日刊魔胃蹴

暑すぎてつらい。

日本ハムが2年連続で日本シリーズ進出決定 セリーグ第2ステージは中日が先勝。

2007年10月19日 | Sports

パリーグのクライマックスシリーズ第2ステージ・北海道日本ハムVS千葉ロッテは、ここまで2勝2敗の五分。泣いても笑っても今夜が最終第5戦!ダルビッシュと成瀬のエース対決となったこの試合、最後に笑ったのはどのチームだったのか?

1回、ロッテは先頭のTSUYOSHI(西岡剛)がセンター前ヒットで出塁。西岡は早川の犠打、福浦の1塁ゴロの間に3塁まで進みます。先制のチャンスを迎えたロッテでしたが、サブローが2塁ゴロに倒れて先制ならず。その裏、日本ハムは成瀬の前に3者凡退。最終決戦は静かな立ち上がりとなりました。
2回、日本ハムはセギノールがヒットで出塁。2死後小谷野がレフトへの2塁打で2,3塁と先制のチャンス。しかし、金子誠がレフトライナーで3アウト。チャンスを活かしきれません。
3回裏、2死1塁で稲葉が内野安打。1,2塁の場面でセギノールが成瀬の7球目のチェンジアップをフルスイング!バックスクリーン左よりへ飛び込む3ラン本塁打!不振の4番の一発で試合が動きました。
4回、先程の一発の影響なのか、成瀬が工藤に四球を与えてしまいます。2死2塁となって鶴岡がセンターオーバーの2塁打で1点追加。これで成瀬はKO。2番手に小林宏之がマウンドに上がりました。
5回、日本ハムは稲葉・セギノール・高橋の3塁打で無死満塁と追加点のチャンス。ここで工藤がセンター前タイムリーで1点追加。続く小谷野が犠牲フライでさらに1点追加。5回まで6-0とロッテを大きく引き離します。
ダルビッシュを打ち崩して反撃したいロッテは6回、西岡の2塁打と早川のヒットで無死1,3塁。福浦がセンターへの犠牲フライでようやく1点を返します。
7回、日ハム先発・ダルビッシュが2死を取ったところで降板。2番手のグリンは橋本将を投手ゴロに打ち取ります。ロッテは3番手の清水直行が、日本ハムに更なる追加点を与えない好投を見せました。
日本ハムの日本シリーズ進出まであと1イニングの9回、ロッテが粘りを見せます。先頭の福浦がライト前ヒット、1死後里崎のレフト前ヒットで1,3塁。ここで日本ハムは守護神・MICHEAL(マイケル中村)を投入。オーティズを空振り三振に仕留めて2死。あと1人の場面で、大松がライト前タイムリーを放ち1点返します。しかし橋本が空振り三振に倒れて試合終了。日本ハムが6-2で勝利。2年連続で日本シリーズ出場を決めました。

パリーグクライマックスシリーズ 第2ステージ
日本ハム-ロッテ 第5戦
(日本ハム3勝2敗、札幌ドーム、18:00、42222人)
M 0 0 0 0 0 1 0 0 1       2
F 0 0 3 1 2 0 0 0 X       6

【投手】
(ロ)成瀬、小林宏、清水、荻野-里崎
(日)ダルビッシュ、グリン、マイケル中村-鶴岡、中嶋
【責任投手】
(勝)ダルビッシュ2試合2勝
(敗)成瀬1試合1敗
【本塁打】
(日)セギノール1号3ラン(3回、成瀬)


パリーグ第2ステージは3勝2敗で日本ハムが勝ち越しました。今日の試合は成瀬とダルビッシュによる投手戦になるかと思われましたが、成瀬がまさかの乱調、セギノールの値千金の一発という予想外の結末で終わりました。考えてみれば呆気ない展開でした。勝利投手のダルビッシュは、7回途中まで5安打1失点の好投。2勝挙げたことが評価されて第2ステージのMVPに選ばれました。一方、ロッテは成瀬の大一番の経験の無さが敗因といえるでしょう。千葉に帰ってきたとき、ロッテファンから大バッシングを受けられないか心配されます。個人的にはロッテを応援してたんだけど…。成瀬には頑張ってほしかったです。


