日刊魔胃蹴

暑すぎてつらい。

2017ドラフト会議 清宮・中村・安田の高校BIG3は何処へ?

2017年10月26日 | Sports

『プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD』が26日、グランドプリンスホテル新高輪・国際館パミールで行われました。今年のドラフト会議は、高校通算111本塁打の記録を持つ早稲田実業の清宮幸太郎選手、夏の甲子園で1大会6本塁打の記録を作った広陵高校の中村奨成選手、履正社高校の安田尚憲選手の「高校生BIG3」に注目が集まりました。清宮選手には何球団が指名され、どこが交渉権を獲得できたのか?



1回目の入札で、清宮選手には阪神,東京ヤクルト,巨人,千葉ロッテ,北海道日本ハム,東北楽天,福岡ソフトバンクの7球団が指名。中村選手には広島と中日の2球団、「社会人ナンバー1左腕」田嶋大樹投手(JR東日本)には埼玉西武とオリックスの2球団が競合。そして、横浜DeNAは東克樹投手(立命館大学)を単独で指名しました。
入札を終えた後、競合選手の抽選。7球団競合の清宮選手は、日本ハムが交渉権を獲得。中村選手の抽選は広島が交渉権を獲得し、田嶋投手はオリックスが引き当てました。
2回目の入札では、阪神・ロッテ・ソフトバンクの3球団が安田選手を指名し、ロッテが交渉権を獲得。村上宗隆捕手(九州学院高校)は巨人・ヤクルト・楽天の3球団が競合し、ヤクルトが引き当てました。

12球団のドラフト1位指名選手は次の通り。
セリーグ
広島:中村奨成捕手(広陵高校)
阪神:馬場皐輔投手(仙台大学)
横浜DeNA:東克樹投手(立命館大学)
巨人鍬原拓也投手(中央大学)
中日:鈴木博志投手(ヤマハ)
ヤクルト:村上宗隆捕手(九州学院高校)

パリーグ
ソフトバンク:吉住晴斗投手(鶴岡東高校)
西武:斉藤大将投手(明治大学)
楽天:近藤弘樹投手(岡山商科大学)
オリックス:田嶋大樹(JR東日本)
日本ハム:清宮幸太郎(早稲田実業)
ロッテ:安田尚憲(履正社)



日ハムが制した清宮選手の争奪戦、7球団の競合は福留孝介選手(当時・PL学園)に並ぶ記録です。日ハムはこのオフに大谷翔平選手がポスティングでのメジャー移籍を宣言し、中田翔選手もFA行使を示唆しており、主力2人が退団する可能性が浮上。ただ、このチームには早実の先輩である斎藤佑樹投手がいたり、来季から荒木大輔さんが2軍監督に就任します。荒木さんの下で指導を受けて、数年後にはハムの主力となるに違いない。ホークスにとってはまた厄介な相手になるだろうなあ。
もう1人の目玉選手・中村選手は、広島カープが交渉権獲得。地元のチームでプレーできることに大喜びでしたね。将来のカープ正捕手候補だと思うし、自らの活躍でカープを日本一に導くはずだ。木製バットに順応できれば、今年の夏みたいにホームランを量産できるかも。

2位以降の指名では、夏の甲子園を制した花咲徳栄高校からは、西川愛也選手が西武から2位指名、清水達也は中日から4位で指名されました。一方で、綱脇慧投手は指名漏れとなってしまいました…。清宮選手を引き当てた日ハムは、東京大学のエース・宮台康平投手を7位で指名。宮台党首は東大の法学部出身だそうです。楽天は東京六大学野球で通算21本塁打の大砲・岩見雅紀(慶応大)を2位で指名。体重107キロの巨漢だから「和製アマダー」と言われそう。(ドラフト詳細はこちらから


さて、福岡ソフトバンクホークスの今年のドラフトは、工藤公康監督がまたもクジ運の強さを発揮するかと思われましたが、清宮選手、安田選手の抽選に敗れ、柴田投手との抽選にも敗れて「まさかの3連敗」。4度目の入札で吉住投手を指名することができました。今までが上手く行きすぎたのでしょうか…。

1位:吉住晴斗投手(鶴岡東高校)
「外れの外れの外れ1位」となった吉住投手は、昨年夏の甲子園に出場しています。
2位:高橋礼投手(専修大学)
アンダースローの技巧派タイプ。どちらかといえば中継ぎタイプか?
3位:増田珠外野手(横浜高校)
この夏の神奈川県大会では4試合連続ホームランを放った横浜高校の主砲。記者会見では「松田選手の後を継ぎたい」と宣言しております。
4位:椎野新投手(国士舘大学)
身長195センチの長身が持ち味。
5位:田浦文丸投手(秀岳館高校)
春の選抜ではベスト4に貢献し、U-18ワールドカップでも6試合で29個の三振を奪いました。ホークスの将来の左のエースとして期待高し。

育成選手
1位:尾形崇斗投手(学法石川高校)
2位:周東佑京内野手(東農大北海道オホーツク)
3位:砂川リチャード内野手(沖縄尚学)
4位:大竹耕太郎投手(早稲田大学)
5位:日暮矢麻人外野手(立花学園)
6位:渡辺雄大投手(新潟アルビレックス)