日刊魔胃蹴

暑すぎてつらい。

カダフィ大佐が拘束された後に死亡。リビア独裁政権ついに終幕。

2011年10月21日 | Weblog

リビアのかつての最高指導者であるムアマル・カダフィ大佐が、日本時間の20日午後9時ごろ、身柄を拘束された後、死亡が確認されました。42年間も続いていた独裁政権にようやく終止符が打たれました。


ロイター通信などのまとめによると、リビア北中部のシルトにいた反カダフィ派の戦闘員がカダフィ大佐を発見し、激しい銃撃戦の際に両足を負傷し、それが原因で死亡したとのことです。カダフィ大佐は排水溝トンネルに潜んでおり、拘束された時に「撃つな!撃つな!」と射殺しないでほしいと懇願していたそうです。また、大佐の四男であるムタシム氏も拘束後に殺害されました。カダフィ派の最後の拠点地だったシルトは反カダフィ派によって制圧され、他にも西部のバニワリード、南部・セブハも反カダフィ派が制圧しました。
この報道を受け、リビア新政府の「国民評議会」のホガ副議長は「カダフィ大佐が死亡したことを宣言する。カダフィ政権は終わりを迎えた」と独裁政権の終焉を宣言しました。首都・トリポリでは歓喜に沸き、市民たちは反カダフィ派の旗を振り回し、「リビアは自由だ」と叫んだり、祝砲を打ち上げたりとお祭り騒ぎでした。

カダフィ大佐は1942年にシルトで生まれ、27歳だった1969年に軍事クーデターを主導し、当時の国のトップだったイドリス国王を退位・亡命に追い込み、革命評議会の議長に就任。1977年には国名を「大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国」に変えると、さらに国旗も緑一色に変更。
欧米諸国と激しく対立する強硬派で、日本赤軍などの過激派テロ集団を支援。歯に衣着せぬ発言から「砂漠の狂犬」、「アラブの暴れん坊」1981年に暗殺団を送り込まれた時に「レーガンは嘘つきで愚か者。そんな奴に指導者の資格はない」とレーガン元大統領を非難。1988年にはリビアが関与したとされる「パンナム機爆撃事件」では容疑者の引き渡しを拒否し、国連議会で受けました。2009年の国連総会では、「安保理事会はテロ理事会だ」と激しく批判しておりました。

長い間リビアのトップに君臨してきましたが、2011年に入ってカダフィ大佐の辞任を求める反政府デモ「リビア内戦」が発生。暫定政権「リビア国民評議会」が樹立され、反体制派が首都・トリポリに迫る中、徹底抗戦を呼びかけるもデモは日に日に悪化。遂にはアメリカ、フランス、イギリスを中心とした多国籍軍が軍事介入を行いました。内戦勃発から半年が経った今年8月23日、首都・トリポリが陥落し、カダフィ政権が事実上崩壊。緑一色の国旗も、「赤・黒・緑」の三色旗に変更されました。
トリポリに消えたカダフィ大佐は、しばらくの間行方が分かりませんでしたが、故郷・シルトに身を構え、最後は反体制派の兵士によって殺害されたのでした。


「ケンミンSHOW」や「きたなトラン」を見ているときに、カダフィ死亡のニュースをインターネットで初めて知りました。「最近カダフィのオッサン見ねえなあ。どこにいるんだろう」と気になってはいたんですが、故郷に戻って排水口に隠れていましたか。かつての独裁者らしくない最期でしたねえ。カリスマ性を保ち続けたのと共に国民を恐怖に陥れた指導者がいなくなり、8か月近く続いていた内戦も終結を迎え、新しい時代に突入しようとしています。今後もカダフィ派の残党と反カダフィ派の対立が続くだろうし、未経験の民主主義、欧米諸国との関係改善など課題が山積み。独裁者死後もリビアの混乱はまだまだ続きそうです。


にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ



トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
« マキシマムザホルモンの肉に... | トップ | マキシマムザホルモンの肉に... »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

