日刊魔胃蹴

暑すぎてつらい。

2021年!コロナはいつ落ち着くのか?

2021年01月01日 | Weblog
皆さん新年あけましておめでとうございます。2021年・令和3年を迎えました。


昨年は新型コロナウイルス(Covid-19)が見つかり、日本でも多くの死者を生み、志村けんさん、岡江久美子さん、羽田雄一郎さんといった著名人がコロナで亡くなりました。スポーツ界も新型コロナの影響を受け、東京オリンピック・パラリンピックが延期、さらには高校野球の全国大会が春夏通じて中止となりました。
12月31日には、東京都の新規感染者数が1337人と報告され、初めて1000人台を記録。埼玉県でも330人、神奈川県でも588人と過去最多を更新。全国の1日あたりの感染者数も4515人。年末年始を迎え、感染者数は増えるばかり。私自身も外出時のマスク着用、うがい、手洗い、アルコール除菌といった基礎的な感染対策をしているけど、自分も感染するんじゃないかと不安になっています。
海外では新型コロナのワクチンの接種が始まっているところもありますが、日本では2月下旬以降に始まる予定。ワクチンが出まわったら、感染者数も減るだろうし、やがて終息していくことを願うしかないです。

昨年を振り返ると、政治では2012年末から続いていた安倍政権が終わり、菅義偉氏が首相に就任。11月のアメリカ大統領選挙では、ジョー・バイデン氏が現職のドナルド・トランプ氏を破り次期大統領に。バイデン氏は勝利宣言したものの、トランプ氏は敗北を認めず、2024年の大統領選挙の出馬をアピールしています。アメリカの現職大統領が敗れたのは、本当に久しぶりでしたね。
スポーツ界では、プロ野球の福岡ソフトバンクホークスが4年連続日本一、サッカー・Jリーグでは川崎フロンターレが圧倒的な強さで3度目の優勝を果たしました。競馬界では、デアリングタクトが史上初の無敗牝馬三冠、コントレイルが父子初の無敗三冠。アーモンドアイが史上最多の芝GⅠ9勝、白毛馬初のGⅠ制覇、クロノジェネシスのグランプリ春秋連覇と偉業ラッシュの年でした。他にも、大坂なおみ選手が2度目の全米オープンテニス優勝、佐藤琢磨選手が2度目のインディ500優勝を果たしました。

2021年は延期となった東京オリンピックが開催される予定。開催可否は不明ですが、もし無事に開催されたら、日本選手団のメダルラッシュが見たいなって思います。

昨年は良かった人も、正直つらくてしんどい一年だった人も、今年はより良い1年になることを願っています。そして、より一層健康に気をつけていきましょう。






この記事についてブログを書く
« 東京大賞典2020 オメガパフ... | トップ | 箱根駅伝2021 伏兵・創価大... »
最新の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事