日刊魔胃蹴

暑すぎてつらい。

2017秋GⅠ開幕!レッドファルクスが史上3頭目のスプリンターズステークス連覇!

2017年10月01日 | 競馬

10月を迎え、2017年の秋のGⅠシリーズがいよいよ開幕。10月1日は中山競馬場で秋のスプリント王決定戦・第51回スプリンターズステークス(GⅠ・芝1200m 16頭立て)が行われました。昨年の優勝馬⑧レッドファルクス、3年前の勝ち馬①スノードラゴン、2015年桜花賞馬②レッツゴードンキ、春の高松宮記念を制した③セイウンコウセイ、前年の春の短距離⑩ビッグアーサーのGⅠ馬5頭に加え、サマースプリントシリーズ王者⑤ラインミーティア、4連勝中⑦ダイアナヘイロー、セントウルステークス覇者⑬ファインニードル、現在2連勝⑥ワンスインナムーンといった夏に活躍した馬達、さらには⑨メラグラーナ、⑯ダンスディレクター、香港馬⑫ブリザード、3歳馬⑪モンドキャンノなどが参戦しました。



単勝の上位人気は、1番人気レッドファルクス(3.2倍)、2番人気メラグラーナ(5.7倍)、3番人気セイウンコウセイ(6.1倍)。4番人気以降はダイアナヘイロー、レッツゴードンキ、ファインニードル、ワンスインナムーン、ビッグアーサーと続きました。

スタートでラインミーティアと⑮シュウジがダッシュつかず。先行争いで④フィドゥーシア、ワンスインナムーン、ダイアナヘイローの3頭が前を行ったが、ワンスインナムーンが先手を奪う。ダイアナヘイローが2番手につけ、3番手フィドゥーシアの外側からビッグアーサーが迫る。5番手集団にはセイウンコウセイ・⑭ネロ・ファインニードルの3頭。中団グループは、ブリザードが8番手に上がり、9番手ダンスディレクター、10番手レッツゴードンキ、11番手レッドファルクス。外の12番手にモンドキャンノ、13番手スノードラゴン、14番手メラグラーナ。後方は15番手ラインミーティア、しんがりシュウジという展開。
3,4コーナー中間を過ぎ、ワンスインが先頭、ダイアナ2番手、アーサーが3番手、ネロ4番手に浮上。コウセイは7番手、ドンキとファルクスは中団より後ろの位置、メラグラはまだ14番手だ。
4コーナーを回り、最後の直線コースに差し掛かり、ワンスインナムーンが先頭をひた走り、フィドゥーシアとビッグアーサーが差を詰め、レッツゴードンキが最内を突いて上がってきた。レッドファルクスはまだ上がってこない。ゴール残り100mを切り、ドンキがワンスインを捕らえ先頭に立ち、スノードラゴンが3番手に上がるが、ファルクスが大外から飛んできて、ゴール前でドンキをかわしてゴールイン!直線突き抜けたレッドファルクス、スプリンターズステークス連覇達成!


スプリンターズステークス 全着順&払戻金
1着⑧レッドファルクス   1分07秒6
2着②レッツゴードンキ    クビ
3着⑥ワンスインナムーン   1/2馬身
4着②スノードラゴン     クビ
5着⑫ブリザード       クビ
6着⑩ビッグアーサー
7着⑨メラグラーナ
8着⑯ダンスディレクター
9着④フィドゥーシア
10着⑮シュウジ
11着③セイウンコウセイ
12着⑬ファインニードル
13着⑤ラインミーティア
14着⑪モンドキャンノ
15着⑦ダイアナヘイロー
16着⑭ネロ

単勝 ⑧ 320円
複勝 ⑧ 140円 ② 300円 ⑥ 350円
枠連 1⃣-4⃣ 1,470円
馬連 ②-⑧ 1,760円
馬単 ⑧-② 2,890円
ワイド ②-⑧ 630円 ⑥-⑧ 860円 ②-⑥ 2,100円
3連複 ②-⑥-⑧ 7,650円
3連単 ⑧-②-⑥ 31,850円


GIウィナーと夏に実力を上げた馬が激突したスプリンターズステークスは、単勝1番人気のレッドファルクスが、ゴール前でレッツゴードンキを差し切り優勝しました。昨年に続いての2連覇を達成しました。クビ差の2着だったレッツゴードンキは最内を上手く突いたけど、約2年半ぶりのGⅠタイトル獲得ならず。3着のワンスインナムーンは積極果敢な走りを見せ、もう少しで逃げ切りかと思われました。
香港から参戦したブリザードは5着、2番人気のメラグラーナは7着、スプリントGⅠ連覇を狙ったセイウンコウセイは11着、サマースプリント王者ラインミーティア13着、4連勝中だったダイアナヘイローは15着という結果でした。
GⅠ2勝目を果たしたレッドファルクスは、今年5月の京王杯スプリングカップに次ぐ重賞4勝目。スプリンターズステークスの連覇は、サクラバクシンオー、ロードカナロアに続いて史上3頭目(GⅠ昇格後)。鞍上のミルコ・デムーロ騎手、尾関知人調教師も同レース2連覇であります。
1年前は残り200mのところから加速し、ゴール前で差し切って優勝しましたが、今年も大外から飛ぶような末脚でライバルを一蹴。1年前と全く同じ勝ち方を見せました。3コーナー辺りでは中団より後ろのポジション、直線に入ってもなかなか伸びてこなかったけど、最後の最後にやってきました。ロードカナロアに続いての連覇を果たし、名実ともに「スプリント界の頂点」に立ったレッドファルクス。次の目標は12月の香港スプリントだと思います。昨年は12着と惨敗しましたが、今年はそのリベンジという意味で参戦してほしいです。