14 トラックバック

カダフィ大佐、死亡? (いい加減社長の日記)
ついに、結末を迎えるんでしょうか・・・ AP通信によると、リビアの反カダフィ派「国民評議会」No・2のジブリル氏は20日、最高指導者だったカダフィ大佐が殺害されたと述べました。 同通信などによると、大佐の出身地の中部シルト付近で拘束され、その際の負...
リビア・カダフィ大佐を拘束?死亡? (つらつら日暮らし)
速報のようです。
カダフィ大佐、銃殺される (りゅうちゃん別館)
リビアの最高指導者カダフィ大佐が潜伏先のシルトで銃撃を受け、死亡した。     穴に隠れ「撃つな」絶叫 カダフィ氏の最期(asahi.com)   カダフィ大佐は頭部への銃弾で死亡、首相が検視結果を発表(ロイター) この報道、最初は私も半信半疑だった。 だがここ...
カダフィ大佐死亡~国民評議会 (ぼけ~~~っと人生充電記!)
 リビアの大部分を支配する「国民評議会」のホガ副議長は20日、元最高指導者・カダフィ大佐が死亡したと発表した。中東の衛星テレビ局「アルジャジーラ」は、カダフィ大佐とみられる映像を放送した。男性の遺体とみられ、衝撃的な部分も含まれている。 ホガ副議長は2...
■カダフィ大佐「独裁者に復讐した」=カダフィ大佐を路上引き回し死亡・姿無残! ( 癒(IYASHI))
中東の衛星テレビ局アルジャジーラなどのメディアは20日、死亡したリビアの元最高指導者カダフィ大佐が反カダフィ派連合体「国民評議会」の武装要員に拘束された際、生存していたことを示す映像を
リビア 独裁者の末路・・・ (本質)
産油国リビアを約42年の長期に渡って支配、独裁してきたカダフィ大佐(68)が戦闘
リビア国民評議会、カダフィ大佐死亡を発表 全土解放宣言 (ネット社会、その光と影を追うー)
42年間の独裁を敷いたリビア元最高指導者カダフィ大佐の死やカ
リビヤ カダフィ氏 死亡 ! (王様の耳はロバの耳)
カダフィ氏死亡、リビア暫定首相が発表 国づくり本格化(朝日新聞) - goo ニュース 今朝20日の読売新聞一面は「カダフィ氏死亡」と大きく見出しを掲げています。 早朝のTVニュースとあわせると: カダフィ氏は最後の根拠地中部のシルト攻撃から逃れる為車列を組んで逃....
カダフィ大佐、銃撃戦で死亡? (あれこれ随想記 )
リビアの最高権力者であったカダフィ氏が、死亡しました。 カダフィ氏、銃撃戦で死亡?兵士が射殺?(読売新聞) - goo ニュース リビアの反カダフィ派組織「国民評議会」のジブリル暫定首相は20日、トリポリで記者会見し、最高指導者だったカダフィ氏の死亡時の状況につ...
リビアのカダフィ大佐死す (虎哲徒然日記)
リビア暫定統治機構の国民評議会(NTC)当局者は20日、元最高指導者のカダフィ大佐が、拘束時に受けた負傷によりシルト近郊で死亡したと明らかにした。(ロイター) これまで ...
カダフィ大佐死亡? (落ちこぼれのつぶやき)
当初の報道では彼の出身地付近で拘束されて両足を負傷しているとのことだったようですが、その後に死亡したということが確認されたとのようですね。もうすぐ発表されるとか。 リビアのひとつの時代が完全に終わったことになるのですかね。これでリビアの国民がよりよい暮....
リビア・カダフィ大佐死亡で42年の独裁に幕 (kintyre's Diary 新館)
リビアの反カダフィ派「国民評議会」ナンバー2のジブリル氏は、最高指導者だったカダフィ大佐が死亡したと述べた。リビアでの大規模デモ開始から約8か月を経て、約42年間にわたった独裁体制は完全に幕を閉じることになる。全土制圧を受け評議会は近くリビア「解放」を...
カダフィ大佐、休戦で済まず九泉にいったとな。 (西徂庵)
サヨーナラー(_´Д`)ノ~~リビアの最高権力者、さようなら。
カダフィ大佐の始末書。 (プールサイドの人魚姫)
 「武力によって得た権力は武力によって奪われる」これはいつの時代も何処の国にも言える事であり、リビアに限った事ではないが、独裁者の末路はいつの世も同じ運命を辿るものである。  中東の暴君「カダフィ大佐」(ムアマル・アル・カダフィ)は、