さて、セリーグは今日から第2ステージが開幕。レギュラーシーズン1位・読売ジャイアンツVS第1ステージ勝利チーム・中日ドラゴンズの5番勝負(3勝で打ち切り)が東京ドームで行われます。第1ラウンドは巨人が内海、中日は小笠原孝が先発しました。
初回、中日は荒木がセンター前ヒットで出塁。2死後、タイロン・ウッズと中村ノリの連続四球で満塁となりましたが、李炳圭が1塁ゴロに倒れ3者残塁。その裏、巨人は2死から小笠原道大の四球、イ・スンヨプの2塁打、二岡の四球でこちらも満塁。しかし、阿部がレフトフライで3者残塁。初回は両チームとも満塁の場面で無得点に終わりました。
2回、中日は平田と谷繁の連打、荒木の3塁ゴロを巨人の3塁手・小笠原道のエラーで満塁の場面を迎えます。この場面で井端が最悪のダブルプレー。またも先制ならず。
3回、ウッズ四球、中村ノリの遊撃ゴロを二岡がエラー、李炳圭が四球を選び3イニング連続で満塁となります。2死で谷繁がセンター前ヒット。ウッズと中村ノリが生還し2点先制。
4回、中日は森野がヒット、続くウッズが内海の5球目のストレートをライトへ放り込む2ラン!一発を喰らった内海は4回4失点でKO。
4点を追う巨人はその裏、2死から清水がセンター前ヒット、続く脇谷の代打・ゴンザレスがライト前ヒットで2死1,3塁となりましたが、内海の代打・ホリンズは1塁ゴロ。代打攻勢を仕掛けるも無得点に終わりました。
5回、巨人は谷佳知が小笠原孝の5球目のストレートをレフトへ弾き返すソロ本塁打で1点を返します。6回には1死1,3塁でゴンザレスの遊撃ゴロの間にもう1点返します。
2点差にまで詰められた中日は8回、2死1,2塁で井端がセンター前タイムリーを放ち1点追加。巨人を突き放します。その裏、1死1,2塁で岩瀬を投入。ここで岩瀬は矢野をセンターフライ、ゴンザレスを空振り三振に仕留めピンチ脱出。9回は巨人打線を3者凡退に仕留めました。

セリーグクライマックスシリーズ 第2ステージ
巨 人-中 日 第1戦
(中日1勝、東京ドーム、18:00、44232人)
中日 0 0 2 2 0 0 0 1 0       5
巨人 0 0 0 0 1 1 0 0 0       2
【投手】
(中)小笠原、石井、鈴木、平井、岡本、岩瀬-谷繁
(巨)内海、西村、野間口、林、門倉-阿部
【責任投手】
(勝)小笠原1試合1勝
(S)岩瀬1試合1S
(敗)内海1試合1敗
【本塁打】
(中)ウッズ1号2ラン(4回、内海)
(巨)谷1号ソロ(5回、小笠原)


セリーグ第2ステージの第1ラウンドは、中日がウッズの一発と継投策で先勝!9安打で5得点、谷繁が2安打2打点の活躍を見せました。ホームランを放ったウッズは、クライマックスシリーズ通算2本目の本塁打。打の巨人キラーぶりを発揮しました。敗れた巨人は内海の4失点と9残塁の拙攻で初戦を落としました。

今年の日本シリーズは、昨年と同様日本ハムと中日の対戦となるのかどうか?まだセリーグ第2ステージは始まったばかり。パリーグと同様最後までもつれ込むような戦いになりそうです。


にほんブログ村 野球ブログへ 

コメント (3)   この記事についてブログを書く
« やっぱりドーハは鬼門だった。 | トップ | 麺かたコッテリ! 10.18 (... »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大丈夫! (ロッテファン)
2007-10-19 16:46:11
はじめまして、マリーンズファンです。
ファンはここまでこれたのは成瀬のお陰だと思っています。成瀬で負けたら悔いなしです。
札幌ドームでもマリンスタジアムのPVでも試合後大きな成瀬コールが起こってました。皆成瀬には「ありがとう」の気持ちでいっぱいです。だから成瀬をパッシングする人はいないと思います。
これからもマリーンズをよろしくお願いします♪
Unknown (スポーツ瓦版)
2007-10-19 18:58:16
TB有り難う御座いました。
成瀬が居てCS第2の5戦目まで行けたので文句は無いですよ。
コメントありがとうございます (魔胃蹴)
2007-10-19 22:41:43
ロッテファン様
マリーンズファンは優しいですね。成瀬が打ち込まれたらブーイングするのかと思ってました。
成瀬投手は第2ステージまで進出した最大の立役者でしたね。


スポーツ瓦版さん
成瀬で負けたら悔いはないと言っておりますが、正直勝ちたかったんじゃないですか?

Sports」カテゴリの最新記事