアフロetcのファン))
WBC日本代表がオーストラリアのプロレベルに達しない選手が多いチームとの練習試合に勝ったり、西武ライオンズの一部主力抜きのチームに...
大丈夫か、WBC日本代表 (三面記事の裏側)
原監督は問題ないと言っているが、格下のオーストラリア戦はともかく、西武、巨人との
【WBC】日本代表サヨナラ勝ちで強化試合終了 (【本音トーク】 EVOLUTION )
やっとのことで勝利という内容の強化試合最終戦でした。強化試合は全4試合ありましたが全ての試合で先制点を取られるなど、短期決戦を想定した場合、先制点の重要性は計り知れないものがあります。試合運びにも課題はありますね。 松坂投手が2番手で登板しましたが、足...
3/1(日) 侍JAPAN 2x-1 G @東京D ☆ (ぶん♪の玉手箱☆)
先発は杉内こぐま゜+.(・∀・)゜+.゜
この2試合~WBC日本代表~ (虎哲徒然日記)
3年前はこんなに注目されていなかったはずだ。まだ単なる練習試合なのだから。 オーストラリアとの2連戦ははっきりいって練習相手としては不足であり、実力をはかることはできなかった。西武・読売とのこの2連戦が、日本代表の状態をはかるには多少の参考になる。 2...
WBC強化試合 日本2x-1大江戸 (好きにならずにいられない)
遅くまで御苦労さま
WBC強化試合 VS巨人 (続・今日も内角攻め!)
西武との強化試合を2ー7で敗れ不覚を取った日本は、本戦前最後の総仕上げとなる巨人との強化試合を迎えた。 この日は打撃不振の続くイチローを1番に配し、内川、川崎ら控え組をスタメンに起用するなど打順を大幅に組み替えた。 1回表、日本先発・杉内は2死からアル...
WBC強化試合 日本代表vs兎団・・しょっぱい試合だな~ (SOYの独断と偏見の独り言(スポーツ中心の言いたい放題))
WBC日本代表の強化試合です。 強化試合はこれで終わりです・・・3/5の本番へ向います。 試合結果 日本代表  2x-1  兎団 (延長10回) 投手 (日)杉内・松坂・渡辺・岩田・涌井・藤川・山口 (兎)高橋尚・バーンサイド・木佐...
【WBC】嫌なムードにするのはマスコミ (HAWKS快投乱打!)
「嫌なムードにするのはマスコミの皆さんの仕事」
どっちが本当の姿なのか?期待と不安が入り混じる中いよいよ本番へ・・・ 【野球 WBC強化試合】 (不定期更新のスポーツニュース)
野球のWBC(ワールドベースボールクラシック)に向けて強化試合が28日、1日と行われた。1週間前のオーストラリア戦では打線が爆発したが、28日に行われた西武戦(2-7で敗退)、そして1日対戦した巨人との試合では打線が繋がらず苦戦を強いられた。最後は...
強化試合 ジャイアンツ戦 (いすみマリーンズ)
ジャイアンツ 1000000000  1 日本代表   0000100001X 
’09ワールド・ベースボール・クラシック強化試合「日本代表 vs 読売ジャイアンツ」 (slow,snow)
スタメンオーダー表 打順 ポジション 選手名 所属チーム 1番 ライト イチロー シアトルマリナーズ 2番 セカンド 片岡 埼玉西武ライオンズ 3番 センター 青木 東京ヤクルトスワローズ 4番 サード 村田 横浜ベイスターズ 5番 DH 稲葉 北海道日本ハムファイターズ ...
拾った勝ち ((まめ)たぬきの雑記)
日本は巨人相手に2-1で辛勝 WBC強化試合 Excite エキサイト : スポーツニュース 拾ったどころではなく、 途中で出てきた相手の若手ピッチャーが大乱調。 ストライクが入らなくて満塁(汗) 挙句の果てに、暴投でサヨナラ だったわけですから、 バッター...
WBC日本代表、巨人の暴投で延長サヨナラ勝ち (アラフォー建さんの挑戦)
WBC野球日本代表は、最後の強化試合で巨人相手に延長10回、相手ピッチャーの暴投で辛くも2×-1でサヨナラ勝ちしました。 日刊スポーツ 日本が...
WBC侍JAPAN、サヨナラで巨人に辛勝 (関西スポーツ”快晴すぽーつ”九州支局)
WBCの強化試合。日本代表・侍ジャパンは、読売ジャイアンツに延長10回の末、2対1でサヨナラ勝ちした。しかも、そのサヨナラがワイルドピッチという相手のエラーというあっけない幕切れ。代打の阿部が勝負することなく、勝ってしまった。 今回の試合は大分朝日放送(テレ...
なんとかサヨナラ勝ち (あしたはきっとやってくるさ!)
日本代表 ○2x-1● 巨  人
日本、相手のミスで辛くもサヨナラ勝ち (Blue Blue Blue)
きょうも巨人相手に渋い試合でした。 負けるよりはいいけど。 まあ寄せ集めのチームですし、 前回のWBCも他国を完膚なきまでに叩きのめして優勝したわけではなく、 ヨロヨロして決勝トーナメント進出が危ぶまれながらも なぜか世界一になった感じでしたから、こんなもん...