日刊魔胃蹴

暑すぎてつらい。

フェブラリーステークスも完勝!モズアスコットが芝&ダートのGⅠ制覇を達成!

2020年02月23日 | 競馬

新型コロナウイルスの感染拡大で様々なイベントの中止および規模縮小が相次ぐ中、中央競馬は今週も通常開催。天皇誕生日の23日は、東京競馬場で伝統のダートGⅠ競走・第37回フェブラリーステークス(GⅠ・ダート1600m 16頭立て)が行われました。前回の優勝馬⑤インティ、2年前の覇者⑩ノンコノユメ(大井)に加え、初ダートの根岸ステークスで快勝した⑫モズアスコット、マイルCS南部杯を制した⑨サンライズノヴァ、昨年の地方競馬年度代表馬①ブルドッグボス、南関東のエース格⑪モジアナフレイバー(大井)、②アルクトス、⑰ヴェンジェンス、④タイムフライヤーなどが参戦しました。



単勝の人気は、1番人気モズアスコット(2.8倍)、2番人気インティ(3.0倍)、3番人気サンライズノヴァ(6.81倍)、4番人気の②アルクトスまでが10倍を切り、その後はヴェンジェンス、③ワイドファラオ、⑯ワンダーリーデル、ノンコノユメ、⑬デルマルーヴルと続きました。
芝コース上のスタートで、⑮ケイティブレイブとモズアスコットが好スタートを決める。ダートコースに入ったところでワイドファラオが先頭、2番手にアルクトス、3番手グループにはタイムフライヤー,インティ,⑥ミッキーワイルドの3頭が並ぶ。6番手にブルドッグボス、7番手にヴェンジェンス、モズアスコットは8番手追走。9番手デルマルーヴル、10番手にケイティブレイブが控える。後方勢は11番手ノンコノユメ、12番手ワンダーリーデル、13番手サンライズノヴァ、14番手⑧キングズガード、15番手⑭ミューチャリー(船橋)、モジアナフレイバーが最後方。
3コーナーを回り、ファラオとアルクトスの2頭が飛ばし、フライヤー3番手、インティは4番手につけ、ヴェンジェンス内側7番手、モズアスは中団8番手。サンノヴァはまだ後方に控えている。
4コーナーから最後の直線に入り、アルクトスが前に出るが、ワイドファラオも抵抗し、さらに外からタイムフライヤーが接近。その後ろでブルドックボスも内から追い上げ、さらにはモズアスコットが足を伸ばす。インティは後退気味だ。残り200mでモズアスがフライヤーをかわして先頭に浮上!後続からケイブレとリーデルが追い込み、サンノヴァもやってくるが、モズアスコットが完勝でゴールイン!芝のマイルGⅠ馬・モズアスコット、ダート界も制圧しました!


【フェブラリーステークス 全着順】
1着⑫モズアスコット    1分35秒2
2着⑮ケイティブレイブ    2馬身1/2
3着⑨サンライズノヴァ    1馬身1/4
4着⑯ワンダーリーデル    ハナ差
5着④タイムフライヤー    1馬身3/4
6着⑧キングズガード
同着⑪モジアナフレイバー
8着⑩ノンコノユメ
9着②アルクトス
10着⑦ヴェンジェンス
11着⑭ミューチャリー
12着③ワイドファラオ
13着①ブルドッグボス
14着⑤インティ
15着⑬デルマルーヴル
16着⑥ミッキーワイルド

単勝 ⑫ 280円
複勝 ⑫ 160円  ⑮ 2,160円  ⑨ 220円
枠連 ⑹-⑻ 3,100円
馬連 ⑫-⑮ 36,230円
馬単 ⑫-⑮ 46,980円
3連複 ⑨-⑫-⑮ 95,310円
3連単 ⑫-⑮-⑨ 464,920円
ワイド ⑫-⑮ 11,170円
    ⑨-⑫   520円
    ⑨-⑮ 18,320円


フェブラリーステークスの過去の勝ち馬、芝GⅠ馬、地方馬と多彩なメンバーが揃った今年最初のGⅠ競走は、単勝1番人気のモズアスコットが、2着に2馬身半の差をつけて優勝。2着には最低16番人気のケイティブレイブが入りました。鞍上の長岡禎仁騎手はデビュー9年間で通算62勝、これがGⅠ初騎乗。一世一代の晴れ舞台で大いに見せました。3着争いは、後方から追い込んだサンライズノヴァが3着、ワンダーリーデルがハナ差の4着。
3頭が参戦した地方勢は、モジアナフレイバーが6着同着、ノンコノユメ7着、ミューチャリー11着。
史上2頭目の連覇を狙ったインティは、4番手を追走しながらも直線で失速して14着と惨敗。武豊騎手がムチを入れても加速しなかったなぁ。先行してれば結果も違ってたかも?
勝ったモズアスコットは、前走の根岸ステークスに続いての連勝で、2018年の安田記念以来となるGⅠ2勝目。芝&ダートのGⅠ制覇は、クロフネ、アグネスデジタル、イーグルカフェ、アドマイヤドンに次いで史上5頭目の快挙です。管理する矢作芳人調教師はフェブラリーS初勝利で、GⅠ競走3連勝を達成。同じくこのレース初勝利のクリストフ・ルメール騎手は、この日だけで6勝をマーク。特に第4レースから第7レースまで4連勝しました。
初ダートの根岸ステークスではスタートで出遅れながらも、鮮やかに差し切って1着。この日はスタートも上手く決まり、直線残り200mで先頭に立つと、後続をよせつけず。この日のモズアスは強すぎましたね。今後は再び芝に戻り、豪州GⅠのドンカスターマイルに挑戦予定とのこと。日本の芝とダート、さらには海外GⅠも勝ったら、アグネスデジタルの再現になるが…。




この記事についてブログを書く
« モズアスコットがダートで復活! | トップ | 2020年の春クラシックのトラ... »
最新の画像もっと見る

競馬」カテゴリの最新記事